離婚・男女問題

「別居時の荷物の持ち出し」に関する妻側のポイント【弁護士解説】

2021年6月9日

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

別居時の荷物の持ち出し

本解説は、離婚を考えて、離婚前に別居をしようとしている女性側(妻側)の方に向けた解説です。

離婚に向けて話し合いを行うためには一定の期間を必要とします。夫婦関係がすでに破綻していると、同居をしながら当事者間で話し合いを円滑に進めることは困難なことも少なくありません。特に、離婚理由が夫側のDV・モラハラにある場合には、同居しながらの話し合いは大きな危険をともないます。

このように、離婚原因について相手に非があるとき、離婚に向けた別居を大至急進めなければならず、「荷物の持ち出し」を別居時に十分行えないことがあります。反対に、持ち出してはいけない荷物まで持ち出してしまい、DV夫・モラハラ夫から激しい反撃を食らうケースもあります。

そこで今回は、離婚を考えて別居をする女性側(妻側)の立場から、

  • 別居時の荷物の持ち出しに注意しなければならない理由
  • 別居時に持ち出してよい荷物/持ち出してはいけない荷物
  • 離婚時の荷物持ち出し問題を解決する方法

といった別居時の荷物の持ち出しに関する問題について、離婚問題を多く取り扱う弁護士が解説します。

まとめ解説
離婚前の別居について知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

「別居時の荷物の持ち出し」問題とは

別居時の荷物の持ち出し

離婚をすることを決意した女性の方であっても、即座に別居を進めていく覚悟のある方ばかりではありません。その中でも、特に悩みの種となるのが、別居時の「荷物の持ち出し」に関する問題です。

別居時の「荷物の持ち出し」問題として当事務所に寄せられる法律相談には、次の2つの両極端のものがあります。

  • 別居時に十分に荷物を持ち出すことができず、「別居にともない荷物を持ち出したいが、どうしたらよいか」という相談
  • 別居時に持ち出してしまった荷物について、「夫から不適切な持ち出しだといわれて反撃をされている」という相談

離婚に向けて別居をする段階に至っても、夫からの暴力・暴言などのDVやモラハラがある場合を除き、まずは離婚したいという希望を伝え、離婚条件について協議をすることがおすすめです。離婚に関する協議を同供しているうちに行えば、荷物の持ち出しについても話し合いで解決できる場合が多いからです。

しかし、夫側が離婚に強く反対していたり、離婚条件について大きな争いがある場合には、別居についてなかなか夫に言い出すことができないケースがあります。

このようなケースで離婚を進めるためには、置手紙をしてこっそりと隠れて別居せざるをえず、別居時の荷物の問題について、円満に話し合うことは期待できませんから、妻側が自分で判断をして解決しなければなりません。

別居時の荷物の問題は、今後の離婚協議、離婚調停、離婚訴訟において円滑に離婚を進められるかどうかに大きく影響するほか、不適切な対応は住居侵入罪、窃盗罪などの犯罪にあたるおそれもあるため、法律知識に則った慎重な対応が必要です。

別居時の荷物の持ち出しに注意が必要な2つの理由

別居時の荷物の持ち出し

離婚に向けた別居となると、少しでも早く別居を進めようとするあまりに「着の身着のまま」で別居をしてしまう方も多いようですが、別居時の荷物には、細心の注意が必要となります。

別居の流れとしては、「別居をすることを決め、別居先と別居日を決めて、別居」という流れになりますが、別居のタイミングが決まったら、別居日の少し前から身の回りの整理をし、別居時に持ち出すべき荷物についてリストアップして検討し、準備をする必要があります。

そこで次に、別居時の荷物の持ち出しに注意が必要な理由について解説します。

別居後に忘れ物を取り戻ることは難しい

夫側との離婚協議が円満に進むケースや、既に夫婦の別居期間が長期に渡っているようなケースでは、一旦別居した後でも忘れ物を取りに戻れるケースがあります。

しかし、今まさに別居を検討しているという場合、少なくとも別居後当面の間は、忘れ物を取りに戻ることは難しいと考えるべきです。特に、夫との離婚協議が十分に進んでいなかったり、離婚原因が夫のDV・モラハラにあるようなケースでは、ひとたび別居に踏み切ると、持ち出していない荷物があったとしても取りに戻ることは困難です。

