離婚・男女問題

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停で調停委員が相手の味方をするとき、中立・公平を保つ対策

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停を進めていると、「調停委員が相手の味方をしているのではないか」、「自分の主張を無視しているのではないか」と感じることがあるでしょう。実際、そのような法律相談を多くお聞きしています。 離婚調停は、白黒はっきりつける手続きではなく、あくまでも話し合いを仲介してもらう手続きであり、担当する調停委員は、中立かつ公平な立場とされています。なので、実際には、いずれかに不当な肩入れをするということはありません。 ただし、調停委員は法律の専門家ではありません。また、調停委員といえ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書の書き方と、必ず記載すべき重要項目、作成方法【書式付】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚協議書は、離婚の話し合いが終わり、いざ離婚に進むとき必ず作成するようにしてください。離婚協議書は、子どもやお金など、生活に密接にかかわる重要な離婚条件について、2人の約束を明記し、将来のトラブルを避けることができる重要な書面だからです。 口頭の約束でも、離婚届さえ出せば、離婚すること自体は可能ですが、離婚協議書を作成しておかないと、あとから、約束が履行されないおそれがあります。特に、財産分与や養育費など、あてにしていたお金がもらえないと、将来頭を悩ませることとなります ...

離婚・男女問題

2021/9/16

婚約者に浮気・不倫された時、知っておきたい全知識【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 今回は、婚約中のパートナーに浮気・不倫をされた方に向けた解説です。婚約をして、将来結婚することを約束したパートナーが浮気・不倫をしたとき、どうしてよいかわからなくなってしまう方が多いのではないでしょうか。 「まだ夫婦として入籍していなければ不倫にはならない」と甘く考えている人もいるようですが、婚約の段階に至った以上、将来に対して責任を負うこととなります。つまり、結婚した夫婦と同様、他の異性と肉体関係を持つことは、婚約者との間の貞操義務に違反する行為となります。 結婚式や新 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

婚約者が浮気したとき、浮気相手にも慰謝料請求できますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 婚約をして、将来の幸せな結婚を夢見ていたけれども、実は婚約者が隠れて浮気していたことが発覚してしまったとき、とても大きなショックを受けることでしょう。 婚約が、婚約者の浮気・不倫によって破談になってしまったとき、婚約者に対する慰謝料請求だけでなく、浮気・不倫の相手に対しても、慰謝料請求をし、婚約破棄の責任を追及することができます。 特に、婚約者の浮気相手が、積極的に婚約者を浮気に誘っていたケースや、婚約関係にあることを知りながら破談させようとしていたケース、婚約者との結婚 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書で決めた条件を、離婚後に変更することができますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦間の離婚の話し合いで、合意し、離婚協議書を作成した後でも、一度決めた条件を変更したいと考えることがあります。 十分に時間をとって話し合ったつもりでも、将来のさまざまなケースについて考えきれていなかったり、予想外の事情が発生してしまったりして、離婚協議書どおりに進めていくことが困難なことがあります。 しかし、一度離婚の合意に至ったとき、その合意した内容の変更は原則として不可能です。あとでいくらでもやり直せるのでは、離婚問題を一回的に解決できず、離婚協議書の意味がなくなっ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

男性側の離婚問題を解決するのに適した弁護士の選び方

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 今回は、男性側の離婚問題について、弁護士への依頼を検討している方に向けた解説です。 離婚問題は、男女いずれの立場でも身近に起こる法律問題ですが、男性側で対応するときは、女性側とは違って特に気をつけておかなければならない難しい法律問題が多くあります。親権問題など、ときには、男性側(夫側・父側)だというだけで不利な状況からのスタートとなってしまうケースも残念ながらあります。 このようなとき、男性側での解決実績が豊富な弁護士に対応を依頼することで、離婚問題を速やかに、かつ有利に ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停する時、婚姻費用分担請求調停を同時に申し立てるべきか

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 婚姻費用分担請求調停とは、離婚するまでの生活費を相手に請求するための調停です。離婚調停を申し立てるとき、婚姻費用分担請求調停をあわせて申し立てることがよくあります。 離婚調停を申し立てるとき、相手よりも収入が少ないときや、子どもの育児を担当しているときには、婚姻費用分担請求調停をあわせて求めたほうが、有利に解決することができます。このような方針により、別居後の生活の不安を、少しでも解消することができます。 特に、専業主婦で、夫婦生活の収入をすべて相手に頼っていた方や、別居 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚後に財産分与を請求する方法と、請求できる期限(離婚後2年)

