離婚・男女問題

離婚・男女問題

2021/9/16

退職金の財産分与を請求する時の注意点と、分与すべき金額の計算方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 退職金は、財産分与の対象となることがあります。このことは、退職金が既に支払われている場合だけでなく、将来退職金が支給される可能性が高い場合も同様です。 つまり、将来支給される予定の退職金についても、財産分与の対象となることがあるということです。 特に、高齢者の熟年離婚のように、長年連れ添い、支えてきて、退職直前になって離婚することとなった夫婦のことを考えてみてください。このようなケースでは、たとえまだ受給していなかったとしても、将来受給が予定される退職金を財産分与の対象と ...

離婚・男女問題

2021/9/16

扶養的財産分与とは?請求が認められる金額・期間と請求方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時の財産分与で、特に専業主婦であった女性側(妻側)など、離婚後にすぐには仕事につけず収入が得られないおそれがあるとき、扶養的財産分与が認められるケースがあります。 離婚時の財産分与では、婚姻期間中の財産を公平に分配する「清算的財産分与」が主ですが、これ以外に、「扶養的財産分与」、「慰謝料的財産分与」といった別の性質の財産分与が認められることがあります。 離婚を機に、女性側(妻側)の生活が困窮してしまわないよう、援助をするという意味の「扶養的財産分与」を知っておくことで ...

離婚・男女問題

2021/9/16

株式が財産分与の対象となるときの方法と、離婚時の注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時の財産分与の際には、株式も財産分与の対象となります。 株式が財産分与の対象となる場合には、①配偶者が会社経営者であり、自社株が財産分与の対象となるケースと、②投資財産として有する株式が財産分与の対象となるケースの2つがあります。国債などの債券、投資信託、仮想通貨などの投資財産も、財産分与の対象です。 株式は、現金・預貯金や不動産と同様に財産的価値を有するため、財産分与でも重要なものとなりますが、一方で、株式は「会社に対する支配権」を意味し、特に経営する会社の自社株で ...

離婚・男女問題

2021/9/16

夫婦の共有名義の不動産がある時、財産分与で共有関係を解消する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚するとき、不動産(家・土地)が夫婦の共有名義となっていることがあります。このような場合、購入時に組んだローンについても夫婦共有名義となっていることが多いです。 夫婦の財産は、離婚時に財産分与をすることとなりますが、共有名義となっている不動産があるとトラブルのもとです。 夫婦共有名義の不動産を財産分与するときは、早めに共有関係を解消し、どちらかの単独所有にするか、もしくは、売却して代金を分割する方法によることがおすすめです。 今回の解説では、 夫婦の共有名義の不動産を財 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

借金を理由に離婚できる?離婚するときの借金の取扱いと注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 「夫が借金をして遊び歩いていて困っている」、「妻が家族カードのローンでブランド品に浪費している」といったご相談があります。度を越した借金は離婚を検討せざるを得ない大きな理由となります。 結論から申し上げると、借金は、法律上も離婚を認める理由になり得ます。ただし、借金の金額や理由によっては例外もあるため、離婚できるかどうかを慎重に検討しなければなりません。 借金で離婚を考えるようになったとき、もう1つ注意しておいてほしいことは、夫婦の片方の行った借金について、他方の配偶者が ...

離婚・男女問題

2021/9/16

特有財産とは?離婚時の財産分与で対象とならない財産とその方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時の財産分与を有利に進めようと考えるとき、「どのような財産が分与対象となるのか」を知る必要があります。そして、当然ながら「分与対象である」と評価される財産を少なくすれば分与対象額は少なくなり、多くすれば分与対象額も多くなります。 この点で、離婚時の財産分与において分与対象とならない財産、すなわち、「特有財産」とはどのようなものかを知っておく必要があります。 そこで今回は、 特有財産の意味と、共有財産との違い ある財産を「特有財産である」と認めてもらうためにすべきこと ...

離婚・男女問題

2021/9/16

不動産(家・土地)の財産分与の注意点と住宅ローンの取り扱い

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与の対象となる財産の中でも、不動産を所有しているご家庭では、財産の多くを占めることもあるため、紛争が激化しがちです。 特に、不動産の購入費用を夫婦の一方が出していたり、夫婦のいずれか一方の特有財産となる預貯金から支払っていたり、親族に支払ってもらったりしていたとき、離婚時の財産分与で調整が必要となります。住宅ローンを組んでいるときには、「売却してローンを払うのか、それとも夫婦のどちらかがローンを払い続けるのか」など、ローンの取扱いも問題となります。 さらに、夫婦がど ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚届を勝手に出されてしまったときの対応!犯罪?取り消せる?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦の一方が、相手に無断で、承諾を得ずに勝手に離婚届を提出してしまうことがあります。勝手に離婚届が出されてしまっていたとしても、役所では形式の整った離婚届が出されている限り離婚が成立してしまいます。 離婚は、夫婦の双方の合意なくして成立しないのが原則です。しかし、離婚届は、夫婦それぞれの欄に署名・捺印がされていれば、役所に受理してもらうことができてしまうため、このような相談は後を絶ちません。 婚姻届は夫婦で一緒に提出しにいく方が多いでしょうが、離婚届は夫または妻が単独で出 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

