ご相談予約をお待ちしております。

男性側(父親側)が親権をとるために必ず知っておくべきポイント

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

男性側(父親側)が子どもの親権を獲得することは難しいのが実情であることは、よく知られています。特に、幼い子どもの場合、残念ながら女性側(母親側)が優先されるという判断が家庭裁判所ではとられています。

男性側(父親側)であっても子どもの成長を見守りたい、子どもに対して強い愛情があるというのは当然です。夫婦が離婚せざるを得なくなったとしても、子どもを失いたくないという思いが強いことでしょう。

「女性有利」といえども、なかには、虐待をする女性(母親)もいますし、妻の実家が子どもに悪影響を与えるような家庭であることもあります。あきらめなければ、できることは多くあります。後悔しないためにも、今回の解説を参考にしてみてください。

そこで、不利な状況でも親権をあきらめたくない男性側(父親側)に向けて、

そこで今回は、

  • 男性側(父親側)でも親権を獲得するためにできる努力
  • 親権と監護権を分け、監護権を勝ち取る方法
  • 面会交流についての有利な解決

といった離婚と子どもの問題を、男性側の立場から、離婚問題を多く取り扱う弁護士が解説します。

あわせて読みたい
男性側の離婚について知っておきたい全知識【弁護士解説】 男性側(夫側)で離婚問題を進めるとき、「女性側のほうが有利ではないか」、「妻の言い分が優遇されているのではないか」と感じることは珍しくありません。 本来、法律...
目次(クリックで移動)

解説の執筆者

弁護士 浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士。

弁護士(第一東京弁護士会所属、登録番号44844)。
東京大学法学部卒、東京大学法科大学院修了。

\相談ご予約受付中です/

男性側(父親側)の親権とは

はじめに、残念ながら、男性側(父親側)の立場で、親権を勝ち取るということはとても厳しい戦いを強いられる、ということはご理解ください。

その上で、男性側(父親側)の親権にどのような問題があるか、基礎知識から説明していきます。

親権とは

親権とは、未成年の子どもを監護、養育し、子どもの財産を管理するといった目的のため、両親がもっている権利と義務のことです。親権には次のような内容が含まれます。

  • 子どもの監護・養育をする権利
  • 子どもの住む場所を決める権利
  • 子どもの代理になって契約を交わす権利

両親が結婚している間は、親権は共同で行使することとなっています。これを「共同親権」といいます。そして、夫婦が離婚をするときは「いずれの親が親権者となるか」を定めなければなりません。

親権者を定めなければ離婚できないのは、そのようにしなければ子どもの保護に欠けるからです。具体的には、協議離婚のときに提出する離婚届には「親権者」の欄があり、その欄を埋めなければ受理してもらえません。そして、離婚後は、戸籍に親権者が記載されます。

親権者でなくなった場合でも、親子関係がなくなるわけではありません。そのため、扶養義務はなくならないため、親権者でなくても養育費を支払い続けることが必要です。

親子関係がなくならないことにより、逆に、将来年老いて介護が必要となった際などには、子どもが親を扶養する義務が生じます。

監護権とは

監護権とは、親権の内容の一部であり、子どもの監護・養育をする権利の部分を指します。そのため、監護権を有する親が、子どもと一緒に生活をすることとなります。

このように、親権・監護権が争いになるときには「子どもと一緒に生活したい」と思って争う人が多いでしょうから、その主たる争点は親権というよりはむしろ監護権ということになるでしょう。

以上のことから、男性側で「親権を獲得することが困難だ」というケースで、「親権と監護権を分け、いずれか一方の獲得を目指す」という方法が考えられるのです。このような「親権と監護権を分ける方法」については後述します。

参考解説

男性側(父親側)の親権獲得が難しい理由

男性側の親権獲得が難しい理由は、家庭裁判所が、子どもの問題については全て子どもの立場を尊重して考えているからです。

このようにいうと、「母も父も子どもに愛情があるはずだ」という反論があるかもしれません。しかし家庭裁判所では「父親と母親、どちらのもとで育つほうが、子どもにとって良い養育環境か」という観点から親権・監護権の判断をします。

この観点からすると、女性優先となる次の2つの点が、女性側(母親側)に有利に働く理由となります。

  • 母親優先のルール
    特に子どもが幼い場合には、母親が子育てをするほうがよいという考え方に基づき、女性側(母親側)が親権・監護権に有利にはたらきます。
  • 現状維持のルール
    現状の養育環境に問題がないときには子どもの環境をできるだけ変更しないほうがよいという考え方があります。同居中、主に女性側(母親側)が子どもの監護・教育を行っているとき、このようなことが女性側(母親側)に有利にはたらきます。

