弁護士法人浅野総合法律事務所では、弁護士費用について、ご依頼者様にご安心いただくため、ホームページ上でできるだけ明確にしています。

ただし、弁護士費用は、案件の難易度によって異なるためケースバイケースでの対応が必要であることから、ご依頼をいただく前に、事前に明確にお見積もりいたします。費用が発生する場合には、あらかじめお伝えいたします。

 ご相談料について

できるだけ早めに、法律の専門家である弁護士のアドバイスを受けることによって、解決の方針や見通しを理解し、有利な解決に進むことが期待できます。

その場合、無料相談の時間内であっても、法律相談によって、法的トラブルを解決できるケースも少なくありません。

無料相談の場合、弁護士の指名はお受けできませんので、ご注意くださいませ。
初回の相談料 無料
  • 無料相談は、個人相談の場合はご本人、法人相談の場合は法人代表者に限ります。
  • 事前の資料送付・検討や、法的な意見、予防的な対策のアドバイスについてのご相談は、別途ご費用をいただきます。
  • 電話・メールによる無料相談は行っておりません。
  • 初回相談30分以降は、30分(切上)ごとに5000円(税別)のご相談料をいただきます。
  • 事案の性質上、特殊なケースであったり、判断が困難な場合には、別途有料相談となる場合があります(事前にご案内いたします。)。

 一般的な事件(着手金・報酬金)

弁護士に実際に事件を依頼する場合に、一般的な事件の場合、「着手金」「報酬金」というご費用を頂くケースについて説明します。

弁護士法人浅野総合法律事務所では、ご依頼をいただく際には、事前に、契約書の読み合せをしながらご費用について明確に説明し、ご了解をいただいた上で、契約書を締結しております。

一部の取扱分野では、着手金無料の「完全成功報酬制」を採用している場合があります。顧問契約をいただいております企業様からのご依頼は、弁護士報酬を割引しております。

  • 着手金
    :ご依頼をいただく際、事件への着手の前にいただくご費用で、結果にかかわらず一定額をいただきます。取扱分野によっては、着手金をいただかないケースもございます。
  • 報酬金
    :事件が解決したとき、結果の程度に応じていただくご費用で、ご依頼者の得られた利益に応じて算出されます。

弁護士法人浅野総合法律事務所では、「着手金」「報酬金」は、一般的な民事事件の場合には、(旧)日本弁護士連合会報酬規程を参考に、次の表にしたがって算出しております。

ただし、一部の取扱分野では、ご依頼者様のご事情にあわせて、「成功報酬制」や、「分割払い」をご提案する場合があります。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下 8% 16%
300万円を超え3000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下 3%+69万円 6%+128万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

 一般的な事件(タイムチャージ)

弁護士法人浅野総合法律事務所では、一般的な民事事件のうち、経済的利益の算出が困難な場合や、経済的利益が少額にとどまる場合には、タイムチャージによって弁護士費用を計算する場合があります。

  • タイムチャージ
    :ご依頼いただいた業務についての作業に、弁護士が要した時間に応じて、「単価×時間数」で算出されます(最低単位:6分)。

タイムチャージは、事案の性質、業務の難易度、担当する弁護士の経験によって、次のとおり算出します。

タイムチャージ 1時間あたり2万円~4万円(税別)

※ タイムチャージによって弁護士費用を算出すると高額になる場合には、タイムチャージのご提案はいたしません。

 個人の方のご相談

 法人の方のご相談

「顧問弁護士」のご費用(顧問料)
 (法人からのご依頼・相談は、原則として顧問契約となります。)

 お問い合わせはこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須お電話番号
必須お問い合わせ内容