離婚・男女問題

財産分与の対象財産となる「共有財産」とは?【弁護士解説】

2021年6月15日

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「離婚問題」に注力し、豊富な実績を有しています。離婚は身近な問題ですが、実は多くの法的リスクを内在しています。

自身での解決が難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。

財産分与の対象財産となる共有財産

財産分与では、その対象となる財産とそうでない財産を区別することが必要となります。

財産分与の対象となる財産のことを、法律の専門用語で「共有財産」といいますが、この共有財産にあたる財産が多ければ多いほど分与額が高額になります。そのため、財産分与を請求する側ではできるだけ共有財産の範囲を広く解釈しようとし、財産分与を支払う側ではできるだけ共有財産の範囲を狭く解釈しようとします。

財産分与の対象となる共有財産であるかどうかを判別するためには、財産分与の基準時の問題(いつからいつまでの財産が対象となるか)、財産の名義の問題(名目上、誰の財産か)、財産の原資の問題(その財産の元となった財産は誰のものか)などを総合して検討しなければなりません。

そこで今回は、

  • 財産分与の対象財産となる「共有財産」の意味
  • 財産が単独名義・他人名義でも共有財産になるケース
  • 財産の原資を理由として共有財産になるケース

といった離婚と財産分与に関する知識について解説していきます。

まとめ解説
財産分与について離婚時に知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

財産分与の対象となる「共有財産」とは

財産分与の対象財産となる共有財産

共有財産とは

財産分与の対象となる「共有財産」とは、夫婦が婚姻期間中(かつ別居前)に、協働で形成した財産のことです。

民法では次のとおり、婚姻期間中に夫婦が取得した財産は共有財産と推定されることとなっています。

民法762条(夫婦間における財産の帰属)

1. 夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
2. 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

ここでいう「推定」とは法律の専門用語で、逆の立証が成功しない限り法的にそのように評価されるということです。つまり、「ある財産が共有財産ではない」と主張する側が、その財産が特有財産であることを証明できない限り、その財産は共有財産として財産分与の対象財産となるということです。

共有財産となるかどうかは、財産の名義ではなくその実質で判断します。この点は「財産取得の名義による区別」の問題として後述します。

例えば、「妻は専業主婦、夫が仕事をしている」という家庭では預貯金が夫単独名義でされていたり家を買うとき夫名義であったりするかもしれませんが、それでもこれらの財産が妻の協力のもとに形成・維持されていると判断できる場合には、共有財産として財産分与の対象となります。

また、財産分与では夫婦の協力によって獲得した財産を対象とするため、婚姻を開始した時点から別居時点までの期間を対象とするのが原則です。別居後は、たとえ夫婦であったとしても財産取得に協力することはないため、別居後に取得した財産は対象とはなりません。

この点は「財産分与の基準時」の問題として後述します。

例えば、「夫が家に残り、妻が家を出て別居を開始した」という家庭で、夫が仕事を続けて別居後も貯金を殖やし続けたとしても、別居後に増えた貯金額は、財産分与の対象とはなりません。

共有財産が財産分与の対象となる理由

財産分与には、清算的財産分与、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与の3種類があります。このうち実務上最も多い清算的財産分与で、共有財産が分与の対象となる理由は、夫婦間の公平性にあります。

清算的財産分与では、夫婦の生活実態にあわせて、結婚したことによって夫婦の一方が仕事を続け、他方が仕事をやめて育児・家事に専念したというような事情があるとき、夫婦であった期間、家事労働による「内助の功」により財産の形成・維持に寄与したという点について、配慮をすべきという考え方がとられてます。

たとえ仕事をやめなかったとしても、仕事をセーブしたりキャリアをあきらめたりしたとき、年功序列・終身雇用の文化が根強く残る日本においては、生涯年収が低下することが予想されるからです。

このような夫婦間の公平の考え方から、清算的財産分与は、原則として分与割合を「5:5」とする、いわゆる「2分の1ルール」が実務で用いられます(ただし、個別事情を考慮して貢献度に差がある場合には、このルールを修正した裁判例も多くあります)。

なお、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与は、必ずしもこのような夫婦関係の清算という意味を持つものではないため、その分与額が共有財産からだけでなく特有財産から支出されることがあります。

参考解説

特有財産との違い

共有財産とは異なり、財産分与の対象とはならない財産が「特有財産」です。

特有財産とは、さきほど解説した民法762条1項で規程された「夫婦の一方が婚姻前から有する財産」と「婚姻中自己の名で得た財産」のことです。これらの財産は、その形成・維持が他方の配偶者の協力により行われたとは考えられないためです。

例えば、婚姻前から有していた預貯金や不動産、親から相続した不動産、親から贈与を受けた金銭などが特有財産です。

ただし、特有財産に形式上あたるように見えても、他方の配偶者の協力が観念できるようなケースでは、財産分与の対象とした上で2分の1ルールを修正する、という結論をとることもあります。「特有財産」については次の解説で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

