DV

離婚・男女問題

DV冤罪、偽装DVをでっちあげられたときの対処法6つと予防策3つ

DV(家庭内暴力)の問題は年々深刻となり、社会問題化しています。2001年にDV防止法が制定され、被害者側に手厚い保護の必要性が叫ばれています。配偶者暴力相談支援センターによせられた配偶者からの暴力が ...

離婚・男女問題

暴力夫の虐待、DVから子どもを守るため、妻が知るべき離婚の注意点

どのような理由があっても子どもを虐待することは許されません。家庭内暴力(DV)問題は、深刻な社会問題となっていますが、暴力をふるう夫の中には、妻だけでなく、子どもに手をあげ、虐待する人もいます。 特に ...

離婚・男女問題

義理の両親から離婚強要、嫌がらせを受けたときの対応方法

義理の両親から、離婚を強要されることがあります。いわゆる、舅や姑との不和の問題です。 妻側の立場で、夫の両親から「離婚してほしい」と強要されるケースはもちろん、夫側の立場でも、妻の両親から「離婚しろ」 ...

離婚・男女問題

コロナDVとは?自粛要請・在宅勤務で増えるDV・モラハラ

新型コロナウイルス感染症の蔓延とともに、DV(家庭内暴力)やモラハラ、虐待が増加しています。「コロナDV」という造語も出現しました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、自粛が要請されています。会社はテレ ...

離婚・男女問題

逆DV・逆モラハラを受けたら離婚できる?解決方法は?

DV(家庭内暴力)と聞くと、「夫が妻に対してふるう暴力・暴言」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし、「妻から夫に対する暴力・暴言」についても、DV、モラハラとして問題化しています。 ...

離婚・男女問題

モラハラ夫・DV夫から逃げる時、お勧めの別居先は?4つの判断基準

離婚を考えても、なかなかすぐに踏み切ることができない人も多いですが、モラハラ・DV(家庭内暴力)が激しいときには、「まずは別居」を優先しなければなりません。 モラハラ夫・DV夫との離婚を考える妻側で、 ...

離婚・男女問題

離婚を求める妻が弁護士を依頼した後は、「直接交渉」はできない?

2020/5/29    ,

離婚を求める妻側が、弁護士を依頼して、内容証明郵便などによって離婚の意思表示をしてきたとき、「直接妻と会って話がしたい」「直接交渉すれば、分かってくれるはず」とご相談に来られる方がいます。 中には、「 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所