会社名義の事業用の財産は、財産分与の対象となりますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 会社経営者や個人事業主の離婚問題で、「会社名義の事業用の財産が、財産分与の対象になるのだろうか」というご相談を受けることがあります。 オーナー経営者の場合、会社の財産と個人の財産が明確に区別されていないことも多いはずです。このようなとき、経営者側からすれば「会社の財産をとられてしまうと困る」という気持ちが強いことでしょうが、一方で、経営者と離婚する配偶者からすれば「会社にお金を逃がしているのではないか」と不満がつのり、争いとなります。 この点について、財産分与は夫婦間の公 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

車を財産分与する時の注意点!分け方と評価の方法【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚するとき、夫婦が車を購入していたときには、財産分与の対象となります。 車は、価値ある財産であり分与の対象となるのは当然ですが、その際の分け方や評価の方法には、車の特殊性を踏まえた注意が必要となります。 車は、他の財産分与の対象財産と異なり、夫婦の一方が実際に使用していることが多く、自動車ローンを組んでいたり名義変更が必要であったり、中古車として売買可能であったりなど、車特有のさまざまな問題が絡みます。 今回の解説では、 自動車が財産分与の対象となる理由 自動車の財産分 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

子ども名義の預貯金・学資保険は、財産分与の対象になりますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時の財産分与を考えるとき、「子ども名義の財産についてどのように分ければよいのでしょうか」というご相談をいただくことがあります。 子ども名義の財産と一言でいっても、子どものために貯めた預貯金であったり、子どもがお小遣いやお年玉を貯めたものであったり、もしくは、夫婦のお金だけれど将来のために子ども名義にしてあったりなど、さまざまな種類があります。一方、学資保険のように「子どものために使う」という用途が明らかなものもあります。 そして、子ども名義の財産を「財産分与のときどう ...

離婚・男女問題

2021/9/16

妻が別れてくれないときでも、早期に離婚する3つの方法【夫側】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫側(男性側)の立場から「妻が別れてくれない」という相談をよくお聞きします。そこで、離婚してくれない妻と、離婚をするための方法について、弁護士が解説していきます。 妻が別れてくれないときであっても、それでも離婚をしてもらうためには、まずは、妻側が「なぜ離婚をしたくないのか」「なぜ妻が別れてくれないのか」という理由を考え、その対策をしなければなりません。 妻側の、離婚したくない理由、別れたくない理由を解決できれば、離婚に応じてくれる可能性があるからです。また、民法に認められ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

別居時に持ち出した財産・預貯金は、財産分与の対象になりますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚に向けて家を出る配偶者が、他方の同意なく荷物を勝手に持ち出してしまうことがあります。また、荷物だけでなく、預貯金を勝手に引き出してしまうこともあります。 このような「別居時の荷物持ち出し」の問題は、最終的には、離婚時の財産分与のときに調整をすることが実務の通例です。 そのため、持ち出された側、引き出された側では「離婚時の財産分与で調整すべき」と主張することが重要です。あわせて、ケースに応じて、即座に返還請求する、損害賠償請求する、婚姻費用にて調整するといった主張が有効 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

円満調停とは?調停で夫婦関係を修復して復縁する方法・注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 円満調停は、夫婦の一方が離婚に向けて進もうとしているとき、円満な復縁を目指す側が話し合いを求めて行う家庭裁判所の手続きです。 円満調停は、離婚調停に比べて件数も少なく、一般の方にはなじみが薄いかもしれません。しかし、相手が離婚を求めるとき、連絡がとれなかったり居場所がわからなかったりして交渉がうまく進まないときに、打開策の1つとなる重要な手続きです。 「裁判所に調停を申し立ててしまうと、離婚するしかなくなってしまうのではないか」、「もう少し様子見したい」という気持ちが功を ...

離婚・男女問題

2021/9/16

DV冤罪、偽装DVをでっちあげられたときの対処法6つと予防策3つ

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 DV(家庭内暴力)の問題は年々深刻となり、社会問題化しています。2001年にDV防止法が制定され、被害者側に手厚い保護の必要性が叫ばれています。配偶者暴力相談支援センターによせられた配偶者からの暴力が関係する相談件数は、114,481件(平成30年統計)となり、年々増加しています。 DV(家庭内暴力)の相談件数が増加していることは、「暴力をふるってしまう人が増加した」という意味でとても深刻なことです。しかし一方で、本来であればDVとまではいえないような家庭内の不和が、DV ...

