東京・銀座で、労働問題に強い、労働問題を得意とする弁護士法人浅野総合法律事務所の弁護士が、不当解雇、未払賃金、残業代請求、セクハラ、パワハラ、マタハラ、労災などの、法律相談が特に多い労働問題について、専門的見地から詳しく解説していきます。

労働問題にお悩みのご依頼者、ご相談者からは、「明日から会社に来なくてよい。」「社長のことが気に入らないのであれば仕事を与えない。」「うちの会社では残業代は発生しないし、支払えば会社がつぶれてしまう。」と言われて困っているという、ブラック企業についての労働法律相談が多く寄せられています。

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京・銀座)では、初回無料相談、夜間相談、当日相談、電話相談、メール相談など、お悩みのご相談者様のニーズに合わせて、様々な対応をいたしており、労働問題のお悩みに、スピーディかつ正確なサポートを提供しております。

弁護士の中には、解決を焦るがあまりに、労働者にとって有利な解決とならない場合や、金銭的には有利であっても労働者側のお気持ちに沿わないような解決を勧める法律事務所もあるようです。労働は人の生活に密接にかかわる、ごく日常的な問題であり、労働者の感情に沿うものでなければ、真の解決に達することはできません。

特に、過労死、過労自殺、メンタルヘルス、長時間労働といった深刻なダメージのある労働問題のケースや、近時の「働き方改革」、重要な法改正、労働裁判例などへの理解が問われる難解な労働問題の場合、労働問題を専門的に取り扱う弁護士に依頼する必要があります。

ブラック企業から不当な取り扱いを受けて悩んではいませんでしょうか。お悩み、疑問、不安は、早期に解決し、大きな問題になる前に、より有益な解決を目指して、弁護士にお気軽にご相談ください。