男性側(父親側)が親権を獲得するための方法

次に、男性側(父親側)で、不利な状況であるとはいえ、親権を獲得するための具体的な方法について解説します。

親権・監護権を争うために男性側(父親側)ですべき努力は、さきほど解説した「なぜ女性側(母親側)が有利なのか」という点を踏まえ、これらの理由を相殺する方向で行っていくべきです。

同居中の育児をしっかり行う

家庭裁判所が「子どもの立場」を優先して考えると解説しました。従前から子どもの養育をきちんとしてきた親に対して、「離婚後も子どもにとって良い養育環境を準備してくれるはずだ」と考えます。

多くの家庭では、男性(父親)より女性(母親)のほうが育児を担当することが多いため、このような考え方から母親を親権者と判断するわけです。

しかし昨今は「イクメン」が流行したように、男性といえど育児を担当することは少なくありません。まして、親権・監護権を得たいと考えるのであれば、同居中の育児をしっかりと行うことは必須です。

子育てに積極的であることは、男性側(父親側)において親権・監護権について有利な事情となります。

「育児」と一言でいってもやるべきことは多くあります。楽しいこともあれば、おむつ替えや夜泣き対応など、正直期の進まないこともあるはずです。

「子どもとよく遊んでいた」というだけでは育児をしていることにはならない点には注意が必要です。

子どもの連れ去りを防止する

離婚に向けて妻が別居をするとき「子どもを連れて家を出る」という方法がよくとられます。男性側(父親側)からすると、ある日突然子どもがいなくなってしまい強い喪失感を覚えることとなります。

先ほど解説したとおり「現状の養育環境を優先する」という家庭裁判所の実務からして、子どもを連れて妻に別居されてしまうと、男性側(父親側)が親権・監護権を勝ち取るという解決はますます遠くなります。そして更に女性側(母親側)が養育実績を積み重ね、その立場を確固たるものとします。

親権・監護権を得たいと思うのであれば、離婚に向けて協議を開始する際にも、DV・モラハラなどの事態は避け、できる限り子どもと同居しつづけ、育児への貢献を続けることが重要です。

なお、円満な状況から子どもを連れ去られてしまった場合には、監護者指定・子の引渡しの審判(及び審判前の保全処分)による法的手続きが有効なケースがあります。

参考解説

離婚前の別居中も子どもと面会交流をする

親権・監護権について争いのある離婚問題は、長期化する傾向にあります。お金の問題であれば一方が多少譲歩できそうでも、子どもの問題については譲歩できないためです。親権がほしいのは、女性側(母親側)も同じです。

そのため、別居して離婚の話し合いを続けていると「子どもに長い期間会っていない」という事例もありますが、このようなことでは男性側(父親側)の親権・監護権は難しいと言わざるを得ません。

親権・監護権に争いがあるケースでは、離婚協議だけではまとまらず、離婚調停、離婚訴訟に発展することが多いです。このように長期間かかる場合には、離婚前であっても必ず面会交流を求め、子どもとの交流を絶やさないようにしてください。

離婚条件として面会交流を争うことがありますが、離婚前の別居中でも、面会交流調停を申立てて面会交流を求めることができます。

離婚後の養育環境を整備する

男性側(父親側)で親権・監護権を主張する場合には、女性側(母親側)にも増して養育環境の整備が重要です。特に「日中は会社にいって、家にはいない」というときには、子どもの危機にも対応できることをアピールするため、実家の両親などの協力が必要となります。

女性側(母親側)が育てたところで片親になるのは同じであり、養育費があるとはいえ仕事をしなければならないかもしれません。このように考えると、より実家の協力が得られる方が有利な事情が多いといえます。

よく「女性側(母親側)は専業主婦で無収入なので、子どもの養育に困るのではないか」という不安を相談してくる方もいます。しかし、「収入がない」ということは、「養育環境が劣悪だ」という判断にはつながりません。

収入が乏しいことは養育費の支払いによって補うべきことであり、親権・監護権を失う事情としては考慮されないからです。このことは、養育費・婚姻費用算定表が、子どもの人数・年齢とともに、夫婦の収入差によって養育費の金額を変更していることからもわかります。

女性側(母親側)の養育環境の問題点を指摘する

最後に、自分側のプラス要素を積み重ねるのではなく、相手側のマイナス要素を指摘する方法も有効です。それが、女性側(母親側)の養育環境に問題があることを指摘する方法です。妻に落ち度があるケースで有効です。

親権・監護権が欲しいのは女性側(母親側)も同様であることは当然としても、たとえば妻がDVをしていたり、強度のモラハラ気質であったり、子どもへの虐待をしていたといった場合には、これらの事情を証拠によって証明することが男性側(父親側)にとって極めて有利にはたらきます。