離婚・男女問題

2021/9/16

妻が家を出て行ったけど、離婚したくない!戻ってきてもらう方法は?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 妻が家を突然出て行ってしまったとき、「離婚したくない」と望む男性側(夫側)の立場で知っておくべき対応について解説します。 突然の別居をされると、あまりに突然の出来事で「寝耳に水だ」、「むしろ、自分は円満だと思っていた」と相談に来られる方もいます。このように、あなたに心当たりのないとき、思いもよらないことが妻が家を出る原因になっていたり、あなたの側に無神経な言動があったりといった可能性があるため、きちんと過去の言動を振り返らないと、交渉は難航してしまいます。 妻が家を出てし ...

離婚・男女問題

2021/9/16

男性側(父親側)が親権をとるために必ず知っておくべきポイント

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 男性側(父親側)が子どもの親権を獲得することは難しいのが実情であることは、よく知られています。特に、幼い子どもの場合、残念ながら女性側(母親側)が優先されるという判断が家庭裁判所ではとられています。 男性側(父親側)であっても子どもの成長を見守りたい、子どもに対して強い愛情があるというのは当然です。夫婦が離婚せざるを得なくなったとしても、子どもを失いたくないという思いが強いことでしょう。 「女性有利」といえども、なかには、虐待をする女性(母親)もいますし、妻の実家が子ども ...

離婚・男女問題

2021/9/16

不倫相手だけに慰謝料請求する時の注意点(離婚はせずに慰謝料請求)

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 不倫・浮気が発覚しても、子どものことや将来の生活を考えると、すぐには離婚できない夫婦も多くいます。 不倫・浮気の責任追及には慰謝料請求が一番ですが、離婚しないのであれば、配偶者に慰謝料請求する意味はあまり感じられない方が多いのではないでしょうか。 そこで重要となるのが「離婚をせず、不倫相手にだけ慰謝料請求をする」という方法です。不貞慰謝料の問題は、離婚するかしないかによって戦略が大きく変わるのです。 配偶者を許し夫婦として継続す ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚されそうな夫側の4つの注意点【男性側の離婚】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 今回は、男性側の目線から見て、「妻から離婚を切り出された」というタイミングでの適切な対応を解説します。「妻から離婚されそう」と感じたら、できるだけ早く対応してください。 男性側から離婚に関する法律相談をいただくとき、「男側の離婚は勝ち目がない」、「有利な離婚はあきらめたほうがよい」といった情報を鵜呑みにしておられる方も少なくありません。 しかし、本来、男女は平等なはずで、離婚だけが「女性有利」ということはありません。男性側(夫側 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚問題を弁護士に法律相談するとき、考えること一覧と5つのポイント

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 夫婦として長年生活をしていると、日常的な小さなことでも、さまざまな不満がたくさん出てきて、悩みはつきないものです。 「旦那は、外面は仲良し夫婦なのに、家の中では私にあたりちらしてばっかりのDV夫」 「小さなことで小言をいわれ、価値観、正確が根本的に合わない」 「結婚したときの気持ちを忘れてしまった」 「やさしさ、気遣いがなくなってしまった」 しかし、離婚問題について弁護士に法律相談するとき、思うがままにパートナーに対する不満、悪 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚裁判は自分でできる?本人訴訟の進め方、注意点とデメリット

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 離婚問題の争いは、まずは離婚協議による話し合いを行い、合意が成立しない場合には離婚調停、離婚裁判という順に進みます。 離婚協議は「話し合い」であり、当事者間で行う人も多くいます。離婚調停もまた、家庭裁判所で行われるとはいえ話し合いを前提とした手続きであり、当事者だけで対応する人も多くいます。 これに対して、離婚の裁判は、調停と同じく裁判所で行われるものの、裁判所の強制的な判断をもらうための制度であり、より厳格な手続きで運用される ...

離婚・男女問題

2021/9/16

オンラインで面会交流する方法・注意点と、弁護士に依頼するメリット

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 面会交流とは、離婚後、もしくは、離婚前であっても夫婦が別居しているときに、同居していない親が子どもと会って交流を深めることです。 夫婦の関係が破綻し、離婚せざるをえない事態となったとしても、親子関係はなくなりません。そのため、適切な面会交流を行うことは、子どもの心身の健全な発育にとって大切です。何よりも、子どもと長く離れてしまっている場合「少しでも早く会いたい」という気持ちが強いはずです。 しかし、「遠方の実家に別居した」など、夫婦が遠方に離れてしまったとき、面会交流でき ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与を「調停」で請求する方法と、有利に進めるための注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与について相手と争いがあり、話し合いでは解決できないときに利用する方法が、調停です。離婚時であれば離婚調停の中で行うことができますが、離婚後でも「財産分与請求調停」を起こすことにより、財産分与を請求できます。 夫婦が結婚期間中に築き上げた財産は、2分の1ずつを分与するのが原則ですから、相手が分与に反対する場合には、調停を申し立てて請求することが、財産分与で損しないために重要です。 調停であれば、調停委員がお互いの話を聞き、仲介してくれることで、当事者同士の話し合いよ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