参考解説

財産分与の対象となる「共有財産」の例

財産分与の対象財産となる共有財産

財産分与について争うときには、「共有財産」が分与の対象となることから、何が共有財産にあたるのかを詳しく知らなければ、損をしてしまうおそれがあります。

そのため、ここでは、共有財産にあたる可能性のある財産の例について、それぞれ種類ごとに解説していきます。なお、前段階の準備として、夫婦の財産が隠されることのないよう調査が必要です。

参考解説

現金・預貯金

現金・預貯金は財産分与の対象となる共有財産です。

金融機関の種類を問わず、銀行だけでなく信金、JAなどあらゆる金融機関が対象となり、普通預金はもちろん定期預金も財産分与の対象となります。

夫婦の一方が隠し財産として貯めていたへそくりも、本来であれば夫婦が共同で貯めるべきお金であると考えられることから財産分与の対象となります。

社内預金・財形貯蓄

社内預金・財形貯蓄は財産分与の対象となる共有財産です。

夫婦の一方の協力により、夫婦の他方が十分な給与収入を得ることができる」というケースが、財産分与によって調整をすべき典型的な事例です。そのため、その給与から一定額を貯金する社内預金・財形貯蓄といった金銭が財産分与の対象となる共有財産にあたるのは当然です。

なお、年金については年金分割においてその公平性を調整することとされています。

不動産

結婚生活中に、一方の配偶者が不動産(土地・建物)を購入していた場合には、これも財産分与の対象となる共有財産にあたります。

これに対して、結婚前から所有していた不動産や、相続・生前贈与によって取得した不動産は財産分与の対象外です。

不動産の財産分与を行うとき、住宅ローンを組んでいる場合には、売却額からローン残額を控除した金額が対象財産となります。頭金が特有財産から支払われていたような事例では、その金額も差し引いて解決することが多いです。

なお、債務超過(オーバーローン)の状態の不動産は、財産分与の対象とはなりません。

参考解説

生命保険

生命保険は、財産分与の対象となる共有財産となります。

このとき、財産分与の基準時(別居時)において解約した際に生じる解約返戻金相当額が、財産分与の対象とされるのが実務です。

夫婦の一方に対して、結婚生活中にかけられた生命保険は財産分与の対象となるものとされており、その名義、受取人、原資などによっては変わりません。

そのまま支払をしたほうが有利だという場合、これまで夫婦の一方が支払ってきた掛け金についてどのように清算するかについて、財産分与の手続きの中で合意をすることが通常です。

学資保険

学資保険もまた、財産分与の対象となる共有財産となります。

学資保険が子どもの名義で掛けられていることも多いですが、この場合でも、その原資が夫婦の財産から支出されているときには財産分与の対象とすることが通常です。

ただし、学資保険の場合、そのまま掛け続けることが有利であることが多く、かつ、子どものための保険のため、夫婦の双方とも別居後も掛け続けることに異議がないというケースが多いです。そのため、実務的には、離婚後に子どもを監護・養育する側が、学資保険を引き継ぐことが多くあります。

参考解説

退職金

近い将来に退職金が支払われる予定があるときには、退職金もまた財産分与の対象となる共有財産です。

退職金は、賃金の後払い的な側面があります。財産分与の趣旨が、一方の貢献によって他方が得た収入について貢献度に応じて分与するというものであるからです。

ただし、財産分与の基準時(別居時)から退職予定日まで長期間空くというような場合には、退職金は財産分与の対象とはなりません。

参考解説

株式・債権・投資信託などの有価証券

株式・債権・投資信託などの有価証券は、財産分与の対象となる共有財産にあたります。

これらの有価証券で評価額が一定ではないものについては、離婚時を基準として金額を定めることが通常です。ただし、非上場株式のように客観的に価格が決まりづらいものについては、会計士の評価を得るなどの手続きが必要となります。

投資として株式を保有している場合はもちろん、自分の経営している会社の株式も対象となります。

参考解説

参考解説

家具・家電などの動産

家具・家電などの動産は、財産分与の対象となる共有財産です。

ただし、家で実際に使っている家具・家電は、中古で販売することが難しく、あまり高額となることもないため、財産分与ではそれほど重要視されません。同居の自宅に残る人がいるときは、その人が取得することが一般的です。

これに対して、絵画や骨とう品などの貴重品、宝石やアクセサリーなどの貴金属については、売却して代金を分与するか、もしくは、一方が取得する場合には分与額に相当する代価を支払うという方法で財産分与を行います。