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与というと離婚時に話し合うことが多いですが、離婚した後であっても財産分与を請求することができます。財産分与は婚姻期間中の財産の清算ですが、法律上、離婚前に限定されているわけではないからです。 しかし、民法の定めによって、離婚後2年を経過すると、その後は財産分与を請求できなくなります。また、離婚時に「財産分与をしない」と合意してしまったときにも、離婚後に財産分与を求めることはできません。 なお、たとえ2年を経過してしまったとしても、相手が悪質な財産隠しをしているときな ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚時の財産分与を放棄するときの注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚するときには、財産の少ないほう(例えば妻)は、財産の多いほう(例えば夫)に対して、夫婦の共有財産の2分の1を分け与えるよう、財産分与を請求できます。 一方、この財産分与請求権は、権利ですから放棄することもできます。 ただし、一度放棄してしまうと、二度と財産分与を請求できないため、離婚後に後悔しないよう慎重に考えなければなりません。逆に、「財産分与をしたくない」と考えて放棄をさせようとする側でも、離婚後のトラブルのもととなってしまわないよう、離婚協議書にきちんと定めるな ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停を突然申し立てられ、裁判所から書類が届いた時の対応

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 妻(または夫)が別居して、離婚に向けた流れがスタートするとき、ある日突然、裁判所から書類が届き、離婚調停が開始されてしまうケースがあります。 離婚問題の多くは、相手に弁護士がつくと、弁護士から手紙がきたり電話がきたりして、話し合いからスタートすることが多いですが、そのような段取りが一切なく、突然離婚調停が申し立てられてしまうことも少なくはありません。 このようなケースの多くは、あなたがモラハラ・DVを疑われているなど、相手から「話し合いをしてもうまくいかない」と思われてい ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚の財産分与をしたくない時すべきことと、財産分与を拒否する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 今回は、財産分与で、財産を分け与える側(例えば夫)に向けて、「離婚の財産分与をしたくない」という時に知っておいてほしいことを解説します。 財産分与は、夫婦が協力してきたことから、公平の観点から財産を分け与えるものであり、相手(例えば妻)が専業主婦だったとしても請求されてしまうものです。 しかし、財産分与はかなりの高額となることもあるため、収入の多い側からは「こんなに払わなければならないのか」、「なんとか財産分与を拒否したい」という相談を受けることがあります。相手があまり財 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書を公正証書にする方法と注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦の話し合いで決まる離婚のことを「協議離婚」といい、このとき作成する書面が「離婚協議書」です。 離婚協議書は、離婚するときの条件、離婚時の子どもやお金のルールなど、重要な取り決めが書かれています。そのため、公正証書の形式にすることで、より効力を強くしておくことがおすすめです。公正証書にしておくことで、相手が離婚協議書に違反したとき、強制執行(財産の差押え)をすることができます。 ただし、裁判によらずに強制執行できるというメリットがある反面、公正証書にすることには費用がか ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停が不成立のとき、いつまでに離婚訴訟を起こしたらよい?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停が不成立に終わってしまったとき「いつまでに離婚訴訟(離婚裁判)を起こしたらよいのか」について解説します。言いかえると「離婚訴訟を提起するのに期限があるかどうか」の問題です。 調停不成立で終わったとき「いつまでに裁判を起こすべきか」は法律に決まったルールがありません。しかし、あまりにも長期間(2年以上など)放置しておくと、調停を先に行った意味がなくなってしまうため、突然訴訟しても認められないおそれがあります。 結論としては、およそ1年以内を目安に訴訟提起しておけば、 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚の話し合いに第三者(両親・友人など)を同席させるときの注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦で離婚についての話し合いをまとめることに自信がなかったり、不安が大きかったりするとき、両親・友人などの第三者を同席させようとすることがあります。 離婚の多くは、話し合いで解決していますが、実際には、夫婦で話し合いをまとめるのがとても難しいことがよくあるからです。両親や友人などに同席してもらい、後押ししてもらえば離婚ができるように感じることがあるかもしれません。 しかし、離婚の話し合いに、第三者を同席させることはおすすめできません。 今回の解説では、 離婚の話し合いに第 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

アルコール依存症を理由に離婚するときの注意点と責任、慰謝料請求

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫(または妻)がアルコール依存症となってしまったとき、離婚を考えるに至る夫婦は少なくありません。 アルコール依存症が悪化すると、自分の健康に害があるだけでなく、仕事を満足にすることができず家計がかたむいてしまったり、配偶者に暴力を振るってDVに発展するおそれがあります。親がアルコール依存症であることは子どもの養育環境にとってもマイナスであり、お酒が虐待の原因となってしまうこともあります。 今回の解説では、法的な観点から、 配偶者のアルコール依存症が離婚原因になるかどうか ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停が不成立で終わった後の流れと、離婚訴訟までの進め方