夫婦関係の破綻が決定的なケースでは、妻の別居を機に、夫が家の鍵を取り換えてしまい、妻が必要な荷物を持ち出せないようにしてしまう事例も、残念ながら存在します。

そのため、あとから「持ち出していない必需品に気づいた」ということのないよう、別居前にあらかじめ必要な荷物をすべて持ち出しておく必要があります。抜けや漏れのないよう、事前にリスト化しておきましょう。

参考解説

夫に勝手に処分されてしまう

夫婦関係が悪化し、感情的な対立が激しいようなケースでは、夫が、別居した妻の残していった荷物を勝手に処分してしまう可能性があります。夫側の主張としては「荷物を残して勝手に出て行ったのだから、捨てられてもしかたない」というわけです。

荷物を捨てられるまでには至らなくても、勝手に整理されてしまったり、場所を移動させられてしまったり、乱雑に扱われて壊されてしまったりということもあります。自分の私物を勝手に触られることは、気分のいいものではありません。

「身の危険を感じ、別居までの時間的余裕がない」、「荷物が大きくて持ち出すことができない」といった理由でやむをえず荷物を残しておく場合には、勝手に処分されてしまわないように、残していく荷物の写真を必ず撮っておくようにしてください。

別居時に持ち出すべき荷物とは?

別居時の荷物の持ち出し

以上のとおり、持ち出したい荷物については、必ず「別居時に」しっかり検討しておくことが重要であることをご理解ください。

しかし、離婚に向けて別居を決断したときには、すでに別居日までにあまり時間的な余裕のないことも多いです。特に夫側のDV・モラハラによって生命、身体の危険を感じているときには、速やかに別居を進める必要があるため、なおさらです。

そこで、別居を決意した妻側の立場で、別居時に持ち出しておいたほうがよい荷物について、弁護士のアドバイスをまとめておきますので、荷物整理の参考にしてみてください。

財産的価値の高い物

財産的価値の高い物は、真っ先に持ち出すべき荷物の1つです。いわゆる「貴重品」のこととお考えください。

例えば、次のようなものについて必ず持ち出すべきことは容易に理解できるかと思います。

  • 現金
  • 預金通帳
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 生命保険の証券
  • 実印
  • 宝石・貴金属類

これらのものはいずれもサイズが小さく、容易に持ち出すことができます。

「さすがに貴重品は処分されないだろう」というのは甘い考えです。夫婦関係が破綻している状態では、夫はあなたの持ち物を勝手に処分してしまうかもしれませんし、離婚に関する争いはお金の取り合いでもあります。処分されて困る物は必ず持ち出しておくべきです。

生活必需品

離婚を決意して別居をするときには、「今後、離婚がまとまるまでは、荷物を取りに戻ることはできない」と考えるべきです。話し合いだけで離婚がまとまればよいですが、離婚調停、離婚訴訟に発展すると、年単位で時間がかかることもあります。

そのため、当面の間生活に困らないようにしておく必要があるため、次のような生活必需品については、別居時に必ず持ち出しておくべきです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 常備薬
  • 最低限の季節分の衣類

子供のために必要なもの

妻側の立場で別居をする際には、子どもがいる場合には「子連れ別居」となることが多いです。

子連れ別居をするときには、別居後に子どもの生活環境に大きな変化を与えないよう配慮しなければなりません。そのため、あなたの荷物はもちろんのこと、子どもの生活に必要な荷物についても別居時に持ち出しておくことが必要です。

  • 教科書・ノート・筆記具
  • よく遊んでいるおもちゃ
  • 哺乳瓶・おむつなどの育児用品

「夫も、子どもに対する愛情はあるから、子どものために必要なものであれば後からでも協力してくれるだろう」という考えが甘かったことを別居後に知ることのないよう、十分な準備が必要となります。

