残業代請求

労働問題

2021/7/9

賞与(ボーナス)のカットは違法?減額分を請求する方法は?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 賞与(ボーナス)は、多くの会社で年2回(6月頃と12月頃)に支払われるまとまったお金です。賞与(ボーナス)がもらえることを見越してローンを組んでいる人も多く ...

労働問題

2021/7/8

セブンイレブン残業代未払!責任・原因は?残業代請求できる?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 こちらの解説は、動画でもご覧いただけます。 2019年12月、大手コンビニエンスストアチェーンの「セブンイレブン」にて、多額の残業代未払が存在する可能性が、 ...

労働問題

2021/7/8

年俸制でも残業代請求は可能!年俸制の残業代の計算方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 年俸制は、賃金を年単位で決めるという給与体系です。年俸制の労働者でも、残業代請求できます。 年俸制の労働者は、高給取りだったり、責任ある地位・役職についたり ...

労働問題

2021/7/8

事業場外労働のみなし労働時間制とは?有効性と残業代請求のポイント

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 事業場外労働のみなし労働時間制とは、オフィスの外で労働するなど、労働時間の把握が難しいとき、実際に労働した時間にかかわらず、一定の時間だけ労働したものとみな ...

労働問題

2021/7/8

残業代の計算方法について、具体例とともに弁護士が解説!

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 残業代請求をするとき、正しい計算方法で、正確に算出しなければ、本来払ってもらえる残業代を取り逃がしてしまうおそれがあります。 残業代の計算方法は、労働基準法 ...

労働問題

2021/7/8

未払賃金立替払制度とは?会社が倒産しても賃金の8割を回収する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 未払賃金立替払制度は、勤務先の会社が倒産して、賃金が支払われないままに退職を余儀なくされてしまった労働者を救済するため、「賃金の支払の確保等に関する法律」( ...

労働問題

2021/7/8

歩合給制でも残業代請求できる!正しい計算方法は?【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 歩合給制で働く労働者でも、残業代請求をすることができます。 歩合給制とは、労働時間ではなく、売上や利益などの成果に応じて給与が支払われる制度のことで、営業職 ...

労働問題

2021/7/8

管理職でも残業代請求できる!「名ばかり管理職」とは?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 労働基準法に定められた「1日8時間、1週40時間」(法定労働時間)を超えて働いたとき、残業代が請求できることは、全ての労働者に共通するルールです。 しかし、 ...

労働問題

2021/7/8

アルバイト・契約社員・派遣などの非正規社員も残業代請求が可能!

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 会社ではたらく労働者には、正社員だけでなく、アルバイト、契約社員、派遣など、さまざまな「雇用形態」があります。 残業代請求する権利は、正社員にしか許されない ...

労働問題

2021/7/8

研修・教育訓練の時間が「労働時間」にあたり残業代請求できるケース

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 研修・教育訓練の時間が会社から与えられているとき、労働基準法の「労働時間」にあたり、これらの時間についても残業代請求できるケースがあります。 研修・教育訓練 ...

労働問題

2021/7/3

黙示の指示、黙示の残業命令による労働時間は、残業代請求できる!

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 自身での会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 未払い残業代を請求できる「労働時間」とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことです。つまり、会社からの「指揮命令」が要件とされるわけですが、業務をす ...

労働問題

2021/7/8

付加金と遅延損害金を請求することで、残業代請求を増額する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 残業代請求するときは、付加金と遅延損害金も請求し、少しでも多くの未払い残業代を請求するようにしてください。 残業代請求が、労働審判・訴訟などの法的手続きに移 ...

労働問題

2021/7/8

「仮眠時間」が「労働時間」にあたり、残業代請求できる場合とは?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 「仮眠時間」とされる時間についても労働基準法の「労働時間」にあたり、残業代を請求すべきケースがあります。 労働基準法の「労働時間」とは、使用者の指揮命令下に ...

労働問題

2021/7/8

未払い残業代を請求する労働者側が理解すべき全知識【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 未払い残業代を請求したいと考えている労働者側に向けた解説です。 「1日8時間、1週40時間」の法定労働時間を超えて労働したとき、「1週1日もしくは4週4日」 ...

労働問題

2021/7/8

「労働時間」かどうかの判断基準と、ケース別の残業代請求の可否

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 残業代を請求するときは「労働時間」に関する法律知識が必須です。「どのような時間が『労働時間』となるのか」を正しく理解しなければ、未払い残業代を正確に計算する ...

労働問題

2021/7/8

「法定時間内残業」と「法定時間外残業」の違いと、残業代の計算方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 一人で会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 残業代を正しく計算するために知っておくべき「法定時間内残業」、「法定時間外残業」という専門用語について弁護士が解説します。 残業代のことを「時間外割増賃金」 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所