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停で話し合いをしても夫婦が合意に至らないとき、離婚調停は「不成立」となり、終了します。調停が不成立になったとき、その後の流れをよく理解し、有利に進めていかなければなりません。 離婚へと向かう流れは、離婚協議、離婚調停、離婚訴訟という順で進みます。 「調停前置主義」というルールがあり、離婚訴訟を起こす前には必ず離婚調停をしなければなりません。そのため、離婚調停が不成立で終了したとき、離婚を強く望む側では離婚訴訟を起こすかどうかを検討することとなります。 今回の解説では ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停の不成立後、再度離婚調停を申し立ててもよい?方法と注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停が不成立で終わってしまったとき、離婚を強く求めるのであれば、離婚訴訟を起こすことが多いです。しかし、自分が有責配偶者だったり、時間・費用などの面から離婚訴訟を起こすことが現実的に難しかったりといったケースで、訴訟をためらうことあります。 調停不成立となった後、再度、離婚調停を申し立てることができます。離婚調停は、回数や期間の制限はなく、いつでも、何度でも申し立てることができるからです。 ただし、一度調停不成立になってしまったわけですから、再度離婚調停を申し立てると ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停はどのように終わる?終了後すぐにしておくべき確認事項

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停の終了のしかたには、複数のケースがあります。最もよくあるのは「離婚が成立して終了」というパターンですが、それだけではありません。実際、離婚調停のおよそ半分は、離婚成立ではない結論に至っています。 離婚調停を、離婚を成立させて終わることができたとき、また、不成立で終了してしまったときやその他の終了原因によって終了してしまったとき、終了後に確認しておくべきこと、今後の進め方などを知っておくことが重要です。 特に、離婚が成立しなかったときには、今後どのようにすれば離婚で ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停における陳述書の活用と、有利に進めるための効果的な書き方

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停での話し合いをスムーズに進めるためには、陳述書を事前に提出しておくことが効果的です。 陳述書は、調停の限られた時間の中で、自分の意見を効果的に伝え、離婚調停を有利に進めるために役立ちます。陳述書を活用すべきことは、調停で離婚を求めるときでも、離婚を拒否したいときでもあてはまります。 離婚調停で、陳述書を効果的に活用するためには、陳述書の書き方、内容、出すタイミングを知っておくことが重要です。不適切な陳述書は、あなたにとって不利に考慮されてしまうおそれもあるからです ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停で復縁するために注意すべきポイントと、復縁方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 復縁をしたいと考えているときには、相手から離婚調停を申し立てられてしまっても、まだあきらめてはいけません。 離婚調停は、あくまでも話し合いを中心とした手続きで、裁判所で行われるものではありますが、強制的に離婚させられてしまう制度ではありません。 そのため、離婚調停での対応を適切に行っていくことによって、復縁に成功するケースも実際にあります。 今回の解説では、 離婚調停で復縁するためのポイント 復縁を求めるとき、調停委員にどのように対応すればよいか といった復縁したい方に向 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

【弁護士解説】不倫・浮気させない誓約書の書き方(書式付き)

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 当事務所では、不倫・浮気の誓約書作成を弁護士に依頼いただけるプランを用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。 夫(または妻)の不倫・浮気が発覚したとき、誓約書を書かせておく方法により、不倫・浮気の事実を証拠化しておくことが大切です。 不倫・浮気の誓約書は、その不倫・浮気を理由に離婚したいと考える方にはもちろん、すぐには離婚したくない方や、夫婦関係を円満に保ちたい方にとっても有益です。いずれの立場でも、不倫・浮気の証拠をつくり、慰謝料請求をはじめ有利な交渉に役立てるこ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

復縁交渉をできるだけ早く開始すべき理由と、効果的なタイミング

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚を求められたとき、あなたが「まだ離婚したくない」、「できれば復縁したい」と思うのであれば、その復縁意思はできるだけ早く相手に伝えなければなりません。 つまり、復縁したいなら、できるだけ早く復縁交渉を開始することが重要です。 できるだけ早く復縁の意思を伝え、交渉を開始したほうが、復縁ができる可能性を少しでも上げることができます。復縁交渉をせずに放置しておくと、別居され、弁護士に相談され、調停・訴訟されてしまうといったデメリットがあるからです。 今回の解説では、 復縁交渉 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

復縁を求めるときでも弁護士に依頼すべき理由と、弁護士の選び方

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 復縁を求めて戦うとき、弁護士に依頼したほうがよいケースがあります。 当事務所においても、夫婦間の話し合いでは復縁が難しくなってしまい、相手が強く離婚を求めてきているとき、依頼をいただいて復縁交渉をし、復縁を実現した解決実績があります。 今回の解説では、 復縁を求めるときでも弁護士に依頼すべき理由 復縁交渉を依頼するのに適した弁護士の選び方 といった、復縁を求める側で知っておいてほしい知識を、男女問題を多く取り扱う弁護士が解説します。 【まとめ解説】復縁したい人が知りたい全 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