「夫婦が互いに子どものためを思っていれば争いは起こらない」という考えが間違いであることは、養育費に関する争いがなくならないことからも明らかです。

参考解説

思い出の品、記念品など

思い出の品や記念品などは、その持ち主にとってはとても価値のあるものであるけれど、他人にはその価値は理解されません。あなたの思い出の品や記念品は、あなたにとって大切でも、夫にとってはまったく無価値であり興味もない場合がほとんどです。

特に、結婚前の思い出の品や、自分の家族にとって大切な物などは、夫にとっては何の価値もありませんから、放置したまま別居してしまうと、あなたのいないうちに整理されたり処分されてしまったりすることが容易に想像できます。

したがって、思い出の品や記念品など、捨てられてしまうと困るものは、別居時に必ず持ち出すようにしてください。

離婚手続に必要な資料

今後の離婚を決意して別居するときには、離婚が成立するまで戻れない可能性が高いことから、離婚手続きを進めるために必要な物についても、別居時に持ち出すようにしてください。

夫側が離婚に反対している場合や、離婚自体に同意していても離婚条件に争いのある場合には、いざ離婚手続きが進んでも、必要な資料を夫が協力的に提出してくれるとは限りません。

特に、別居をした後で離婚調停、離婚訴訟を進めていくようなケースでは、別居中の生活費を確保するために婚姻費用分担請求調停を起こし、その中で互いの収入を証明しなければならないこととなります。このような場合に備えて、源泉徴収票、給与明細などの収入を証明する資料は、必ず持ち出しておくべき荷物といえます。

参考解説

離婚協議を有利に進めるための証拠

離婚を進めていくにあたって、離婚条件の折り合いがつかないときには、あなた側に有利に離婚協議を進めるための資料は、あなたが準備し、保管しておかなければなりません。

そのため、離婚協議を有利に進めるために役立つ証拠となる物については、別居時に必ず持ち出すようにしてください。

離婚協議の進め方によっては、次のような物を持ち出しておくことが、有利にはたらく可能性があります。

  • 日頃からつけていた日記
  • ノートパソコンとその中のデータ
  • 夫側の浮気・不倫の証拠となる写真・録音・録画
  • 夫側のDv・モラハラの証拠となる写真・録音・録画
  • 妻側の被害を証明する診断書

また、離婚条件のうちもっとも高額になる可能性のある財産分与について有利に進めるためには、夫側の財産を把握しておく必要があります。

夫側に財産を隠されてしまわないよう、同居中に夫名義の通帳、生命保険証書、不動産の権利書などの財産を示す資料についてコピー(写し)をとり、別居時に持ち出すようにしてください(これらの大切な資料について、原本を持ち出すことには問題がある場合があり、夫側から反撃を受ける可能性があります。)。

参考解説

別居時に持ち出してはいけない荷物とは?

別居時の荷物の持ち出し

別居時の荷物持ち出しに関する問題の1つに、「持ち出してはいけない荷物を持ち出してしまった」というものがあります。

別居を検討している妻側の立場で、別居日までに十分な時間があるケースや、夫が別居に同意をしているケースのように、別居時に持ち出す荷物の検討に十分な時間を割けるケースがあります。このようなとき「できるだけ多くの荷物を持っていきたい」と思う方が多いのではないでしょうか。

しかし、夫側の都合もあることから、別居時に持ち出してしまうとトラブルとなりかねない荷物もあります。そこで次に、持ち出すべきではない荷物についてまとめておきます。

相手方の特有財産

「特有財産」とは、夫婦の共有財産ではなく、夫婦の一方に所有権が帰属する財産のことをいいます。要は「相手方名義の財産」のこととお考えください。

相手方名義の物を勝手に持ち出すと、別居後のトラブルの火種となるおそれがあります。このようなとき、離婚に関する話し合いにも悪影響が及び、話し合いが円満に進まなくなってしまうおそれがあります。

つい持ち出してしまいがちだけれども、相手方の特有財産であり持ち出すべきではない荷物には、次のようなものがあります。

  • 相手方名義の預金通帳
  • 相手方名義の生命保険証書
  • 同居の自宅不動産の権利証
  • 相手方の生活必需品
  • 相手方が結婚後に自分の財産で購入した物

