離婚・男女問題

浅野総合法律事務所のアドバイス

離婚について少しでもお考えの方は、弁護士のアドバイスを早期の段階でお聞きいただき、事前に十分な準備をしておくことをお勧めします。

はじめから離婚するつもりで結婚する人は誰もいません。しかし、残念ながら「結婚生活をこれ以上続けることができない」という事態に陥ることは、誰しもあります。

不貞(不倫・浮気)、DV、モラハラ、浪費、価値観の不一致、性格の不一致、セックスレスなど、夫婦間で離婚にいたる理由はさまざまです。結果的に離婚を回避することができないときには、「お金の問題(慰謝料・養育費・婚姻費用・財産分与・年金分割など)」「子どもの問題(親権・監護権・養育費・面会交流など)」といった重要な問題を無視したまま離婚することはできません。

  • 「離婚を切り出したら、喧嘩にならないだろうか」
  • 「無事離婚できるのだろうか」
  • 「離婚するとき、いくらの慰謝料がもらえるのだろうか」
  • 「離婚後の生活費が足りなくならないだろうか」
  • 「離婚をして1人で生活していけるのだろうか」
  • 「離婚をしたら、子どもはどうなってしまうのだろうか」

など、悩みは尽きないことでしょう。

これらの離婚にまつわる悩みは、夫婦の生活にかかわることであり、自分でもじっくり考える必要のあることです。しかし、夫婦の話し合いでうまく離婚条件を決められないとき、最終的には裁判所が法律・裁判例にしたがって決めることとなります。自分たちでおこなう離婚が「協議離婚」となるのに対し、裁判所では「調停離婚」「裁判離婚」となります。

この際、裁判所の考え方を熟知した、離婚問題を得意とする弁護士のアドバイスが役に立ちます。

そして、離婚問題について弁護士のアドバイスを得るときは、できるだけ初期の段階のほうが、今後の方針を見通すにあたって有益です。弁護士に依頼したからといって、必ずパートナーと喧嘩をするわけではなく、「後方支援」も含め、夫婦の問題が円滑にまとまり復縁するためのサポートをおまかせいただくこともあります。

最良の方針を選択し、人生の新たな第一歩を有利に踏み出すためにも、お気軽に弁護士の法律相談をご活用ください。

離婚・男女問題

オンラインで面会交流する方法・注意点と、弁護士に依頼するメリット

面会交流とは、離婚前に別居している親や、離婚後の親が、同居していない子どもと会って交流を深めることです。 夫婦の関係が破綻してしまったり離婚に至ってしまったりしたとしても、親子関係はなくなりませんから ...

離婚・男女問題

別居後に自宅へ立入る際の法的な注意点と、残した荷物の引き取り方

2020/11/6    

夫婦関係がうまくいかず、別居を開始した後で、同居していた家に少しだけ戻りたいというときがあります。このとき「別居後の自宅への立ち入り」という問題が発生します。 別居をしてすぐに家を売るといった例外的な ...

離婚・男女問題

離婚問題に強い弁護士に相談する前にすべき6つの準備と3つの注意点

2020/10/29    

離婚問題にお悩みの方にとっても、「弁護士に相談するハードルが高い」という場合が多いのではないでしょうか。 突然、「弁護士に相談しよう」といっても、法律事務所の相談は事前予約制であることがほとんどであり ...

離婚・男女問題

セックスレスを理由に離婚するために理解しておきたい全知識まとめ

夫婦生活において「夜の営み」の重要度は人それぞれですが、セックスレスとなってしまったとき、大きな離婚理由となることがあります。また、セックスレスとまではいかなくても、性生活の不一致や性癖の不一致、異性 ...

離婚・男女問題

DV冤罪、偽装DVをでっちあげられたときの対処法6つと予防策3つ

DV(家庭内暴力)の問題は年々深刻となり、社会問題化しています。2001年にDV防止法が制定され、被害者側に手厚い保護の必要性が叫ばれています。配偶者暴力相談支援センターによせられた配偶者からの暴力が ...

離婚・男女問題

暴力夫の虐待、DVから子どもを守るため、妻が知るべき離婚の注意点

どのような理由があっても子どもを虐待することは許されません。家庭内暴力(DV)問題は、深刻な社会問題となっていますが、暴力をふるう夫の中には、妻だけでなく、子どもに手をあげ、虐待する人もいます。 特に ...

離婚・男女問題

だまされて既婚者と不倫して、慰謝料請求された時の対応と注意点

だまされて既婚者と交際し、肉体関係を持ってしまったとき、「独身でないのであれば交際しなかったのに」「妻がいるなら肉体関係はもたなかった」とだまされた悔しい気持ちを感じることでしょう。 既婚者にもかかわ ...