復縁したい人が離婚請求に対応するとき理解しておきたい全知識

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 今回の解説は、復縁を求める人が知っておいてほしい知識をまとめています。 相手方配偶者(夫または妻)から離婚を要求されると、離婚協議から離婚調停、離婚訴訟という流れで進みます。この流れのなかでも夫婦が仲直りして復縁できる可能性はまだ残っています。 実際、当事務所に相談いただく事例でも、早期に復縁に向けて努力したことにより、協議中、調停中などの段階で、復縁を実現した解決実績があります。 相手が離婚を求めて、ましてや調停、訴訟を提起したときは、離婚に向けた相当な覚悟があることを ...

離婚・男女問題

2021/9/16

児童虐待から子どもを守る「親権制限制度」とは?メリットと注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 児童虐待は、子どもの健全な発育を阻害し、将来に深刻な影響を残す一方で、家庭内という密室で行われるため防止が難しいという問題点があります。 児童虐待の主な原因は、親が子どもに対する親権を正しく行使しないことにあります。そのため、親権者が行う児童虐待を防ぐために、親権者を児童から引き離す必要があり、そのために設けられた法的な制度が、「親権制限制度」です。 民法に定められた親権制限制度には、親権喪失、親権停止、管理権喪失の3つがあります。親権制限制度の利用は年々増加していますが ...

離婚・男女問題

2021/9/16

男性側の離婚について知っておきたい全知識【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 男性側(夫側)で離婚問題を進めるとき、「女性側のほうが有利ではないか」、「妻の言い分が優遇されているのではないか」と感じることは珍しくありません。 本来、法律問題は男女どちらかに有利にはたらくことはあってはならず「男女平等」は当然です。しかし、離婚問題に限っては、女性側(妻側)に有利に考えられてしまう部分が残念ながらあるのが実情です。 とはいえ、不利な状況でも男性側(夫側)が知っておくべき法律知識を活用することが、不合理な結論を回避することにつながります。特に、相手方弁護 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与について離婚時に知っておきたい全知識【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与は、夫婦が離婚するに至ったとき、婚姻期間中の財産の清算、離婚後の経済的自立のための扶助といった目的から、必ず夫婦間の争点となります。 財産分与は、離婚のときに決めておくべき「お金」に関する条件の中でも、特に高額となりやすいものです。夫婦であった期間が長ければ長いほど、貯めた財産が高額であるほど、財産分与で損をしないようにしっかりと話し合っておく必要があります。 今回は、離婚時に知っておきたい財産分与についてのすべての知識について、離婚問題を多く取り扱う弁護士が解説 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚前の別居について知っておきたい全知識【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚前に別居をすることがよくあります。 「別居しなければ離婚できない」というわけではないですが、別居をしたほうが離婚に向けた決意・覚悟が伝わりやすく、離婚協議がうまく進みます。特に、有責配偶者側の場合、離婚をするためには長期間の別居期間が必要であるとするのが家庭裁判所の実務であるため、早めに別居をすることとなります。 逆に、別居をされてしまった側にとっても、離婚と別居に関する知識は重要です。「離婚を拒絶して復縁を目指したい」という方はもちろん、そうでなくても、子連れ別居を ...

離婚・男女問題

2021/9/16

親権停止の審判とは?審判までの流れと、親権停止された時の対応

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 親権停止の審判は、家庭裁判所の審判によって、2年以内の期間に限って、親権者の親権行使を停止するという手続きです。 親権停止の制度ができるまで、児童虐待やネグレクト、DVなど問題のある親の親権を制限する方法には親権喪失しかありませんでした。しかし、親権喪失は、審判の要件が厳格で、かつ、親権を喪失させるという強い効果を生むものであったため、利用しづらいとされ敬遠されていきました。 親権停止は、親権喪失の程度には至らないような虐待事例や一定期間の経過によって回復が見込まれる事例 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

親権喪失の審判とは?子の親権を全面的に失わせる審判手続きと注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 親権喪失の審判は、児童虐待から子どもを守るために用意された親権制限制度の中でも、子どもの親権を全面的に失わせる制度です。 親権者が、子どもに対して身体的虐待を加えたり、ネグレクトをして面倒を見なかったりといった兆候がみられるとき、親権喪失の審判を申し立てることを検討します。 一方で、親権喪失は、親権者の親権を完全に失くしてしまうという強い効果を持つことから、子どもの意向に十分配慮して、慎重に進めていく必要があります。 今回の解説では、親権喪失の審判を申し立てることを検討す ...

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

ご相談予約

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所