これらの物は、離婚における財産分与の結果としては、妻側の物となる場合もあります。しかし、財産分与において分与してもらうことを希望しているとしても、勝手に持ち出すことには問題がありますから、別居時にはひとまず置いて出ることとなります。

勝手に持ち出してしまうと、離婚協議が円滑に進まないことはもちろん、損害賠償請求をされてしまったり、窃盗罪として警察に連絡されてしまったりと、無用なトラブルを生むこととなるため注意が必要です。

なお、先ほど解説したとおり、夫名義の財産を示す資料については、原本を持ち出すのではなくコピー(写し)をとって持ち出すことによって、財産分与時の財産隠し、過少申告の対策をしておくことができます。

共有財産

相手方名義の物を別居時に持ち出すことはトラブルの原因になることを説明しましたが、夫婦共有の財産だからといって全て持ち出してしまってよいわけでもありません。

財産分与の基本的な考え方として、「夫婦が協力して築き上げた財産については、夫婦の共有財産として、離婚時にそれぞれ2分の1を取得する」という原則があります。

しかし、このルールをもってしても、やはり、別居時に共有財産を持ち出してしまうことはトラブルのもとです。財産分与の原則には例外もあり、財産への貢献度、寄与度によっては必ずしも2分の1ではなく、財産の評価額についても争いがある場合もあります。

これらの財産分与に関する対立は、離婚協議の中で話し合いによって決めるべきであり、離婚時に荷物の持ち出しを強行して解決しようとすることは避けるべきです。

妻が専業主婦であり夫の収入で生計を立てていた事例のように、妻側の財産がほとんどなく、別居後の生活費支払いを拒否されると生活が立ち行かなくなってしまう場合に、緊急的に、現金を持ち出したり、夫婦共有の口座から預貯金を引き出したりすることがあります。

このように、生活のために夫婦共有の財産を利用することは、最低限の範囲ではやむをえないケースもあります。このとき実務では、持ち出された財産の返還請求は、常識を逸脱した場合などの例外を除いてはできないこととするのが裁判例です。ただし、持ち出した分については、のちの財産分与の際、夫側から清算を主張されることとなります。

参考解説

持ち出す必要性の低い物

持ち出す必要性の低い物もまた、別居時に持ち出すべきではありません。

このようにいうと、当然のことを言っているだけに聞こえますが、離婚を決意し、この先の財産や収入など経済面の不安から「持っていけるだけ全部持って出よう」、「離婚のときにほしい物はすべて今持って出よう」という方も少なくありません。

しかし、必要性の低い物まで持ち出してしまうと、その「荷物の持ち出し問題」自体が離婚とは別に争いとなり、肝心の離婚の話し合いがとどこおってしまうおそれがあります。

特に、現金や預貯金などの財産的価値の高い物について、財産分与や婚姻費用として通常認められる範囲を超えても持ち出すと、夫側から強い反発を受けることが容易に予想されます。逆に、財産的価値の低い物であれば、速やかな離婚を優先したい場合には、「無理をして持ち出すよりも、別居後に買えばよい」という考えも大切です。

預金や生活費の管理が妻側に任されている場合には、すべての預貯金を引き出してしまうと、むしろ夫側の生活ができなくなり、夫側から返還請求や損害賠償請求をされてしまうことがあるため、注意が必要です。

「別居時の荷物の持ち出し」問題の当事務所によせられる法律相談

別居時の荷物の持ち出し

最後に、離婚に向けた別居を検討している女性側(妻側)の立場から、よく法律相談の際に寄せられる質問について解説します。

Q1 別居時の荷物持ち出しが犯罪にあたることはある?

