離婚・男女問題

浅野総合法律事務所のアドバイス

離婚について少しでもお考えの方は、弁護士のアドバイスを早期の段階でお聞きいただき、事前に十分な準備をしておくことをお勧めします。

はじめから離婚するつもりで結婚する人は誰もいません。しかし、残念ながら「結婚生活をこれ以上続けることができない」という事態に陥ることは、誰しもあります。

不貞(不倫・浮気)、DV、モラハラ、浪費、価値観の不一致、性格の不一致、セックスレスなど、夫婦間で離婚にいたる理由はさまざまです。結果的に離婚を回避することができないときには、「お金の問題(慰謝料・養育費・婚姻費用・財産分与・年金分割など)」「子どもの問題(親権・監護権・養育費・面会交流など)」といった重要な問題を無視したまま離婚することはできません。

  • 「離婚を切り出したら、喧嘩にならないだろうか」
  • 「無事離婚できるのだろうか」
  • 「離婚するとき、いくらの慰謝料がもらえるのだろうか」
  • 「離婚後の生活費が足りなくならないだろうか」
  • 「離婚をして1人で生活していけるのだろうか」
  • 「離婚をしたら、子どもはどうなってしまうのだろうか」

など、悩みは尽きないことでしょう。

これらの離婚にまつわる悩みは、夫婦の生活にかかわることであり、自分でもじっくり考える必要のあることです。しかし、夫婦の話し合いでうまく離婚条件を決められないとき、最終的には裁判所が法律・裁判例にしたがって決めることとなります。自分たちでおこなう離婚が「協議離婚」となるのに対し、裁判所では「調停離婚」「裁判離婚」となります。

この際、裁判所の考え方を熟知した、離婚問題を得意とする弁護士のアドバイスが役に立ちます。

そして、離婚問題について弁護士のアドバイスを得るときは、できるだけ初期の段階のほうが、今後の方針を見通すにあたって有益です。弁護士に依頼したからといって、必ずパートナーと喧嘩をするわけではなく、「後方支援」も含め、夫婦の問題が円滑にまとまり復縁するためのサポートをおまかせいただくこともあります。

最良の方針を選択し、人生の新たな第一歩を有利に踏み出すためにも、お気軽に弁護士の法律相談をご活用ください。

離婚・男女問題

離婚協議書を公正証書にする方法と注意点【弁護士解説】

夫婦の協議によって離婚が決まることを「協議離婚」といい、このときに作成される書面のことを「離婚協議書」といいます。 離婚協議書には、離婚をする際の離婚条件、離婚後の子どもやお金のルールなど、夫婦間の重 ...

離婚・男女問題

子の引渡しの強制執行について、民事執行法改正のポイント

離婚を巡る問題の中で、特に激しい争いとなるのが、子どもを巡る問題です。子どもはかけがえのない存在であり、お金の問題に換えて解決することはできないためです。 そして、交渉や調停、裁判などにより親権者や監 ...

離婚・男女問題

コロナDVとは?自粛要請・在宅勤務で増えるDV・モラハラ

2020/6/4    , ,

新型コロナウイルス感染症の蔓延とともに、DV(家庭内暴力)やモラハラ、虐待が増加しています。「コロナDV」という造語も出現しました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、自粛が要請されています。会社はテレ ...

離婚・男女問題

「交際相手が既婚者だった!」慰謝料請求に成功する4つの方法

既婚者でありながら、「結婚したい」という独身女性を騙し、肉体関係(性交渉)をもつ不届きな男性がいます。「結婚しようとして長く交際していたが、既婚者であることが判明した」という方から、「慰謝料請求したい ...

離婚・男女問題

国際結婚は婚前契約書(プレナップ)が重要!外国人との結婚の注意点

外国人と結婚する場合、外国に移住する場合でも、逆に外国人パートナーを日本に呼ぶ場合でも、「非日常のワクワク感」が多い反面、不安も大きいのではないでしょうか。 外国人との結婚に向けて進むと、外国人の側か ...

離婚・男女問題

子の親権は「女性有利」って本当?不倫しても親権をとる方法

2020/5/29    

今回は、夫婦の離婚の際に特に問題となる「子の親権」について、女性側(母親側/妻側)の視点から解説していきます。 女性側(母親側/妻側)から、「親権は女性有利というのは本当ですか?」というご相談を受ける ...

離婚・男女問題

離婚されそうな夫側の4つの注意点【男性側の離婚】

2020/5/30  

今回は、男性側の目線から見て、「妻から離婚を切り出された」というタイミングでの適切な対応を解説します。 男性側から離婚に関する法律相談をいただくとき、「男側の離婚は勝ち目がない」、「有利な離婚はあきら ...

