不倫相手だけに慰謝料請求する3つの注意点(離婚しないケース)

不倫、浮気が発覚しても、子どもや生活のことを考えるとすぐには離婚できない夫婦も多くいます。

しかし、夫婦関係を継続するとしても、不倫、浮気について全く責任追及をしないとなると、「ケジメ」がつきませんし、不倫、浮気をされた側の被害者としては全く納得いかないことでしょう。

不倫、浮気の責任追及として有名なのが「慰謝料請求」です。つまり、心の痛みに相当する分のお金を要求する方法です。しかし、離婚しないのであれば、配偶者(夫または妻)に請求する意味はあまりない場合があります。

離婚せず、不倫相手だけに慰謝料請求することもできますが、離婚するか、しないかによって、慰謝料請求の戦略は大きく変わります。そこで今回は、不倫相手だけに慰謝料請求するときの注意点を、弁護士が解説します。

こちらの解説は、動画でも見ることができます

1. 不倫慰謝料は「誰に」請求できる?

まず初めに、不倫の慰謝料を請求できる相手とは、誰なのでしょうか。

配偶者が不倫をしていたことを突き止めたとき、あなたが慰謝料を請求できる相手は、2人います。つまり、1人が「あなたの配偶者(夫または妻)」、もう1人は「不倫相手」です。

そして、慰謝料請求は、必ずこの2人ともにしなければならないわけではなく、片方だけにすることが可能です。

2. 不倫相手だけに慰謝料請求できる「金額」は?

不倫が発覚したとき、慰謝料請求できる相手は、配偶者と不倫相手の2人いて、両方に請求しても、片方だけに請求してもよいことを解説しました。

ただし、配偶者と不倫相手の双方に請求しても、片方だけに請求をしても、獲得できる慰謝料額が2倍に増額されるわけではありません。

配偶者と不倫相手との関係は、「共同不法行為者」といいます。つまり、2人で不倫(不貞)という不法行為をして、共同であなたに精神的損害を与えた、ということです。

共同不法行為者の関係にある2人に対する請求は、「不真正連帯債務」となります。不真正連帯債務の特徴は、簡単にいうと、次の通りです。

  • 不真正連帯債務を負う複数の人に対して、いずれに対しても全額の請求をすることができる。
  • ただし、債務の総額をいずれか一方もしくは双方から獲得できたら、債務は消滅する。
  • 不真正連帯債務を負う1人が、自分の負担割合を超えて賠償したら、他方に対して求償請求できる。

そして、離婚せず、不倫相手にだけ慰謝料請求する場合には、相場を踏まえておくことが大切です。相場からかけ離れた高い金額を請求すると相手が応じてくれない可能性があるからです。

特に、離婚せずに慰謝料請求する場合、離婚していない分だけ損害が小さいとして、慰謝料額の相場が低くなる傾向にあります。請求された不倫相手の側としても、「離婚していないのであれば、支払いたくない」という気持ちを抱くでしょう。

3. 不倫相手だけに慰謝料請求するときの「慰謝料の相場」は?

不倫(不貞)の慰謝料金額の相場は、一般的に「50万円~300万円といわれていますが、つぎのような事情によって増減しますので、ケースに応じて検討する必要があります。

不倫の慰謝料相場に影響する事情

  • 不貞行為の回数、頻度
  • 不貞行為を行った期間
  • 不貞行為によって子を妊娠、出産したなどの悪質性
  • 不貞行為を誘われたか、自分から積極的に行ったか

より高額な慰謝料を請求するには、不倫の悪質さと、不倫による損害の大きさを、主張しなければなりません。

例えば、不倫相手が主導的であり、期間や頻度も多いという場合、不倫相手が主導的に誘っていた証拠や、肉体関係が頻繁にあった証拠を準備しましょう。

配偶者の浮気によりうつ病を発症したなど、損害の大きさを主張する場合も、診断書など、それを証明するものを収集してください。

4. 不倫相手だけに慰謝料請求するときの注意点

さて、不倫(不貞)が発覚しても離婚せず、不倫相手にだけ慰謝料請求するときの特殊性について理解していただいたところで、実際に慰謝料請求を進める際の注意点について、弁護士が解説します。

4.1. 「夫婦関係の悪化」を証明する

不倫相手にだけ慰謝料請求するときの注意点の1つ目は、夫婦関係が悪化していることを証明することです。

不倫が発覚したけれども、その後結果的に夫婦関係が維持された場合、「離婚するほどではなかった」というイメージから、「損害は小さい」と評価されるおそれがあります。

しかし、冒頭でも解説した通り、結果的に離婚をしなかった理由は「子どもに影響してしまう」など様々であり、「許した」という方ばかりではないはずです。

そのため、離婚せず、不倫相手にだけ慰謝料請求をするときには、離婚して配偶者と不倫相手の双方に慰謝料請求をする場合にもまして、「不倫によって夫婦関係が悪化したこと」を、きちんと証明しなければなりません。

また、現時点ですぐには離婚しないことを選択したとしても、既に修復できないほど悪化していて将来は離婚が予想される場合には、「なぜすぐに離婚しないのか」という理由を、合理的に説明する必要があります。

4.2. 誓約書を作成する

慰謝料請求を不貞相手にだけ起こすときの注意点の2つ目は、誓約書を作成することです。

離婚せず、不倫相手にだけ慰謝料請求する場合、その後も夫婦関係が続くわけですから、「今後は不倫行為を繰り返さない」と誓約させることも重要です。

具体的に、誓約させたい内容は、次のようなものです。

 誓約書に記載すべき内容

  • 不倫関係をすぐに解消し、今後再発させないこと
  • 連絡を取り合ったり、会ったりさせないこと
  • 連絡先を消去させること

将来、残念ながら不倫関係が再発したことが発覚して訴訟などによって責任追及する場合に備えて、誓約事項は示談書に記載し、書面に残すようにしましょう。

4.3. 「求償請求」に注意する

注意点の3つ目は、不倫相手から、「求償請求」を受ける可能性があることに注意することです。

不倫に関する責任は、配偶者と不倫相手の双方にあります。それなのに不倫相手だけに慰謝料請求をすると、不倫相手が配偶者に対して「不倫はあなたにも責任があるのだから、その分は慰謝料を負担してほしい」と慰謝料の分担を求めてくる可能性があります。

このような請求を「求償請求」といいます。つまり、不倫相手にだけ慰謝料請求しても、一部は自分の配偶者に請求されてしまう可能性があるということです。

このような事態を避けるためには、不倫相手と慰謝料を交渉するときに、配偶者に対する「求償権」を放棄するよう約束させ、示談書に記載しておく方法があります。

5. まとめ

今回は、離婚せず、不倫相手にだけ慰謝料請求をする方法について解説しました。

子どものこと、家族のことなど、様々な理由で、結果的にすぐに離婚をしないという決断をしたとしても、「許した」わけではないことは当然です。少しでも多くの慰謝料を獲得するために、参考にしてみてください。

 お問い合わせはこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須お電話番号
必須お問い合わせ内容