逆DV・逆モラハラを受けたら離婚できる?解決方法は?

DV(家庭内暴力)と聞くと、「夫が妻に対してふるう暴力・暴言」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし、「妻から夫に対する暴力・暴言」についても、DV、モラハラとして問題化しています。

一般的なDV・モラハラのイメージとは「逆」であるという意味で「逆DV」、「逆モラハラ」と呼ぶことがあります。

妻から夫に対する暴力・暴言は、殴る、蹴る、物を投げるといった物理的なものだけでなく、精神的なモラハラ、小遣い制にして生活費を渡さないことによる経済的なDV・モラハラや、性行為の強要といったものまで、種類はさまざまです。

そこで今回は、妻から夫に対する「逆DV」、「逆モラハラ」の解決方法と、離婚をする方法について、離婚問題を多く取り扱う弁護士が解説します。

1. 逆DV、逆モラハラとは?

逆DV、逆モラハラは、妻が夫に対して行う暴力、暴言などのDV、モラハラ行為のことです。「DV」とは「ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)」の略称です。

身体的には男性のほうが女性よりも強いことが多いですが、だからといって、DVやモラハラが、夫(男性)を加害者、妻(女性)を被害者としているケースだけとは限りません。

一般的なDVの典型的イメージは、「夫が妻を殴る」といった家庭内暴力のケースであることから、それとは真逆であるため「逆DV」、「逆モラハラ」と呼びます。

1.1. よくある逆DV、逆モラハラの例

暴力、暴言の種類は、殴る、蹴る、物を投げるといった身体的暴力はもちろんのこと、精神的暴力、性的暴力もまた、逆DV、逆モラハラには含まれています。

無視したり、夫婦としてのコミュニケーションをとらなかったり、小遣いを与えなかったりといったものも、逆モラハラになることがあります。束縛し、友人に合わせなかったり仕事を妨害したりする社会的暴力も、逆モラハラの一種です。

特に妻から夫に行われやすい逆DV、逆モラハラの例には、身体的暴力には及ばず、罵声、誹謗中傷、侮辱といった行為により精神的ダメージを日常的に与え続ける行為や、性行為を強要したりといったケースがよくあります。

1.2. 男性側が「被害者」になることがある?

一般的に、男性のほうが女性よりも肉体的に強く、「女性から暴力を振るわれても、男性にはダメージはないのではないか。」と考える方もいます。

しかし、逆DVで想定される暴力は、単純に殴る、蹴るといったものだけではなく、物を投げつけたり、包丁を振り回したりといった暴力も含まれるものであって、女性だからといって男性に危害を加えられないとはいえません。

このように程度、態様、頻度の酷い、悪質な暴力の場合、たとえ体格の良い男性であっても「被害者」側の立場となることがあるのです。

更には、逆DV、逆モラハラが日常的に繰り返されると、一回の肉体的なダメージはそれほど大きくなくても、精神的ダメージ、ストレスの積み重なりがとても大きくなります。

1.3. 逆DV、逆モラハラは相談しづらい?

逆DV、逆モラハラの被害者となってしまった夫の中には「男なのに情けない。」と、逆に引け目を感じて相談に来なくなってしまう方もいます。

男性としてのプライドが、逆DV、逆モラハラを受けていると打ち明けづらくするのです。日頃から、妻から「役立たず」、「甲斐性無し」と誹謗中傷を酷く受けていると、ますます他人には言い出しづらいものです。

自分が妻よりも体格が良いことから、逆DV、逆モラハラを受けているという相談をしても、真に受けてもらえないのではないか、裁判所にも信じてもらえないのではないか、と不安に思う夫も多いです。

しかし、世間一般に見ても、逆DV、逆モラハラの被害は急増しており、悩んでいるのは決して自分だけではないことを理解してください。女性が加害者、男性が被害者となる暴力、暴言は、もはや全く珍しいものではありません。

2. 逆DV、逆モラハラの種類

逆DV、逆モラハラは、「男は強くあるべき、女は家庭を守るべき」といった、古い慣習、考え方の変化によって発生したものです。

新しい考え方であるからこそ、逆DV、逆モラハラは、被害に遭っている夫自身であっても、DV、モラハラ被害にあっているとは気付きづらいものです。「恐妻家」とDV、モラハラの区別を明確につけることも、とても難しいです。

そこで、逆DV、逆モラハラにどのような種類があるのかについて、弁護士が解説します。

2.1. 身体的な逆DV、逆モラハラ

逆DV、逆モラハラの1つ目が、身体的な暴力、暴行によるものです。

殴る、蹴るといった暴行だけでなく、女性の場合には一般的に男性よりも非力であることから、物を投げつけたり、包丁を振り回したりといった道具を使用した逆DV、逆モラハラの例が多いです。

夫婦喧嘩の際に、ひっかく、かきむしる、叩くといった行為も、女性の力だからといって馬鹿にできません。継続的に執拗に行われた場合には、精神的ダメージの被害の大きさも無視できません。

