離婚・男女問題

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚調停・離婚協議中に「手紙」を出す方法と書き方の注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚調停、離婚協議はいずれも、「離婚をするかどうか」、「どのような条件で離婚をするか」についての夫婦の話し合いです。 離婚協議で直接当事者同士が話し合ってもうまくまとまらず、弁護士を介した協議や、裁判所における離婚調停に発展してしまったとき、自分にとって有利な条件での離婚へと進めていくためには、戦略的な考え方が必要となります。 その中で、離婚協議、離婚調停を進める最中に、相手方に対して「手紙」を出すことが戦略上有効となるケースがあります。このことは「有利な条件で離婚を進め ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚を求める相手が弁護士を依頼後は「直接交渉」できない?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚を求める相手が、弁護士を依頼して内容証明郵便などで離婚請求をしてきたとき、「直接本人と会って話をしたい」、「直接交渉すれば、分かってくれるはずだ」とご相談に来られる方がいます。 なかには、「つい先日まで仲良くやっていたはずなのに、弁護士がついたら突然言っていることが変わった」、「弁護士が黒幕で、けしかけているのではないか」と質問される方もいます。 しかし、弁護士が報酬などの「金目当て」で相手をけしかけて離婚請求させているとか、慰謝料請求させているといった可能性は極めて ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与の割合の「2分の1ルール」(原則)と修正の裁判例(例外)

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚のとき、婚姻期間中に協力して貯めた財産を分与する手続きが「財産分与」ですが、この財産分与の割合には「2分の1ルール」という有名な原則があります。 つまり、家庭裁判所の実務において、財産分与の割合は、夫婦共有財産を2分の1ずつ(半分ずつ)にする、という原則です。 一方でこの原則には例外があります。つまり、特殊な事情があるときには「2分の1ルール」が修正され、例外的に、2分の1より大きい(もしくは小さい)財産を分け与えるべきとされる場合があるということです。財産分与につい ...

離婚・男女問題

2021/9/16

家庭内別居から離婚するときに知っておきたい注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 「家庭内別居が長期間続いていますが、離婚を認めてもらうことはできますか」という法律相談を受けることが多くあります。 しかし、この質問は、家庭内別居についての認識が誤っているといわざるをえません。 家庭裁判所の実務では、家庭内別居は、実際に別居をする場合に比べてとても軽視されています。夫婦間では「すでに破綻している」と思っていても、家庭内別居がどれほど長くても「十分な別居期間があり、夫婦関係が破綻している」とは到底認められないケースが多いです。 とはいえ一方で、子どもの養育 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

妻から逆DV・逆モラハラを受けたら離婚できる?解決方法は?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 DV(家庭内暴力)と聞くと「夫が妻に対してふるう暴力・暴言」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし「妻から夫に対する暴力・暴言」もまた、DV・モラハラの問題となります。 妻から夫に対する暴力・暴言は、一般的なDV・モラハラのイメージとは「逆」であるという意味で「逆DV」「逆モラハラ」と呼ばれることがあります。 妻から夫に対する暴力・暴言は、殴る、蹴る、物を投げるといった物理的なものだけでなく、精神的なモラハラ、小遣い制にして生活費を渡さないことによる経済 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚の相手が依頼した弁護士から連絡が来たときの5つの対応方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 「離婚の相手が依頼した弁護士から連絡が来たときの対応方法」について、知っておいていただきたい5つのポイントを解説します。 離婚問題について夫婦間で争いが起こると、夫婦が既に別居を開始しているときには、突然手紙や電話が相手から来ることとなります。 特に、相手方配偶者が弁護士に依頼しているときには、突然弁護士から連絡が来ることとなり、驚くことでしょう。弁護士からの連絡は、一般の方には見慣れない「内容証明郵便」という特殊な郵便形式で届 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