離婚・男女問題

不倫相手だけに慰謝料請求する3つの注意点(離婚しないケース)

不倫、浮気が発覚しても、子どもや生活のことを考えるとすぐには離婚できない夫婦も多くいます。 しかし、夫婦関係を継続するとしても、不倫、浮気について全く責任追及をしないとなると、「ケジメ」がつきませんし ...

離婚・男女問題

離婚の相手方弁護士から連絡が来たときの5つの対処法

2020/5/29    

今回は、「離婚の相手方弁護士から連絡が来たときの対処法」について解説します。 離婚問題について夫婦間で争いが起こると、夫婦が既に別居をしている場合には、突然手紙や電話などで相手方から連絡が来ることとな ...

離婚・男女問題

離婚問題で必要な弁護士費用を安く抑える方法!

2020/7/18  

今回は、「離婚問題に必要となる弁護士費用の目安」と、「費用倒れ」になってしまわないためのポイントについて解説します。 離婚について、夫婦間で争いごととなったとき、自分一人で進めるよりも、弁護士に依頼し ...

離婚・男女問題

離婚裁判は自分でできる?本人訴訟の注意点とデメリット

2020/5/29    ,

離婚を求めて争うとき、まずは交渉(離婚協議)を行い、話し合いが成立しない場合には、離婚調停、離婚裁判という順番で進んでいきます。 このとき、離婚協議は、純粋に当事者間の話し合いであり、離婚調停もまた、 ...

離婚・男女問題

離婚・不倫の裁判費用は誰の負担?相手に請求できる?

離婚問題が夫婦間でこじれてしまったとき、話し合い(交渉)では解決できない場合には、調停を経て裁判となります。 また、不倫(不貞)問題が発覚し、配偶者や不倫相手に慰謝料を請求するときにも、協議で解決でき ...

離婚・男女問題

養育費・婚姻費用の算定表が改正!増額請求できる?【2019年12月23日】

2020/5/29    , ,

養育費、婚姻費用を算定する際に、家庭裁判所で参考とされる表が改正されることとなりました。 新しい養育費、婚姻費用の算定表は、最高裁判所の司法研修所から、令和元年(2019年)12月23日に発表され、同 ...

離婚・男女問題

逆DV・逆モラハラを受けたら離婚できる?解決方法は?

2020/5/30    , , ,

DV(家庭内暴力)と聞くと、「夫が妻に対してふるう暴力・暴言」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし、「妻から夫に対する暴力・暴言」についても、DV、モラハラとして問題化しています。 ...

離婚・男女問題

先に自分から別居すると、離婚で不利になる?【弁護士解説】

2020/5/30    

相手方配偶者(夫または妻)からのモラハラやDV(家庭内暴力)、ネグレクトなどに耐え切れず、これ以上同居し続けることが難しいとき、別居を考えることになります。 離婚調停や離婚訴訟を起こすときにも、より離 ...

離婚・男女問題

モラハラ夫・DV夫から逃げる時、お勧めの別居先は?4つの判断基準

離婚を考えても、なかなかすぐに踏み切ることができない人も多いですが、モラハラ・DV(家庭内暴力)が激しいときには、「まずは別居」を優先しなければなりません。 モラハラ夫・DV夫との離婚を考える妻側で、 ...

離婚・男女問題

復縁したい人の離婚協議・離婚調停のポイントと、復縁方法

2020/5/30    , ,

一旦離婚を申し出られてしまい、離婚協議・離婚調停へと進んでしまったとしても、夫婦が仲直りし、復縁できる可能性はまだ残っています。 早期に復縁に向けて努力をすることによって、離婚協議・離婚調停を復縁する ...

離婚・男女問題

離婚調停・離婚協議中に「手紙」を出す意味と書き方

2020/5/30    ,

離婚調停、離婚協議はいずれも、「離婚をするかどうか」、「どのような条件で離婚をするか」についての「話し合い」です。 離婚協議が、当事者同士の話し合いではうまくまとまらず、弁護士を介した離婚協議や、裁判 ...

離婚・男女問題

婚約破棄をしても慰謝料が発生しない「正当な理由」とは?

婚約破棄は、慰謝料請求の対象となる可能性があります。結婚して夫婦に至り離婚した場合に慰謝料が生じることは有名ですが、結婚までいかない「婚約」の段階でも、慰謝料請求の対象となることがあります。 しかし、 ...

離婚・男女問題

借金を理由に離婚できる?離婚時の借金の取扱いと注意点5つ

2020/5/30    ,

「夫が借金をして遊び歩いていて困っている」、「妻が、家族カードでローンを組んでブランド品に浪費している」など、度を越した借金は、離婚を検討せざるを得ない大きな理由となります。 しかし、借金を理由に離婚 ...

お問い合わせはこちら

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

お問い合わせ

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所