2.2. 精神的な逆DV、逆モラハラ

逆DV、逆モラハラの2つ目は、精神的なダメージを増幅させる問題行為です。

夫の仕事を馬鹿にしたり、収入が少ないことを馬鹿にしたり、他の男性と比べて劣ることを指摘して、プライドを傷つける行為が、精神的な逆DV、逆モラハラの典型例です。

「稼ぎの少ないくせに文句を言うな。」と罵られても我慢をしてしまう夫は多くいます。特に、このような精神的な逆DV、逆モラハラの発言を子どもの前で行うことで、夫としての威厳を失わせ、家に居づらくさせることで被害が更に拡大します。

2.3. 経済的な逆DV、逆モラハラ

逆DV、逆モラハラの3つ目は、経済的な虐待行為です。

将来の貯金のためや、子の教育資金のために「小遣い制」としている家庭は多くありますが、必要な金銭すら与えられず、昼食代にすら事欠くほどの状況となると、経済的な逆DV、逆モラハラであるといえます。

中には、必要な服すら買い揃えてもらえず、穴の開いた下着や靴下を着用し続ける、逆DV、逆モラハラの被害者もいます。

2.4. 性的な逆DV、逆モラハラ

逆DV、逆モラハラの4つ目が、性的な虐待行為です。

性行為を強要することは、DV、モラハラと評価されますが、このことは、夫から妻に対する強要行為だけではなく、妻から夫に対する強要行為にもあてはまります。

仕事が終わり、夜遅くに疲れて帰ってきても、毎日のように性行為を強制されることは、逆DV、逆モラハラと考えてよいでしょう。

3. 逆DV、逆モラハラを理由に離婚する方法

逆DV、逆モラハラを理由に、妻との離婚を考える夫側の立場としては、重要なことは、逆DVや逆モラハラが、民法に定められた法律上の離婚原因に当たるかどうか、という点です。

逆DV、逆モラハラを受けると、離婚したくなるのは当然で、離婚の理由となるのは当然ですが、夫婦関係は民法による強い保護を受けることから、法律上の離婚原因がなければ、相手(妻)の同意なく一方的に離婚することはできないからです。

法律上の離婚原因とは、民法で定められた、裁判所が離婚裁判において判決によって離婚を認めてくれるための要件のことです。民法に定められた離婚原因は、次の5つです。

  • 配偶者に不貞な行為があったとき。
  • 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  • 配偶者の強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

3.1. 逆DVは離婚原因にあたる?

逆DV(家庭内暴力)の場合には、既に身体的暴力が行われているケースであれば、民法上の離婚原因に当たると考えられます。

具体的には、「配偶者から悪意で遺棄されたとき」、もしくは「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当します。

そのため、逆DVが証拠によって立証できれば、離婚訴訟において妻の同意がなくても一方的に離婚を勝ち取ることができます。裁判になれば離婚ができるということは、その前段階である離婚協議、離婚調停においても、逆DVの明らかな証拠を提示することによって、離婚の同意を得やすくなります。

ただし、夫側からも妻側に対して暴力、暴言を行っているケースでは、男性のほうが女性よりも肉体的に強いことが多いことから、妻も暴力をふるっていたとしても離婚原因として裁判所に認めてもらえないおそれがあります。

3.2. 逆モラハラは離婚原因にあたる?

これに対して、身体的暴力にまでは至っておらず、罵声、罵倒、誹謗中傷などの手段による「逆モラハラ」や、性的行為の強要といったケースでは、離婚原因にあたるかどうかについて、慎重な判断が必要となります。

逆モラハラのケースでは、離婚訴訟において離婚を勝ち取ることができるかどうかは、逆モラハラの程度や回数、頻度に左右されるからです。

逆モラハラを受けている夫側の立場で、妻との離婚を進めたいときは、精神的暴力、性的暴力の起こった証拠、これによって精神的ダメージを負った証拠を確保しておく必要があります。

特に、逆モラハラは、家庭内において突然起こるものであることから、録画、録音など、客観的証拠を入手する準備を常日頃から行っておいてください。

3.3. 逆DV・逆モラハラの証拠とは?

逆DV、逆モラハラの被害にあい苦しんでいる場合でも、裁判所に離婚を求めるためには、証拠が必要となります。

逆DV、逆モラハラを受け、これによって精神的苦痛を被っていることを証明するために考えられる証拠としては、次のようなものがあります。

  • 医師の診断書・カルテ
  • 怪我をした部位の写真
  • 110番通報の出動記録
  • 暴行や暴言の録音、録画
  • 目撃者の証言・陳述書
  • 相手方が逆DV、逆モラハラを行ったことを認める合意書・誓約書・反省文等

逆DV、逆モラハラを行う加害者側では、時間がたつと忘れてしまったり、一時的な感情で暴力をふるっても、怒りが過ぎ去ると優しくなったりするケースがあります。そのため、逆DV、逆モラハラを裁判においても主張し、裁判官に信じてもらうためには、証拠取集は被害者側で行わなければなりません。

3.4. 逆DV・逆モラハラと離婚の切り出し方

逆DV、逆モラハラを理由に離婚を切り出すときには、早めに同居を中止し、別居を開始することをお勧めします。物理的な距離を離すことによって、逆DV、逆モラハラの被害から守ることができるからです。

