ご相談予約をお待ちしております。

婚約者が浮気したら慰謝料請求できる?慰謝料の相場は?

婚約した男女間で起こる浮気のトラブルは、慰謝料請求で解決すべきです。

婚約者の浮気による慰謝料の相場は、裁判実務では、50万円〜200万円が目安です。ただし、寿退社してしまっていたり妊娠していたりするとき、婚約者の浮気による苦痛はさらに大きく、相場よりも高額の慰謝料が認められることもあります。

婚約者が浮気したことを知ったとき、とても大きな精神的苦痛を受けることでしょう。せっかく婚約してこれから幸せになれると思っていたのに、突然の婚約者の浮気で受ける悲しみは、はかり知れません。

婚約者の浮気をきっかけに婚約を解消してしまったり、むしろ自分が浮気したにもかかわらず婚約者から婚約破棄され、結婚できなくなってしまったとき、悲しみを少しでも癒やすために慰謝料請求を検討してください。

この解説でわかること
  • 婚約者に浮気されたときは、慰謝料請求できる
  • 婚約者の浮気の慰謝料は、50万円〜200万円が相場
  • 慰謝料を増額するためには、婚約者の悪質性についてきちんと主張すること

なお、婚約に関する男女の法律問題について詳しく知りたい方は、次のまとめ解説もご覧ください。

まとめ 婚約者に浮気・不倫された時、知っておきたい全知識

目次(クリックで移動)

解説の執筆者

弁護士 浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士。

弁護士(第一東京弁護士会所属、登録番号44844)。
東京大学法学部卒、東京大学法科大学院修了。

\相談ご予約受付中です/

浮気した婚約者に慰謝料請求するための条件

男女の喧嘩

はじめに、婚約者の浮気について、慰謝料請求するための条件について解説します。

婚約者に慰謝料請求するための条件は、次の2つです。ちなみに、婚約が破棄・解消されていなかったとしても、婚約者に慰謝料を払ってもらうことができます。

以下で、各要件についてわかりやすく説明していきます。

なお、夫婦になった後に別の異性と肉体関係をもつことを法的には「不貞」といい、一般的には「不倫」といいますが、婚約の場合にはまだ夫婦となっていないため、「浮気」と呼ぶようにしています。

婚約が成立していること

まず、「婚約者の浮気について、慰謝料を請求したい」というとき、そもそも婚約が成立しているかどうかについてはじめに検討する必要があります。

結婚をした夫婦であれば、夫(または妻)が他の異性と肉体関係(性交渉)をもったとき、「不貞行為」として慰謝料請求の対象となります。これに対し、まだ交際しているにすぎないカップルのとき、たとえ浮気が発覚しても、慰謝料請求はできない(もしくはごく低額にとどまる)のが原則です。

他方で、法的な保護に値する「婚約」が成立しているときは、まだ結婚まではしていなくても浮気に対して慰謝料請求できます。法的な保護に値する「婚約」といえるためには、単なる結婚の口約束にとどまるのではなく、第三者からもわかる程度に結婚の約束を示す事情が形成されていることが必要です。

婚約成立のポイント
婚約成立のポイント

婚約が成立しているかどうかは、多くの事情を総合して判断するもので、1つの事情だけで決まるわけではありませんが、次のような事情が重要な考慮要素とされています。

  • 婚約指輪を渡しているか
  • 結納品・結納金の授受をしているか
  • 妊娠しているか
  • 寿退社したかどうか
  • 両家の親族に顔合わせしたか
  • 友人や上司に、将来の結婚相手として紹介されたか
  • 結婚式・ハネムーンの予定が決まっているか
  • 同棲しているか(もしくは、新居が決まっているか)

婚約者が浮気したこと

法的に保護される「婚約」が成立したにもかかわらず、婚約者が他の異性と肉体関係(性交渉)を持ったときには、浮気についての慰謝料を請求できます。

慰謝料請求できるほどの浮気をしたといえるためには、性交渉をしたということについて、証拠によって証明する必要があります。次のようなものを、浮気の証拠として活用することができます。

  • 浮気相手とラブホテルに入った写真・動画
  • 性行為したとわかるLINEやメール

婚約が破棄・解消されなくても慰謝料請求できる

夫婦の不貞行為のとき、不貞の慰謝料はもちろんのこと、これによって夫婦が離婚してしまったときには、離婚についての慰謝料をあわせて請求できます。同様に、婚約者の浮気でも、浮気によって結婚が取りやめになってしまったときには、その浮気の慰謝料とともに、婚約が破棄・解消されてしまったことについての慰謝料を請求することができます。

そのため、婚約者の浮気が発覚したが、婚約は解消されず、予定どりに結婚したケースでも、浮気についての慰謝料を請求することができます。

ただし、婚約者が浮気したけれども結婚するに至ったケースよりも、浮気を理由として結婚が取りやめになったケースのほうが精神的損害は大きいと考えられるため、請求できる慰謝料額は高額になります。

