企業法務

企業法務

eスポーツ選手契約の法的性質と、契約時の注意点

eスポーツをプレイし、大会に参加して賞金を得たり、スポンサーからの出資を受けたり、広告・プロモーション活動の依頼を受けたりする人のことを、eスポーツ選手といいます。 eスポーツ自体が新しい事業分野であ ...

企業法務

eスポーツ大会における知的財産権(著作権・商標権等)の注意点

eスポーツは、アーケードゲーム、家庭用ゲーム機、PCゲーム、スマホゲームなどのビデオゲームを用いて勝敗を争うという性質上、著作権、商標権などの知的財産権についての配慮を欠くことができません。 この点が ...

企業法務

eスポーツ大会の高額賞金に関する法律問題(景品表示法・賭博罪等)

eスポーツは、野球やサッカーなどの従来のスポーツとは異なり、ビデオゲームを使って勝敗を競うものです。ビデオゲームとは、家庭用ゲーム機やゲーセンのゲーム、スマホゲーム等のいわゆる「テレビゲーム」のことで ...

企業法務

巨大IT企業を規制する「特定デジタルプラットフォーム法」とは?

大規模なプラットフォームを運営するIT企業など、いわゆる「プラットフォーマー」を規制する法律が、2020年5月27日に可決・成立し、2020年6月3日に公布されました。 通称「特定デジタルプラットフォ ...

企業法務

業務提携で注意すべき法的ポイントと業務提携契約書の注意点

企業間のグローバル競争が激化する中で、「業務提携」が増加しています。国内の競争を勝ち抜くことはもちろん、強大な外国企業とのシェア争いに勝つためにも、1社でできることには限界があり、企業間の提携が重要と ...

企業法務

まとめサイト(キュレーションメディア)の法律問題(著作権法など)

インターネット上の情報を収集し、編集、分類し、わかりやすく解説したり整理したりして、ユーザーに情報を提供する「まとめサイト」が増加しています。まとめサイトは、最近では「キュレーションメディア」と呼ばれ ...

企業法務

ポイントの有効期限、ポイントサービスの廃止・終了時の法律問題

顧客の購買意欲の促進、ユーザー囲い込みといった効果を狙ってポイントサービスを始めたものの期待したほどの効果が出なかったり、プレゼントキャンペーンなどの一時的な目標を達成したりといった場合に、ポイントサ ...

企業法務

ポイントサービスに関する景品表示法の規制と、ポイント付与の上限

ウェブサービス、アプリに自社独自のポイントサービスを導入しようとするとき、法律問題にも注意をしておかなければなりません。というのも、ポイントサービスには、顧客の購買意欲を向上させ、継続的な利用を促すと ...

企業法務

類似サービスの利用規約をコピーして使うことは違法?リスクあり?

ウェブサービスやアプリなどをローンチする際に必要不可欠といえる書類が「利用規約」です。利用規約は、ユーザーに向けてサービス利用の際のルールを示すとともに、事業者側の責任を定め、リスクを限定する効果があ ...

企業法務

自社のポイントサービスを導入する時の資金決済法上の注意点

ウェブサービス、アプリサービスを開始、運営するにあたり、そのサービス内で利用することができるポイントを付与することが増えています。 ウェブサービス、アプリサービス内で利用できるポイントサービスは、現金 ...

企業法務

新型コロナウイルスを理由とするテナントの賃料減額交渉

新型コロナウイルス禍において、感染拡大防止を目的として、緊急事態宣言の発令、営業の自粛要請などが行われました。そのため、飲食店などの店舗型ビジネスでは大幅な減収が避けられない状況となっています。 テナ ...

企業法務

民法改正で寄託契約書はどう変わる?【民法改正と契約書 第16回】

民法の債権法を改正する法律が、2020年4月1日に施行されました。新民法に対応した契約書の書式・ひな形を整備していない会社は、大至急対応が必要となります。 寄託契約とは、わかりやすく説明すると「物を預 ...

企業法務

民法改正で贈与契約書はどう変わる?【民法改正と契約書 第15回】

民法の債権法を改正する法律が成立し、2020年4月1日より施行されました。そのため、改正された民法に適合するよう、契約書の書式・ひな形を修正する必要があります。 今回は、民法に定められた典型契約のうち ...

企業法務

身元保証は、民法改正でどう変わる?【民法改正と契約書 第14回】

民法が120年ぶりの大改正を迎えています。今回の改正は、2020年4月1日に施行され、同日以降に締結される契約に適用されます。 このたびの民法改正は、債権法(契約法)に関する改正ですが、その影響は取引 ...

企業法務

新型コロナウイルス対策・対応まとめ(企業側)【弁護士解説】

新型コロナウイルスが国内外で猛威を振るっており、パンデミック(世界的流行)に近い脅威とされています。 「自分の身は自分で守る」方式の個々人の対応も当然ですが、労働者を雇用する企業側(会社側)の集団的対 ...

企業法務

委任契約書は、民法改正でどう変わる?【民法改正と契約書 第13回】

委任契約は、誰かに仕事や事務を頼むときに使う契約書です。事業を経営していると人にものを頼むことが多いかと思いますが、それらは皆、広い意味で「委任契約」となる可能性の高い内容です。 2020年4月1日よ ...

企業法務

不動産売買契約書は、民法改正でどう変わる?【民法改正と契約書 第12回】

2020年4月1日より、債権法部分が大幅に改正された新しい民法が適用されました。 この民法改正は、あらゆる契約形態に適用されますが、今回は、不動産売買契約、すなわち、土地や建物などの不動産を売買すると ...

企業法務

無料求人広告をめぐる詐欺トラブルへの対応方法【弁護士解説】

「求人サイトに、無料で広告を掲載しませんか?」という電話営業がかかってくることがあります。「人手不足」が深刻化している企業の中には、「無料」という甘い言葉に誘われて、契約してしまう会社も少なくありませ ...

企業法務

民法改正で代理のルールはどう変わる?【民法改正と契約書 第11回】

2020/9/4    , ,

2020年4月1日より施行された新しい民法(債権法)では、「代理」に関するルールについても、重要な変更がなされています。 特に、代理人が「制限行為能力者」である場合の規定が新設され、行為能力の制限がな ...

企業法務

民法改正で意思能力・錯誤のルールはどう変わる?【民法改正と契約書 第10回】

2020年4月1日より施行された改正民法においては、意思能力の瑕疵(錯誤)についての重要な改正が行われました。 民法の債権法についての部分の改正が注目されていますが、「意思能力」は、契約をするかどうか ...

お問い合わせはこちら

法律問題にお悩みのすべての方へ。
弁護士法人浅野総合法律事務所まで、まずはお気軽にご相談くださいませ。
法律相談のご予約は、24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

お問い合わせ

法律問題にお悩みのすべての方へ。

弁護士法人浅野総合法律事務所まで、
まずはお気軽にご相談くださいませ。

法律相談のご予約は、
24時間受付しております。

03-6274-8370

お問い合わせ

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所