モラハラ・DV

離婚・男女問題

2021/9/16

暴力夫の虐待、DVから子どもを守るため、妻が知るべき離婚の注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 子どもを虐待することは、どのような理由があっても許されません。家庭内暴力(DV)問題は、深刻な社会問題となっていますが、暴力をふるう夫の中には、妻だけでなく、子どもに手をあげ、虐待する人もいます。 特に、「しつけ」を口実にして叩いたり殴ったり、蹴ったりする虐待夫から子どもを守るためには、妻側が行動を起こさなければなりません。体罰を許容するわけではありませんが、子どもの悪事に対して厳しいしつけが必要なことはあります。しかし、日常的に暴行を加えるような状態となると、しつけの範 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

妻の弁護士から「モラハラ夫」呼ばわりされたときの対策・対応

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 妻(もしくはその弁護士)から、「モラハラ夫」と主張されることがあります。今回は、このようなケースで夫側の立場から解説をしてきます。 突然「モラハラ夫」というレッテルを張られ、心外に感じる方が多いことでしょう。しかし、反論をしたらしたで、「モラハラ夫だから、自分がモラハラをしていることを自覚していないのだ」という再反論を受けることが多いです。モラハラ夫呼ばわりされたからといって、怒って怒鳴ったりすればまさにモラハラ夫であることを自白したかのようであり、冷静に対応する必要があ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

お互いにモラハラ被害を主張するときの対応と、離婚時の注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦の一方が離婚時にモラハラ被害を主張したときに、相手からも「むしろあなたのほうがモラハラだ」と反論されてしまうことがあります。夫婦が相互に憎しみ合い、お互いをモラハラだと主張するようなケースです。 モラハラはDVと異なり、どちらが加害者で、どちらが被害者かわかりづらいことがあります。また几帳面、神経質、自分の定めたルールに厳しい性格など、程度によっては単なる性格の問題で済むことも、度をすぎればモラハラになります。このとき、加害者側にはモラハラの自覚はありません。 モラハ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

配偶者が近づくことを禁止し、危険から身を守る3つの方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫(または妻)が、離婚に向けて別居したにもかかわらず、しつこく電話やLINEで連絡してきたり、別居先の実家や職場などに押しかけてきたりすることがあります。子どもがいるとき、保育園に突然あらわれて子どもに悪影響があるケースもあります。 夫(または妻)によるこのようなつきまとい行為、嫌がらせ行為や危険な接近行為は、離婚を拒否して復縁を求めるための手段として行われることもありますが、離婚後も続くこともあります。あなたの提案する離婚条件に不満があること(特に「離婚と子どもの問題」 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

義理の両親から離婚強要、嫌がらせを受けたときの対応方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 義理の両親から、離婚を強要されてしまうことがあります。配偶者(パートナー)の親族からの離婚強要は、舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)との仲が良くないときによく起こる問題の1つです。 妻側の立場で、夫の両親から離婚を求められるケースはもちろん、夫側でも離婚強要を受けることがあります。よくある例は例えば次のようなものです。 【妻側でよく受けることのある離婚強要の理由】 「家事をやっていないダメな妻だから、うちの息子とは離婚してほしい」 「育児放棄しており子どもがかわいそうだから ...

離婚・男女問題

2021/9/16

DV冤罪、偽装DVをでっちあげられたときの対処法6つと予防策3つ

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 DV(家庭内暴力)の問題は年々深刻となり、社会問題化しています。2001年にDV防止法が制定され、被害者側に手厚い保護の必要性が叫ばれています。配偶者暴力相談支援センターによせられた配偶者からの暴力が関係する相談件数は、114,481件(平成30年統計)となり、年々増加しています。 DV(家庭内暴力)の相談件数が増加していることは、「暴力をふるってしまう人が増加した」という意味でとても深刻なことです。しかし一方で、本来であればDVとまではいえないような家庭内の不和が、DV ...

離婚・男女問題

2021/9/16

妻から逆DV・逆モラハラを受けたら離婚できる?解決方法は?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 DV(家庭内暴力)と聞くと「夫が妻に対してふるう暴力・暴言」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし「妻から夫に対する暴力・暴言」もまた、DV・モラハラの問題となります。 妻から夫に対する暴力・暴言は、一般的なDV・モラハラのイメージとは「逆」であるという意味で「逆DV」「逆モラハラ」と呼ばれることがあります。 妻から夫に対する暴力・暴言は、殴る、蹴る、物を投げるといった物理的なものだけでなく、精神的なモラハラ、小遣い制にして生活費を渡さないことによる経済 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

モラハラは証拠が重要!モラハラの証拠の集め方と離婚までの流れ

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 モラハラの被害を受け、「もうこれ以上我慢できない」というとき、離婚を考える方が多いのではないでしょうか。モラハラ被害で精神的苦痛を負ったときには、離婚とあわせて慰謝料請求も行うこととなります。 典型的なモラハラとして暴言、嫌がらせ、無視などがありますが、暴力や不倫などの離婚理由に比べて、残念ながら証拠が残りづらいです。モラハラは口頭のやりとりだけで終わってしまうなど形に残りづらいため、事後的にモラハラの責任追及をしても「やっていない」、「そんなことは言ってない」、「そうい ...

離婚・男女問題

2021/9/16

モラハラ・DVによる離婚で別居するとき、おすすめの別居先はどこか

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 モラハラ・DV(家庭内暴力)の激しい被害にあってしまったとき、離婚するにはさまざまな問題が山積みかもしれませんが、まずは「別居」を最優先に考えなければなりません。強度かつ悪質なモラハラ・DVに対して、自分の身を守ることが大切だからです。 モラハラ・DVの被害を受け、通常の精神状態ではないかもしれませんが、別居するにあたっては「どこに別居するのが最適か」という点について慎重に検討する必要があります。 実家、友人宅、新しいマンションを借りる、シェルターなど、考えられる別居先は ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所