婚約破棄のケースと結婚したケースの違い
婚約破棄のケースと結婚したケースの違い

なお、婚約は、結婚をした夫婦関係ほど強い法的保護を受けるわけではないため、結局予定どおり結婚したというとき、慰謝料額は少額にとどまると考えられます。

浮気した婚約者に請求する慰謝料の相場

弁護士浅野英之

次に、浮気した婚約者に請求する慰謝料の相場について、当事務所の解決事例などをまじえながら解説します。

婚約者の浮気について慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償請求のことですが、「精神的苦痛」というのは目に見えません。そのため、慰謝料の相場を知るためには、実際の解決事例や裁判例で、どの程度の金額が認められているのかを知る必要があります。

婚約者の浮気についての慰謝料の相場は、おおむね50万円〜200万円程度が目安です。

ただし、これはあくまでも目安に過ぎず、浮気が結婚式の直前であったとか、浮気相手との間に子どもをつくってしまったなど、悪質性の高いケースでは、200万円以上の慰謝料を払ってもらえたケースもあります。

以下には、参考までに、当事務所の扱った解決事例を示しておきます。

認められた慰謝料額考慮された要素
50万円婚約といえるかについて争いあり
100万円婚約指輪を渡し、1年間の家族づきあいあり
200万円結婚式場を決め、すでに寿退社済み
250万円結婚相手と子どもをつくり、婚約者には堕胎歴あり

慰謝料額の相場をしっておくことは、損をしない交渉のためにとても重要です。

相場を知らずに交渉を進め、本来であればもらえたはずの金額をもらえずに終わり損をしてしまうおそれがある一方、相場より高額すぎる請求に固執してしまうと交渉がうまくいかず、結局納得のいく慰謝料はもらえなくなってしまいます。

慰謝料額を増額したり、減額したりする事情

前章で解説した、婚約者の浮気についての慰謝料の相場(50万円〜200万円程度)は、あくまでも目安であり、個別の事情によってケースバイケースで、増額されたり減額されたりします。

そのため、浮気についての慰謝料の交渉をするとき、慰謝料を増額する事情(請求側)、慰謝料を減額する事情(請求される側)をそれぞれ知り、具体的に主張・反論していく必要があります。

慰謝料を増額したり、減額したりする具体的な事情には次のものがあります。

以下では、どのような事情を主張すればよいのか、順にわかりやすく解説していきます。

婚約者が浮気した回数・期間・頻度

婚約者の浮気が発覚したとき、その交際期間がどの程度長いか、そして、その期間内に、何回肉体関係(性交渉)をもったかなどの事情で悪質性が判断されます。婚約者が、複数人と浮気していたときは、浮気した人数、肉体関係(性交渉)をもった頻度なども、婚約者の浮気の悪質性を考える上で重要です。

婚約者による浮気が、次のようなケースのとき、悪質性が高いといえます。

  • 長期にわたって何度も肉体関係(性交渉)をもったケース
  • 浮気相手とも真剣交際であるケース
  • 出会い系、マッチングアプリを利用して不特定多数と頻繁に浮気したケース
  • 一度浮気が発覚し、許してもらったにもかかわらず、さらに浮気を繰り返したケース

なお、何度も浮気を繰り返すような悪質なケースで、今後も関係を継続するのであれば、浮気しないよう誓約書を書かせ、今後のルールを定めておく方法が有効です。

婚約者が浮気した理由・原因・経緯

婚約者が浮気した理由・原因や経緯もまた、悪質性に影響し、慰謝料額を左右します。

例えば、婚約者が、積極的に異性を誘って、みずから浮気に走ったのであれば、婚約者の責任の度合いはとても思いと考えることができ、慰謝料を増額すべき事情となります。

一方で、次のような理由で浮気に至ったとき、その責任は軽いといえるケースもあります。

  • 浮気相手から積極的に誘ってきた
  • 会社の上司からセクハラされ、浮気に発展した
  • 自分の意思に反して性交渉を強要された

なお、婚約者は受け身であり、浮気相手が積極的に誘って浮気することとなったというケースでは、浮気相手に対する慰謝料請求をあわせて検討すべきです。

被害者の精神的苦痛の度合い

被害者の精神的苦痛の度合いが強度であるほど、慰謝料額が増額される傾向にあります。

そのため、精神的苦痛が大きいことを主張するためには、婚約者の浮気によってどれほどの苦痛があったかを具体的に主張する必要があります。

このとき、精神的苦痛は他人には目に見えず理解されづらいものであるため、精神科・心療内科などに通院し、診断書をもらうことが必要となります。診断書は、その心身の症状にあわせ、「うつ病」、「うつ状態」、「適応障害」などの精神疾患名を書いてもらうようにしてください。

浮気後の、婚約者と浮気相手の関係性

浮気が発覚した後、婚約者と浮気相手がどのような関係になっていたかという事情も、慰謝料額を左右する重要な事情の1つです。浮気の発覚後に、婚約者がどのように事後対応するかが、婚約者の悪質性に影響するからです。