同居中でも相手に婚姻費用を請求できる!方法と注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 別居中の夫婦は、収入の高いほうは収入の低いほうに、生活費として「婚姻費用」を支払わなければなりません。 別居中でも夫婦である以上は相互扶助義務があるからです。ましてや、同居中に生活費を分担すべきなのは当然ですが、同居中でも夫婦としての実態をなしていない「家庭内別居」の場合などには、同居中の生活費をもらえず苦しんでいる方もいます。 同居をしていれば、持ち家であったり家賃は相手が出してくれていたりなど、ただちに生活が困窮するほどではないとしても、やはり食費や光熱費、子どもの養 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与の範囲と評価の「基準時」とは?【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与を争うときに知っておくべき重要な問題として、「財産分与の基準時はいつか」という問題があります。 注意しなければならないのは、この「財産分与の基準時」ということには、2つの意味があるという点です。 ①財産分与の財産確定の基準時 「いつの時点の財産を分与の対象とするのか」という問題 ②財産分与の財産評価の基準時 「分与の対象となった財産について、いつの時点の価格を評価の基準とするのか(時期によって価値が変動する株式・不動産などの財産)」という問題 結論から申し上げると ...

離婚・男女問題

2021/9/16

養育費・婚姻費用の算定表が改正!増額請求できる?【2019年12月23日】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 養育費や婚姻費用を算定するときに、家庭裁判所の実務で重要視されている「養育費・婚姻費用算定表」が改正されました。 新しい養育費・婚姻費用算定表は、最高裁判所の司法研修所から2019年12月23日に発表され、同日より適用されることとなりました。 従来の算定表は、これによって算定される養育費、婚姻費用が実態を反映していない低額なのではないか、という批判の多いところでありました。これを受け、新算定表に改訂された後は、1万円~2万円程度 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停の第1回期日に出席後、途中から弁護士を依頼できる?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 別居した配偶者から突然離婚調停を申し立てられたとき、「すぐに弁護士に依頼すべきか」とお迷いになる方も多いことでしょう。「夫婦で話し合えば解決できたのに、なぜ調停を申し立ててきたのか」、「相手の弁護士の言い分には納得できず、不安だ」といった法律相談を多く受けます。 結論から申し上げると、離婚調停は本人だけでも可能で、必ずしも弁護士が同行するケースばかりではありません。まずは離婚調停の第1回期日に参加して相手の主張を聞き、方針を検討するということも可能です。 しかし、相手方配 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与の対象財産となる「共有財産」とは?【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 財産分与では、その対象となる財産とそうでない財産を区別することが必要となります。 財産分与の対象となる財産のことを、法律の専門用語で「共有財産」といいますが、この共有財産にあたる財産が多ければ多いほど分与額が高額になります。そのため、財産分与を請求する側ではできるだけ共有財産の範囲を広く解釈しようとし、財産分与を支払う側ではできるだけ共有財産の範囲を狭く解釈しようとします。 財産分与の対象となる共有財産であるかどうかを判別するためには、財産分与の基準時の問題(いつからいつ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚時の財産分与の種類【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時の財産分与は、その性質から3種類に分けることができます。 財産分与では、婚姻期間中に得られた財産を、夫婦間の公平の観点から清算するという性質をもつ「清算的財産分与」が最もよく争いになりますが、これ以外に、離婚後の困窮から救うための「扶養的財産分与」、離婚原因に対する責任の補償という意味を持つ「慰謝料的財産分与」というものがあります。 特に離婚調停、離婚訴訟などの裁判所において財産分与を争うときには、「どのような性質の財産分与が問題になっているのか」を意識して主張立証 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

不倫による離婚でも財産分与は必要!有利に解決する方法は?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚時に争点となる離婚条件の中でも、特に高額となる可能性のあるのが財産分与です。そのため、離婚時に財産分与を払う側で、かつ、相手に離婚の責任があると考えるとき「相手のせいで離婚をするのに、なぜ財産分与をしなければならないのか」と疑問に思い、相談に来られる方がいます。 また、逆側で、財産分与をもらう側でも、このような反論をされてしまったことで「不倫をしたから財産は分け与えないといわれたが、何ももらえないのでしょうか」という法律相談を受けることがあります。 結論から申し上げる ...

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

ご相談予約

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所