離婚・男女問題

株式が財産分与の対象となるときの方法と、離婚時の注意点

2021年6月25日

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「離婚問題」に注力し、豊富な実績を有しています。離婚は身近な問題ですが、実は多くの法的リスクを内在しています。

自身での解決が難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。

株式の財産分与

離婚時の財産分与の際には、株式も財産分与の対象となります。

株式が財産分与の対象となる場合には、①配偶者が会社経営者であり、自社株が財産分与の対象となるケースと、②投資財産として有する株式が財産分与の対象となるケースの2つがあります。国債などの債券、投資信託、仮想通貨などの投資財産も、財産分与の対象です。

株式は、現金・預貯金や不動産と同様に財産的価値を有するため、財産分与でも重要なものとなりますが、一方で、株式は「会社に対する支配権」を意味し、特に経営する会社の自社株では現物分割が難しいため、特殊な考慮が必要となります。

今回の解説では、

  • 株式が財産分与の対象となるケース
  • 株式の財産分与をするときの具体的な方法
  • 株式の財産分与で、離婚時に知っておくべき注意点

といった離婚と財産分与の問題について、離婚問題を多く取り扱う弁護士が解説します。

まとめ解説
財産分与について離婚時に知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

株式が財産分与の対象となるケース

株式の財産分与

財産分与の対象となる財産とは、夫婦が協力して形成・維持した財産です。これを法律の専門用語で「共有財産」といいます。これに対し、婚姻前から有していた財産や、自己の名において取得した財産(相続・贈与など)は「特有財産」として財産分与の対象外です。

株式でも同様に、結婚期間中に取得したものであれば「共有財産」として財産分与の対象となるのが原則ですが、婚姻前から保有していたり、相続によって承継したりした株式は対象外です。

冒頭で解説した①会社経営者が自社株を持っている場合、②投資用として株式を持っている場合のいずれも、株式は「労働の対価」というイメージはないため、配偶者の貢献、寄与が図りづらく、財産として忘れられがちです。

しかし、婚姻期間中に取得していたのであれば、共有財産となります。妻が、夫が仕事中に夫名義で購入した株式が値上がりした、というケースを想像して頂ければ、「夫婦の協力によって財産が増えたのだから、分与すべきだ」ということを理解していただけるでしょう。

財産分与の対象となる株式財産分与の対象外の株式
  • 婚姻期間中に取得した株式
  • 配偶者の協力のもとに取得した株式
  • 結婚前から保有していた株式
  • 相続・贈与などによって取得した株式
    (オーナー経営者・同族会社など)

なお、原則として、財産分与の対象となる財産は、夫婦のいずれかの名義のものですが、例外があります。

株式の財産分与が問題となるケースの中でも、会社経営者であって経営している会社名義となっている株式が、実際には夫婦の協力のもとに取得されていたものである場合や、子ども名義で投資用の株式を買っていた場合などは、その株式は財産分与の対象となる可能性があります。

参考解説

他人名義(子ども名義の財産経営する会社名義の財産)の財産調査が必要です。

株式の財産分与をするための事前準備

株式の財産分与

株式の財産分与をするときには、まず事前準備として、相手の保有する株式を調査してリストアップし、その評価額を決めておく必要があります。

財産分与の対象となる株式のリストアップ

まず、財産分与の対象となる株式を調査し、財産目録にリストアップしていきます。

株式の調査をするときは、まずは相手に聞くのがよいですが、相手が保有する株式などを隠してくることが予想される場合には、同居中に使っている証券会社からの郵送物を調べておくなどの準備が有効です。

相手の保有する株式がわからないときには、早めに弁護士を依頼して弁護士会照会を利用したり、早めに調停を申立てたりといった流れがおすすめです。

参考解説

株式の評価額の決定

財産分与の基準時は、対象財産の「確定」の基準時は「別居時」、「評価」の基準時は「離婚時」が実務の原則です。そのため、株式についても、離婚時の評価額を参考とします。

株式の財産分与のとき、株式の評価額を決めておかなければなりません。株式の評価額を決める方法は、その株式が上場しているか、非上場かによって変わります。

上場株式の評価

上場株式は市場価格によって評価します。離婚日の終値や、離婚時点での過去3か月の平均株価などを参考とすることが多いです。

財産目録にリストアップした際と離婚時とでは株価が値上がり・値下がりしている可能性があるため、直近の株価をチェックする必要があります。

値動きの激しい株式の場合には、不公平感を生まないためにも、分与までに評価額が変化したときにどのように分与するかについても合わせて夫婦間で合意しておくことがあります。

投資として保有している株式で、夫婦の一方が「値上がりするはず」と思って購入しているような場合は、取得して代償金を支払う「代償分割」とするほうがおすすめです。

非上場株式の評価

これに対して非上場株式は市場価値が算定できません。オーナー経営者の自社株、同族経営・家族経営の一族からの相続といったケースでは、非上場株式が財産分与の対象となります。

夫婦間で評価額について合意できないときには、決算書などの財務諸表をもとに公認会計士・税理士などの専門家に評価してもらう必要があります。

また、非上場株式の多くは、譲渡制限株式であることが多く、株式を譲渡するためには会社の承認を要することがほとんどです。そのため、非上場株式では、一方がそのすべてを保有し代償金を支払う「代償分割」の方法がとられることが多いです。

