離婚について、少しでもお考えの方は、弁護士のアドバイスを聞きながら、事前に準備しておくことをお勧めします。

はじめから離婚するつもりで結婚する人は誰もいませんが、しかしながら、結婚生活をこれ以上続けることができない、という事態に陥ることは、だれしもあります。

不貞(不倫)、DV、モラハラ、浪費、価値観の不一致、性格の不一致、セックスレスなど、夫婦間で離婚にいたる理由はさまざまですが、結果的に離婚を回避することができない場合に、「お金」「子ども」などの重要な問題について、無視しておくことはできません。

「離婚を切り出したら、喧嘩にならないだろうか。」、「無事離婚できるのだろうか。」、「離婚するとき、いくらの慰謝料がもらえるのだろうか。」、「離婚をして1人で生活していけるのだろうか。」、「離婚をしたら、子どもはどうなってしまうのだろうか。」など、悩みは尽きないことでしょう。

これらの悩みは、夫婦の生活にかかわることであり、自分でもじっくり考える必要のあることです。しかし、夫婦の話し合いでうまく決められないとき、最終的には裁判所が法律・裁判例にしたがって決めるものであるため、離婚問題を得意とする弁護士のアドバイスが役に立ちます。

そして、離婚問題について弁護士のアドバイスを得るときは、できるだけ初期の段階のほうが、今後の方針を見通すにあたって有益です。弁護士に依頼したからといって、必ずパートナーと喧嘩をするわけではなく、「後方支援」も含め、夫婦の問題が円滑にまとまるサポートをすることができるからです。

人生の新たな第一歩を、少しでもうまく、少しでも有利に踏み出すためにも、お気軽に弁護士の法律相談をご活用ください。