自動車

自動車もまた、財産分与の対象となる共有財産です。

ただし、中古の自動車は、よほどの高級車でもない限り売却額がそれほど高くないことが予想されます。また、自動車ローンが残っているということもよくあります。

そのため、自動車は財産分与の際、実際に使用している側が取得し、一定の金額を財産分与額から控除するという取扱いをすることが多いです。

参考解説

借金・ローンなどの負債

借金や住宅ローン、自動車ローンなどの負債もまた財産分与の対象となります。

つまり、ここまで解説してきたプラスの財産の分与(積極的財産分与)だけでなく、マイナスの財産の分与(消極的財産分与)も対象となるということです。プラスの財産、マイナスの財産のいずれもが存在するとき、金銭解決をする場合には、プラスの財産額からマイナスの財産額を控除した金額が、財産分与の対象財産となります。

ただし、財産分与の対象となる負債は、あくまでも夫婦の共同生活を目的として行われたものに限られるとされています。夫婦の共同生活のために借入をしたのであれば離婚後も夫婦で返済していくべきということです。

これに対して、ギャンブルのための借金や事業性融資など、一方当事者が自分のためだけに借入た負債は、財産分与の対象とはならず、他方の配偶者には分与されないのが実務です。

対象財産を確定するときの注意点

財産分与の対象財産となる共有財産

最後に、財産分与の対象財産を確定するときに、注意しておいてほしいことについて解説します。

財産分与の基準時

財産分与の基準時は、別居時とされています。つまり、結婚したときから別居までの間に形成・維持した財産が、財産分与の対象となる共有財産です。

このように期間を区切る理由は、夫婦が協力して財産を形成したといえるのは同居期間中であり、別居をした後は協力関係が失われたと評価できるからです。

この財産分与の基準時は、「どの財産が対象財産か」という争点だけでなく、株式・不動産のような評価額が変動する財産について「いつの時点の評価額で分与するか」という争点にも影響します。

ただし、「別居時が財産分与の基準時となる」という点について、次のようなケースでは難しい問題が生じます。

  • 単身赴任による別居後、そのまま夫婦関係が破綻に至った場合
    :当初の別居には「単身赴任」とう正当な理由があり、その後も財産の形成・維持に協力をしていたと考えられることから、「別居時」ではなく「破綻時」を財産分与の基準時とするという解決になります。
  • 一旦別居したが、頻繁に行き来があった場合
    :別居後も頻繁に行き来があり、夫婦生活の実態があったという場合には、その後も財産の形成・維持に協力をしていた場合もあることから、この場合も「破綻時」を財産分与の基準時とすることになります。
  • 別居の直前・直後に大きな財産の変動があった場合
    :このような事例では財産隠しが疑われます。悪質な財産隠しと評価できるケースでは、別居の直後にあった財産変動を考慮せずに分与の対象を決めることがあります。

参考解説

財産取得の名義による区別

夫婦が協力して形成・維持した財産が、夫婦の一方の単独名義になっている場合や、夫婦以外の人の名義となっていることがあります。例えば、子どもの名義で将来のための貯金をしていたり、夫婦で形成した財産を実家の両親に送金したりといったケースです。

このようなケースでは、共有財産と特有財産の区別について形式的に考えることはできず、財産ごとに、次のいくつかの事情を総合考慮して、夫婦間の公平の観点から慎重に判断しなければなりません。

  • 実質的にその財産を支払ったのが誰か
  • 誰がその財産を管理していたか
  • 財産を他人名義としている理由や経緯
  • その財産の使途・目的

財産取得の原資による区別

財産分与の基準時(別居時)に存在する財産でも、その原資が分与対象ではないという理由で、財産分与の対象から除外すべき財産があります。

結婚前から保有していた財産や相続によって取得した財産が「特有財産」として対象外となると解説しましたが、そのような特有財産を原資として、いわばそれらの財産が形を変えて存在するものについても、対象から除外する必要がある場合があるということです。

例えば、分別管理されていた独身時代からの預貯金で購入した不動産などがこれにあたります。ただし、このような財産を「特有財産が形を変えただけなので、分与対象外である」と主張するのであれば、そのように主張する側が証拠を準備し、立証しなければなりません。

財産分与と離婚の問題は浅野総合法律事務所にお任せください!

財産分与の対象財産となる共有財産

財産分与の対象となる「共有財産」について解説しましたが、共有財産と特有財産の区別は難しいケースもあります。特に、夫婦当事者間の話し合いで解決ができない場合には、調停申立てをして裁判所で争うこととなります。

裁判所では「特有財産であること」を、その財産を分与の対象から外したい側が主張立証しなければなりません。そのため、財産分与の対象財産について争いがあるときには証拠の準備をしっかりしておかなければなりません。

また、そもそもの前提として、財産を隠されてしまっているとき、きちんと調査ができないと財産分与において損をしてしまいます。

このように重要な法律問題の多い財産分与について、お悩みのある方は、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

まとめ解説
財産分与について離婚時に知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「離婚問題」に注力し、豊富な実績を有しています。離婚は身近な問題ですが、実は多くの法的リスクを内在しています。

自身での解決が難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

ご相談予約

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

-離婚・男女問題
-

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所