子の引渡しの強制執行に関する民事執行法改正【2020年4月施行】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚を巡る問題の中で、特に激しい争いとなるのが、子どもを巡る問題です。子どもはかけがえのない存在であり、お金の問題に換えて解決することはできないためです。 離婚協議や離婚調停、離婚訴訟などで親権者、監護権者が決まった後も、相手が子どもの引渡しに協力しないときには、子どもを強制的に引き渡すよう命じる手続きに明確なルールがないことが、これまで問題視されてきました。 というのも、特に、子どもが幼い場合には親なしでの判断ができず、親なしでは行動ができない、その一方で子どもにも感情 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚が認められるために必要な別居期間は何年?短期間で離婚する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚を決意したとしても、別居した状態でなかなか話し合いが前に進まないと、「何年別居をして交渉をすれば離婚ができるのだろう」、「できるだけ早く離婚したい」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。 特に、自分側が不倫・浮気をしてしまったという、いわゆる「有責配偶者」の場合には、相手が離婚に同意をしてくれないと強制的に離婚を認めてもらうのが難しく、裁判の実務上、相当長期間の別居期間を経ないと離婚を認めてもらえません。 結論から申し上げると、離婚原因やその責任など、その他の事情 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

子どもを連れ去られて別居されたとき、取り戻すための法的な方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 「子どもを連れ去られてしまった」という問題はとても緊急性の高い問題であり、即座の対応が必要です。とはいえ、「すぐに押しかけて連れ去りし返そう」という対応は適切ではありません。 重要なことは、法的に認められた正しい手続きを利用することです。そのため、スピーディに家庭裁判所を活用して子どもを取り戻す努力をしなければなりません。 子どもの連れ去り問題は、夫であっても妻であってもご相談いただく深刻な問題です。当事務所では、「子どもを連れ去られてしまった」と主張する側のサポートはも ...

離婚・男女問題

2021/9/16

子どもを連れて別居するときに知っておきたい注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦の関係が悪化し、離婚に向けて別居をするとき、「子どもを連れて出たほうがよいのか」という不安についてご相談を受けることがよくあります。 特に、妻側(女性側)で子どもが幼いとき、育児の観点から「大切な子どもを必ず連れて出たい」という希望が強いかと思います。将来の離婚のとき、親権を勝ち取るためにも、子どもを連れて出る、いわゆる「子連れ別居」がおすすめです。 しかし、別居をされて残される配偶者の側もまた、子どもに対して愛情があるのは当然であり、子どもを連れて別居をするときには ...

離婚・男女問題

2021/9/16

別居後に自宅へ立入るときの法的な注意点と、残した荷物の引き取り方

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦関係がうまくいかず、離婚を決意して別居を開始した後であっても、「同居していた自宅に少しだけ戻りたい」というときがあります。これが「別居後の自宅への立ち入り」あるいは「別居後の荷物の引き取り」という問題です。 「別居した後すぐに家を売却してしまう」という例外的なケースを除き、あなたが家を出る形で別居をした場合には、同居した家にはまだ配偶者(パートナー)が住み続けています。そのため「少しだけ」という気持ちであっても、自宅に戻れば残してきた相手と鉢合わせしてしまう危険があり ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚前に別居するとき「住民票を移すべき」である理由と注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚に向けて別居をする方からよくある法律相談に「住民票を移動させてもよいのか」という質問があります。今回はこちらの質問に回答していきます。 結論からいうと「離婚に向けた別居であれば、住民票は移しておくべきである」と考えます。ただし、離婚の決意の強さや、DV・モラハラの危険性なども考慮にいれて、最終的にはケースに応じた判断が必要です。 「離婚に向けた別居」という特殊な状況では、必ずしも住民票を移動しなければならないわけではなく、複数の判断基準で、総合的に検討しなければなりま ...