逆DV、逆モラハラを理由に別居をする際には、事前に両親や親族、友人などに相談をし、理解を得ておくことがお勧めです。

突然別居を開始した結果、逆DV、逆モラハラの加害者である妻が、夫の両親に相談し、別居の原因が夫側にあるという妻の主張に誰しもが納得してしまったケースがあるからです。妻側が離婚を求めるとき、自分に不利なことを隠して周囲に相談する傾向にあります。

特に、逆DV、逆モラハラは、夫から妻に対するDV、モラハラよりも周囲に理解してもらいづらい面があります。事前に、かつ、頻繁に相談しておくことにより、このような事態を避ける効果があります。

別居をする際には、別居後には収集の難しい逆DV、逆モラハラの客観的証拠を、事前に収集しておくことに注意してください。

3.5. 男性側から離婚を切り出すと不利?

「男性側から離婚を切り出すと不利になる。」と誤解して相談できない方も多いですが、実際にはそのようなことはありません。

男性側が離婚を切り出して不利になるケースは、例えば男性側が不倫をしたりDV(家庭内暴力)を行っていたりと、男性側に離婚原因があるケースです。一般的に、夫から妻に対する不倫被害、暴力被害のほうが数として多いため、「男性側から離婚を切り出すと不利になる。」という誤解が広まっているのです。

これに対して、逆DV、逆モラハラが離婚原因となる場合には、妻側に離婚原因の責任があるわけですから、男性側から離婚を切り出したとしても、それだけで夫側が不利になることはありません。

ただし、実際の離婚条件は、慰謝料、親権・監護権、面会交流、養育費、財産分与などが複雑に絡み合うため、納得いく条件で離婚するためにも、事前に専門家である弁護士にご相談ください。

4. 逆DV、逆モラハラを改善し、夫婦生活を継続する方法

逆DV、逆モラハラの被害にあってしまっても、なんとか改善し、夫婦生活を継続したいと考える夫も多いです。

逆DV、逆モラハラの程度が軽度であったり、初めての暴行、暴言であったようなケースでは、真剣に話し合いを行い、夫婦間の調整によって解決することのできる例もあります。

しかし一方で、逆DV、逆モラハラの程度が悪質であったり、頻度高く繰り返される執拗な暴力であったりするケースでは、話し合いの際には「もうやらない」と誓約したとしても、一定期間経つと繰り返し逆DV、逆モラハラを行うようになるケースも多いため、夫婦生活を継続するときは、特に慎重な注意が必要となります。

4.1. 離婚の決断ができない場合の別居

「一時的なストレスが原因だから、男の自分が我慢すればよい。」といった考え方は、逆DV、逆モラハラのケースでは禁物です。我慢をすることがより大きな被害を招きかねないからです。

逆DV、逆モラハラが酷くなってしまう原因が、男性側の我慢にある場合があります。

「離婚をするかどうか」について迷っており、すぐに決断ができない場合であっても、逆DV、逆モラハラから逃れて冷静になるとともに、離婚するかどうかを考えるために、1,2か月別居をして様子を見る手もあります。

逆DV、逆モラハラが過激化してしまわないよう、冷却期間を置くための別居が効果的です。

4.2. 事前に周囲に相談しておく

逆DV、逆モラハラの場合、一般的なイメージと逆であることから、客観的に被害状況を把握しておかなければ、誤った認識を前提に悩み続けてしまうこととなりかねません。まずは、悩みを打ち明けられる周囲の人に、逆DV、逆モラハラであるのかどうかについて相談をすることがお勧めです。

妻から暴言、罵倒され、否定を繰り返され、我慢をし続けることによって感覚が麻痺してしまい、逆DV、逆モラハラの問題だとすら気付けないこともあるからです。

周囲に適切な相談相手がいない場合、離婚問題を多く取り扱っている弁護士に法律相談することが効果的です。

離婚問題を得意とする弁護士であれば、逆DV、逆モラハラの事例も多く経験しており、「男性側が被害者である」というだけで白い目で見たり、馬鹿にしたりすることは決してありません。

5. まとめ

逆DV、逆モラハラは、妻側から夫側に対する強い支配欲、嗜虐欲によって起こる問題です。暴力や暴行の問題は、性別によってどちらが加害者かを決めつけることはできません。

逆DV、逆モラハラの問題が起こってしまったとき、法律上の離婚原因にあたり、離婚訴訟によって離婚を実現できるケースが多くあります。

しかし一方で、強い支配欲、嗜虐欲をもった加害者である妻側は、逆DV、逆モラハラの事実を否定し、離婚を強く拒否してくることが容易に想像できます。逆DV、逆モラハラによる離婚や慰謝料請求を考えるときは、証拠収集などの事前準備とともに、弁護士を間に入れて話し合いを行うことがお勧めです。

逆DV、逆モラハラを理由として離婚を切り出すことを検討している方は、ぜひ一度、離婚問題に強い弁護士に法律相談ください。

 お問い合わせはこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須お電話番号
必須お問い合わせ内容