さきほど「持ち出すべきではない」と説明をした相手方名義の物を持ち出してしまうと、夫側から住居侵入罪(刑法130条)、窃盗罪(刑法235条)などの犯罪行為にあたると主張され、「警察にいく」とう脅しを受けることがあります。

確かに、相手方名義の物を持ち出すことは犯罪にあたりうる行為であり、慎まなければなりませんが、刑法には親族相盗例(刑法244条)というルールがあり、夫婦間での窃盗罪は成立しないこととされています。また、よほど高額な財産でもない限り、警察としても「身内の争い」、「夫婦喧嘩の延長」と考え、立件しないことが予想されます。

このようなことで「警察にいく」という強い脅しをかけてくる夫の場合、DV・モラハラが併発している可能性もあります。

とはいえ、「犯罪になる可能性がないのなら、何を持ち出してもよいのだろう」ということにはならないのは、常識的に考えてわかることです。

別居時に持ち出す荷物が多ければ多いほど夫側の反発を招きやすくなりますから、「必要な物だけを持ち出す」という心構えが重要です。

Q2 別居後に荷物を捨てられたときの対応は?

どうしても別居時に持ち出すことのできなかった荷物が、別居後に夫の手によって捨てられてしまったときの対応について質問を受けることがあります。

別居後に荷物を捨てる夫の行為は、器物損壊罪(刑法261条)という犯罪行為にあたる可能性があります。器物損壊罪の場合には、さきほどの窃盗罪の場合と違い、親族相盗例のルールがないため、夫婦間でも成立する犯罪です。

しかし、前章でも解説したとおり、よほど重要な財産でもない限り、警察に被害届を出したり告訴したりしても、事件化してもらえる可能性は低いです。

勝手に処分されてしまったことによる財産的被害について損害賠償請求をして解決するという対策が考えられますが、一度使用した物の価値は低く算定されるため、納得のいく賠償額を得られる可能性は低いと考えられます。

したがって、やはり、捨てられて困る物は必ず別居時に持ち出しておくという対策を講じるほかありません。家具・家電など、財産的価値が高いけれども持ち出すことが時間的、物理的に困難な物については、勝手に捨てられないよう写真を撮っておくようにしてください。

Q3 「荷物を送るから別居先を教えろ」といわれたときの対応は?

別居をする前に離婚について話し合いをしておいたほうが、離婚協議がスムーズに進む場合も多いですが、別居を決行するときには、別居のタイミング、別居日、別居先などは夫に伝えないほうがよいケースが多くあります。特に、DV・モラハラがある場合、別居先は隠しておくべきです。

このような別居をするときには、置手紙によって今後の離婚に向けた話し合いをする連絡先を伝えることが一般的です。弁護士を窓口として指定することもよくあります。

荷物の持ち出しに関する問題とからめて、夫側から「荷物を送るから別居先を教えるように」と要求される場合がありますが、このような要求の仕方こそ、モラハラ被害を容易に相続させるものであり、別居先を教えるべきではありません。

子供との面会を理由として別居先を教えるよう強要してくる夫もいますが、子供に会うのは、日時を約束して外で会えばよいのであって、別居先を教えなければならない理由とはなりません。

離婚と別居に関する問題は浅野総合法律事務所にお任せください!

別居時の荷物の持ち出し

今回は、離婚を決意し、別居を検討している女性側(妻側)に向けて、別居時に持ち出すべき荷物、持ち出してはいけない荷物など、別居時の持ち物に関するポイントを解説しました。

別居をするときには強い覚悟が必要です。協議離婚、調停離婚、裁判離婚のいずれの段階で解決するとしても、離婚問題が最終解決するまでは、もはや家に戻ることはできないということを念頭におき、荷物について十分な検討が必要です。

特に、持ち出すべきではない相手方の財産まで持ち出してしまうと、トラブルが激化し、離婚協議が進まなくなってしまうため注意が必要です。

離婚に向けて別居を決意した方は、別居時の注意点についてのアドバイスをすることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

まとめ解説
離婚前の別居について知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

解説の執筆者

弁護士 浅野英之
弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士。
東京大学法学部卒、東京大学法科大学院終了。

豊富な知識・経験に基づいた戦略的リーガルサービスを提供します。
専門分野の異なる複数の弁護士がタッグを組むことで、お客様にとって最も有利なサービスを、総合的に提供できることが当事務所の強みです。

弁護士 浅野英之の詳細はこちら

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

-離婚・男女問題
-

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所