離婚・男女問題

2021/9/16

別居中の生活費を請求する方法と、婚姻費用の相場【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦生活をこれ以上つづける自信がなくなり別居をしたいと考えるに至っても、「別居中の生活費」が不安で別居に踏み切ることができないとお悩みの方は多くいます。 特に「妻は専業主婦として家事をしており、夫の収入で生活をしていた」という家族の場合、妻側が「別居中の生活費がなくなってしまう」という経済的な理由で、離婚をあきらめて同居をせざるをえない状況にあることも少なくありません。 しかし、「別居中の生活費が得られない」という理由だけで、夫婦がすでに破綻しているにもかかわらず同居を続 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

「別居時の荷物の持ち出し」に関する妻側のポイント【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 本解説は、離婚を考えて、離婚前に別居をしようとしている女性側(妻側)の方に向けた解説です。 離婚に向けて話し合いを行うためには一定の期間を必要とします。夫婦関係がすでに破綻していると、同居をしながら当事者間で話し合いを円滑に進めることは困難なことも少なくありません。特に、離婚理由が夫側のDV・モラハラにある場合には、同居しながらの話し合いは大きな危険をともないます。 このように、離婚原因について相手に非があるとき、離婚に向けた別居を大至急進めなければならず、「荷物の持ち出 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

別居の合意書とは?別居時に合意書が必要なケースと条項例【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚に向けた別居を検討しているとき、「別居の合意書」、「別居の契約書」、「別居時合意書」などの用語を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。 離婚に向けて別居をするとき、不倫・浮気、DV・モラハラなど、相手の非が原因で家をでていくときには、そのことを証明するための合意書を作成、締結しておくべきケースがあります。別居時の生活費(婚姻費用)を確保したいときにも、合意書を作成して別居をする方法は有効です。 そこで今回は、不倫・浮気、DV・モラハラなどが原因で離婚や別居を ...

離婚・男女問題

2021/9/16

先に自分から別居すると、離婚で不利になる?【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 相手方配偶者(夫または妻)からのモラハラやDV(家庭内暴力)、ネグレクトなどに耐え切れず、同居の継続が難しいとき、「別居」を考えることになります。 離婚協議を開始したり、離婚調停、離婚訴訟を起こすときにも、よりスムーズに事を進めるためには、別居をしておくことにメリットがあるケースも多いものです。 しかし、夫婦には法律上「同居義務」があることがよく知られています。そのため「先に自分から別居を進めてしまうと、離婚をするときに不利になってしまうのではないですか?」という質問を、 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

モラハラは証拠が重要!モラハラの証拠の集め方と離婚までの流れ

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 モラハラの被害を受け、「もうこれ以上我慢できない」というとき、離婚を考える方が多いのではないでしょうか。モラハラ被害で精神的苦痛を負ったときには、離婚とあわせて慰謝料請求も行うこととなります。 典型的なモラハラとして暴言、嫌がらせ、無視などがありますが、暴力や不倫などの離婚理由に比べて、残念ながら証拠が残りづらいです。モラハラは口頭のやりとりだけで終わってしまうなど形に残りづらいため、事後的にモラハラの責任追及をしても「やっていない」、「そんなことは言ってない」、「そうい ...

離婚・男女問題

2021/9/16

モラハラ・DVによる離婚で別居するとき、おすすめの別居先はどこか

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 モラハラ・DV(家庭内暴力)の激しい被害にあってしまったとき、離婚するにはさまざまな問題が山積みかもしれませんが、まずは「別居」を最優先に考えなければなりません。強度かつ悪質なモラハラ・DVに対して、自分の身を守ることが大切だからです。 モラハラ・DVの被害を受け、通常の精神状態ではないかもしれませんが、別居するにあたっては「どこに別居するのが最適か」という点について慎重に検討する必要があります。 実家、友人宅、新しいマンションを借りる、シェルターなど、考えられる別居先は ...

離婚・男女問題

2021/9/16

財産分与において夫婦共有の財産を調べる方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚をするときには「お金」の問題が非常に重要となります。夫婦間の「お金」についての離婚条件がまとまらないかぎり、スムーズに離婚することは困難であるといってよいでしょう。 「お金」の問題の中でも、特に高額になりやすく、離婚の争いを激化させやすいのが「財産分与」です。財産分与では、夫婦で築いた財産を「2分の1」ずつ分配するという、いわゆる「2分の1ルール」が原則ですが、公平な分配のための事前準備として、「夫婦の間にどれくらいの財産があるか」や、「パートナーがどの程度の収入を得 ...

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

ご相談予約

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所