離婚・男女問題

配偶者(パートナー)の精神疾患を理由に離婚するときの注意点

ひとたびは夫婦として助け合って生きていこうと決断したとしても、その後、配偶者(パートナー)が精神疾患にかかってしまったとき、その気持ちが折れてしまうことがあります。それほどまでに、精神疾患とは大変なも ...

離婚・男女問題

離婚調停を有利に進めるための陳述書の効果的な書き方のポイント

2020/10/21    ,

離婚調停を進めるにあたって、陳述書を調停委員会に提出することがあります。陳述書は、調停において離婚を求める側にとっても、離婚を要求されている側にとっても、自分の意見を効果的に伝え、離婚調停を有利に進め ...

離婚・男女問題

離婚調停が不成立で終わった後の流れと、離婚訴訟までの進め方

離婚へと向かう流れは、離婚協議、離婚調停、離婚訴訟という流れで進みます。 「調停前置主義」というルールがあるため、離婚訴訟を起こす前に離婚調停の申立てをしなければなりませんが、離婚調停での話し合いが難 ...

離婚・男女問題

モラハラは証拠が重要!モラハラ離婚・慰謝料請求に有利な証拠まとめ

モラハラの被害を受けてしまい、もうこれ以上我慢できないとき、離婚を考える方は多いのではないでしょうか。また、モラハラの被害により精神的苦痛を負った場合には、あわせて慰謝料請求も行うこととなります。 典 ...

離婚・男女問題

貞操権侵害とは?慰謝料額の相場、慰謝料請求の方法、必要な証拠は?

「貞操権侵害」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。貞操権とは、「貞操」を守る権利であり、性交渉をはじめとした性的な自由を守る権利です。 よく男女の性交渉が法的トラブルにつながるのが「不倫」「浮気」 ...

離婚・男女問題

義理の両親から離婚強要、嫌がらせを受けたときの対応方法

義理の両親から、離婚を強要されることがあります。いわゆる、舅や姑との不和の問題です。 妻側の立場で、夫の両親から「離婚してほしい」と強要されるケースはもちろん、夫側の立場でも、妻の両親から「離婚しろ」 ...

離婚・男女問題

妻が家を出て行ったけど、離婚したくない!戻ってきてもらう方法は?

2020/10/8    ,

妻が家を突然出て行ってしまったとき、「離婚したくない」と望む夫側(男性側)では、どのように対応したらよいのでしょうか。 あまりに突然の出来事ですと、寝耳に水で、「むしろ、自分は円満だと思っていた」とい ...

離婚・男女問題

離婚協議書を公正証書にする方法と注意点【弁護士解説】

夫婦の協議によって離婚が決まることを「協議離婚」といい、このときに作成される書面のことを「離婚協議書」といいます。 離婚協議書には、離婚をする際の離婚条件、離婚後の子どもやお金のルールなど、夫婦間の重 ...

離婚・男女問題

子の引渡しの強制執行について、民事執行法改正のポイント

離婚を巡る問題の中で、特に激しい争いとなるのが、子どもを巡る問題です。子どもはかけがえのない存在であり、お金の問題に換えて解決することはできないためです。 そして、交渉や調停、裁判などにより親権者や監 ...

離婚・男女問題

コロナDVとは?自粛要請・在宅勤務で増えるDV・モラハラ

新型コロナウイルス感染症の蔓延とともに、DV(家庭内暴力)やモラハラ、虐待が増加しています。「コロナDV」という造語も出現しました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、自粛が要請されています。会社はテレ ...

離婚・男女問題

「交際相手が既婚者だった!」慰謝料請求に成功する4つの方法

既婚者でありながら、「結婚したい」という独身女性を騙し、肉体関係(性交渉)をもつ不届きな男性がいます。「結婚しようとして長く交際していたが、既婚者であることが判明した」という方から、「慰謝料請求したい ...

離婚・男女問題

国際結婚は婚前契約書(プレナップ)が重要!外国人との結婚の注意点

外国人と結婚する場合、外国に移住する場合でも、逆に外国人パートナーを日本に呼ぶ場合でも、「非日常のワクワク感」が多い反面、不安も大きいのではないでしょうか。 外国人との結婚に向けて進むと、外国人の側か ...

離婚・男女問題

子の親権は「女性有利」って本当?不倫しても親権をとる方法

2020/5/29    

今回は、夫婦の離婚の際に特に問題となる「子の親権」について、女性側(母親側/妻側)の視点から解説していきます。 女性側(母親側/妻側)から、「親権は女性有利というのは本当ですか?」というご相談を受ける ...

お問い合わせはこちら

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

お問い合わせ

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所