株式の財産分与をする方法と、具体的な流れ

株式の財産分与

株式が財産分与の対象となるときでも、財産分与を行う基本的な流れは変わりありません。つまり、リストアップした株式の評価額を定め、夫婦で話し合いを行い、合意できないときは調停を申し立てる(離婚前であれば「離婚調停」、離婚後であれば「財産分与請求調停」)という流れです。

とはいえ、株式が特殊な財産であり、分与が難しい場合もあるため、特に注意すべき点いついて順に解説していきます。

株式の分与割合の決定

株式の財産分与でも、他の財産分与と同様に「2分の1ルール」が適用されるのが通常です。財産分与は公平のための手続きであることから、夫婦平等のために分与は「5:5」で行われるのが原則です。ただし、例外的にこれとは異なる貢献度を主張する場合には、その主張する側が立証責任を負います。

配偶者の貢献度が少ないと主張すべき場合とは、例えば、次のようなケースです。

  • トレーダーとして特殊な才能を活用し、多額の利益を出した。
  • 上場企業の創業者であり、妻の貢献とは比較にならないほど大きな財産を得た。
  • たまたまギャンブル的に購入した株式が急騰し、多額の利益を得た。

このような特別な事情があるときには、むしろ原則どおり「2分の1ルール」を適用して保有株式を折半することが公平に反すると考えることができるため、原則の修正が必要となります。

特に、会社経営者の離婚のとき、保有する自社株式についてはその人の個人的な手腕や能力によって獲得されたものとして、配偶者の貢献度を低く評価すべきことが少なくありません。

参考解説

株式の分与方法の決定

分与割合が決定したら、次に、分与方法を決定します。株式などの有価証券を分与する方法には、現物分割、換価分割、代償分割の3種類があります。

現物分割

株式を、現物のまま分与割合にしたがって分ける方法です。投資用に購入した上場株式のように分与しても会社の支配権に影響のないものは、株数に応じて分与するこの方法がおすすめです。他方、会社経営者の自社株の場合、現物分割してしまうと今後の経営に口出しされてしまうおそれがあるため避けるべきです。

代償分割

株式を一方が取得し、他方に分与割合に応じた代償金を支払う方法です。株式を一方が取得するため、会社経営者の自社株などを手元に確保できるというメリットがある反面、非上場株式の場合、その評価額が市場で決まらず、争いの火種となるおそれがあるというデメリットがあります。

換価分割

株式を売却して現金化し、売却代金を分与する方法です。3つの分割方法の中で最も分割が楽ですが、非上場株式の場合には評価に争いがあることはもちろん、そもそも買い手がつかず換価が難しいことが多いです。

離婚協議書の作成・公正証書化

ここまでの夫婦間の話し合いによって株式の財産分与についての重要事項が決まったら、これを離婚協議書に記載しておきます。後のトラブルを避けるため、書面で証拠化する必要があるためです。

あわせて、株式の財産分与について金銭支払いによる解決とするときには、支払われなかったときに強制執行(財産の差押え)ができるよう、離婚協議書を公正証書にしておくことがおすすめです。

参考解説

調停・審判の申立て

夫婦の話し合いでは株式の財産分与を拒まれてしまったときには、家庭裁判所に調停の申立てをします。離婚前であれば離婚調停を申立て、その中で財産分与についても争うことができますが、離婚後であれば財産分与請求調停を申し立てます。

特に、配偶者(夫または妻)が会社経営者であって、その自社株の分与が争いになるときには、半分の割合を分与してしまうと会社の経営権に影響が出てしまうため、話し合いではなかなか株式の分与が決まりません。

調停では、家庭裁判所の調査官が夫婦双方の事情・意見を聞き、円満な解決に向けた調整をしてくれます。

離婚前の離婚調停を行っても合意できないときには、財産分与も含めて調停内では決まらず、離婚訴訟で継続して争います。これに対し、離婚後の財産分与請求調停の場合には、調停内で合意ができなかったときは審判に移行し、家庭裁判所の判断を得ることができます。

参考解説

株式の名義書換え手続き

最後に、株式の財産分与が決まったときには、株式を移転するために必要となる手続きを行わなければなりません。

上場株式の財産分与のときには、証券会社に対して株式の名義変更手続きを申請することが通常です。証券会社は、証券保管振替機構における株式移転の手続きと、会社に対する株主名簿の書換え手続きを、株主に代わって行ってくれます。

これに対して、財産分与の対象が非上場株式の場合には、自分で会社に対して株主名簿の書換えを請求します。また、非上場株式の多くは譲渡制限付株式であるため、譲渡について会社の承認を得る必要があります。

離婚と財産分与は浅野総合法律事務所にお任せください!

株式の財産分与

株式の財産分与では、適正な分与方法、分与割合で分けなければ、配偶者の不満を招き、離婚協議が頓挫してしまいます。事後のトラブル回避のためにも、株式特有の問題点をしっかり理解して財産分与を進める必要があります。

特に、会社経営者の離婚問題で、保有する自社株式が財産分与の対象として争われるケースでは、会社経営に支障が出ないよう、「代償分割」などの方法で解決しなければなりません。

また、非上場株式を「現物分割」により譲り受ける場合には、会社法の知識もあわせて必要となります。

離婚と財産分与の問題についてお困りの方は、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

まとめ解説
財産分与について離婚時に知っておきたい全知識【弁護士解説】

続きを見る

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「離婚問題」に注力し、豊富な実績を有しています。離婚は身近な問題ですが、実は多くの法的リスクを内在しています。

自身での解決が難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。

ご相談予約受付中!

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

ご相談予約

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

-離婚・男女問題
-

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所