子どもの前で夫に対してDV・モラハラを繰り返す態度もまた、子どもの健全な発育にとって悪影響です。

これらの事情を家庭裁判所に認めてもらうためには、録音・録画などの客観的証拠をとる努力をすべきであり、そのため、同居中からの準備が重要です。

あまりにひどい虐待などの事例では、男性側(父親側)から子どもを連れて別居をすべき事例もあります。このようなケースでは「自分の持ち家なのに、その後どうしたらよいのか」といった些細なことは気にしてはいけません。

参考解説

親権を得られないときの、その他の解決策

ここまでの努力をしっかりと行っても、やはり男性側(父親側)にとって親権・監護権が得られないことがあります。

離婚調停、離婚訴訟などで戦っていく中で、親権・監護権を得られない可能性が濃厚となった場合に、考えておくべきその他の解決策について最後に解説します。

離婚に応じず復縁を目指す

解決策の1つとして、「子どもと離れてしまうくらいなら、離婚しない」という方法があります。つまり、妻側から離婚請求をされているときには、離婚に応じないという対応を続けるということです。

離婚を求める側の方法としては、離婚協議で話し合い、合意が難しいときは離婚調停、離婚訴訟と進んでいきます。あなたがどうしても離婚に応じないのであれば、このような戦いにはとても時間がかかり、かつ、費用(裁判費用と弁護士費用)がかかります。

別居中の生活費として婚姻費用がもらえるとしても、妻側がこの戦いを最後まで完遂できるだけの気力を持ち、費用を捻出し続けられるとは限りません。離婚の争いが長期化すれば、その中で弁護士を通じた手紙により反省と改善策を伝えるといった方法で復縁を狙うケースもあります。

参考解説

親権と監護権を分け、監護権を主張する

前章で解説したとおり、親権は子どもを監護・養育する権利である監護権を中心としながら、その他に、子どもの代わりに契約を締結する権利などを含みます。この点で、争いとなるケースの中には、親権と監護権を分けて、夫婦で分かち合う、という解決策が提案されることがあります。

このように親権者と監護権者が別になる場合には、監護権者が子どもと一緒に生活し、親権者は、子どもの代わりに契約などの法的行為を行う権利を持つことになります。この権利を、法律の専門用語で「法定代理権」と呼びます。

親権と監護権を分ける対応は、夫婦平等に見えて一見良い解決に見えます。しかし、親権者と監護権者の意見が対立したときに、子どもにとって重要な決定ができなかったり、意思決定が遅れたりしてしまうおそれがあります。

そのため、親権と監護権を分離する方法をとることには、家庭裁判所も消極的になるのが実際です。

参考解説

面会交流を求める方法

3つ目の方法が、親権・監護権をあきらめ、面会交流について有利な解決を求めるという方法です。

「親権を取得できなければ、子どもとの関係が絶たれてしまうのではないか」という誤った考えのもとに親権・監護権に固執しているのであれば、親権・監護権を得なくても子どもに会えるということを知っておくべきです。むしろ、面会交流の頻度・回数、面会交流の方法などについて有利な解決とすることにより、目的が果たせることも少なくありません。

面会交流を頻繁に行えば、女性側(母親側)の育児に将来問題が出てきたときにすぐ気付くことができます。例えば女性側(母親側)に虐待が疑われるようなケースでは、離婚後であっても親権者変更調停を申し立てることができます。

子どもの教育、進学先や進路、学費、習い事といったお金にも関わる重大なことについて希望がある場合には、離婚の協議の中で話し合い、離婚協議書や調停調書に決めごととして記載してもらう方法が有効です。

養育費を支払う以上、また、子どもに対する愛情があるのですから、このような要求をすることは自然であり、当然のことです。

離婚と子どもの問題は浅野総合法律事務所にお任せください!

親権・監護権を争うような離婚のケースでは、子どもの問題についてお互いに引かないため、紛争は激化します。男性側(父親側)で不利な状況から戦う場合には、相当な気力が必要となります。

女性側(母親側)でも、実家に協力を頼んで養育環境を整備するなどの努力は当然してくるでしょうから、これに対抗しなければなりません。当然、離婚成立までには長期間かかることとなりますが、あきらめなければすべきことは多くあります。。

このような困難かつ精神的ストレスの大きい戦いについて、自分1人で戦うには限界があります。子どもの問題が争いとなるケースこそ、弁護士に依頼するメリットの大きい事例といえます。

離婚と子どもの問題にお悩みの方は、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

あわせて読みたい
男性側の離婚について知っておきたい全知識【弁護士解説】 男性側(夫側)で離婚問題を進めるとき、「女性側のほうが有利ではないか」、「妻の言い分が優遇されているのではないか」と感じることは珍しくありません。 本来、法律...
目次(クリックで移動)
閉じる