例えば、次のような事情はいずれも、浮気・不倫が発覚してしまった婚約者の事後対応として誠意がなく、慰謝料を増額する事情として考慮されます。

  • 浮気相手を妊娠させた
  • 浮気相手との子どもを認知した
  • 浮気が発覚した後、浮気相手と同棲をはじめた
  • 婚約を破棄し、浮気相手と結婚することとなった
  • 浮気相手に、金銭を与えた(貢いだ)

浮気後の、婚約者と被害者との関係

浮気後に、浮気をした婚約者が被害者にどう対応するか、という点も、「婚約者の悪質性がどれほど高いか」を評価するために重要です。誠意をもって対応しないとき、悪質であると考えられ、慰謝料が増額される傾向にあります。

例えば次のような事情は、浮気後の被害者に対する対応として不適切、不誠実であるといえ、慰謝料額を増額する事情として考慮されます。

  • 浮気したことが証拠上明らかなのに、否定をし続ける
  • 謝罪しない
  • 浮気が発覚した後も反省の態度を見せない
  • 浮気について「仕方ない」と開きなおり、更に相手を傷つけた
  • 浮気が発覚した後、婚約を解消して浮気相手と結婚したいと発言した

婚約期間の長さ、結婚準備の程度

婚約は、他の異性と肉体関係(性交渉)をもってはならないという点では夫婦に類似してはいるものの、すでに結婚している夫婦関係よりは保護の度合いが低く、浮気・不倫の慰謝料もまた、夫婦の不貞行為の慰謝料よりは低くなりがちです。

そのため、婚約がどれほど保護されるかは、どれほど結婚に近い状態になっていたのかによっても変化します。

例えば、婚約していた期間が長かったり、結婚の準備が直前まで進んでいたりするとき、長年の信頼を裏切って浮気をした婚約者の責任は重く評価されます。同様に、寿退社していたり、同棲をはじめていたり妊娠出産していたりなど、結婚準備の程度が進行していればいるほど、慰謝料は高額になります。

なお、一方で、婚約は、結婚とは違って法的な制度ではないため、それほど結婚の準備が進んでいなかったときは薄い保護しか受けることができません。

結婚と婚約の違い
結婚と婚約の違い

婚約期間が相当長期となるときには、ケースによっては「婚約」ではなく「内縁」としての保護を受けるべき場合もあります。

内縁は、夫婦と同等の保護を与えるべきとされており、慰謝料をさらに増額することにつながります。

慰謝料以外に、浮気した婚約者に請求すべきもの

慰謝料とは、精神的苦痛についての損害賠償請求のことです。わかりやすく説明すると、浮気によって負った「心の痛み」の対価として払われるお金が、慰謝料です。

しかし、婚約していたにもかかわらず婚約者に浮気されてしまったとき、損害は「心の痛み」だけにとどまりません。そのため、婚約者の浮気によって婚約破棄となってしまったときには、慰謝料以外にも請求すべき損害があります。

慰謝料以外に、認められる可能性のある損害には次のものがあります。

  • 婚約破棄のために中絶したとき、中絶費用、治療費
  • 婚約破棄したが出産したとき、出産費用、治療費
  • 結婚の準備ために費やしたお金
    (指輪の購入費用、結婚式・ハネムーンのキャンセル代、新居の初期費用など)
  • 寿退社していたとき、将来得られるはずだった収入(逸失利益)

慰謝料以外に、浮気をした婚約者にどのような金銭を請求すべきかを考えるときには、「因果関係のある損害」を検討する必要があります。

請求できる損害の種類
請求できる損害の種類

わかりやすく説明すると、「婚約者の浮気がなければ、無駄にならなかったはずの費用」を1つずつ検討し、請求していくようにしてください。

まとめ

今回は、「婚約者の浮気が発覚した」という法律相談において、婚約者に慰謝料を請求するときに理解しておくべき、慰謝料の相場や増額・減額する事情について解説しました。

婚約してしあわせの絶頂にいると信じていたとき、裏切られたショックはとても大きいものでしょう。婚約者の浮気について、慰謝料の相場は50万円〜200万円が目安ですが、少しでも多くの慰謝料を請求するためには、婚約者の悪質性をしっかりと証明できるよう準備が欠かせません。

当事務所のサポート

弁護士法人浅野総合法律事務所
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所では、男女問題にまつわるケースに精通しており、婚約破棄の慰謝料請求についても多くの実績があります。

婚約者の浮気で払ってもらえる慰謝料を増額するための事情をよく知り、証拠収集のサポートをお任せいただくことができます。婚約者の浮気にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

婚約者の浮気についてよくある質問

浮気した婚約者に請求できる慰謝料に相場はありますか?

婚約者の浮気について、請求できる慰謝料の相場は50万円〜200万円程度が目安です。もっと詳しく知りたい方は「浮気した婚約者に請求できる慰謝料の相場」で、事例などを踏まえながら解説します。

浮気した婚約者に請求する慰謝料を増額するための方法は?

婚約者の浮気について、より高額の慰謝料を認めてもらうためには、婚約者の悪質性を主張することが大切です。もっと詳しく知りたい方は「慰謝料額を増額したり、減額したりする事情」をご覧ください。

目次(クリックで移動)
閉じる