退職強要

労働問題

2021/6/10

うつ病や適応障害で休職後、復職できる?退職させられた場合の対応

体調を崩してしまったり、特に、精神的に不調となってしまったりしたとき、会社から休職命令を受けることがあります。ストレス社会の現代では、うつ病、適応障害、パニック障害などの精神疾患(メンタルヘルス)にり患してしまう人が多くいます。私生活では元気だけれど、会社にいくと精神の不調を感じてしまう「新型うつ」も増加しています。 休職命令を受けると、休職期間の間は会社に出社することができず、働くことができません。休職期間が満了しても元気にならないと、会社の就業規則の定めにしたがって退職を命じられたり解雇になったりして ...

労働問題

2021/7/7

違法な退職強要への対応と、損害賠償請求をする方法、相場

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 自身での会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 退職強要は、会社が労働者に対して一方的に退職を強要する行為であり、違法な行為です。 本来、労働者には「退職の自由」がありますから、退職は労働者の自由意思に ...

労働問題

2021/6/10

退職の意思表示の撤回は可能?いつまで撤回できる?【弁護士解説】

労働者が、会社を退職したいと考えるとき、会社に対して退職の意思表示をすることがあります。しかし、後からじっくりと考えて、その退職の意思表示を撤回したいと考えることも少なくありません。 特に、会社からの退職勧奨、退職強要などの働きかけが原因で、退職の意思を表示するに至った場合、後から考えてみるとそれが労働者の自由な意思決定ではなく、どうしても撤回したいと思い至ることがあります。 このような場合に、体色の意思表示は、会社が受理してはじめて成立するものであることから、会社の受理前であれば、撤回が可能なことがあり ...

労働問題

2021/7/7

執拗な退職勧奨は違法!違法な退職強要への対処法は?【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士の浅野英之(第一東京弁護士会所属)です。当事務所は「労働問題」に注力し、豊富な実績を有しています。労働は人の生活に密接に関わる重要な法律問題です。 自身での会社と戦うのが難しいとき、法律の専門知識を活用することで速やかに解決できることがあります。ぜひ一度当事務所へご相談ください。 退職勧奨とは、退職を勧奨するという文字どおり、会社が労働者に対して、退職をするよう勧める行為のことをいいます。 退職勧奨は、あくまでも、会社が労働者に対し ...

労働問題

2021/6/10

休職期間が満了して退職を命じられたときの適切な対応方法

業務に関連しない理由によって傷病にかかったとき、会社の就業規則に従って休職命令を受けることがあります。業務外のプライベートな事情によるものであることを明らかにするため「私傷病休職」と呼ばれることもあります。 休職は、会社の就業規則に従って運用される限り、労働者に不利益があるわけではありません。むしろ、本来であれば解雇となるおそれのある労働者に対して、解雇を猶予して療養を促し、復職を促進することが、休職の本来の目的です。 しかし、会社によっては、休職したことを理由として労働者を辞めさせようとしたり、給与を減 ...

労働問題

2021/6/17

退職するなら留学費用・資格取得費用は会社に返さなければならない?

人材育成策の一環として、会社の費用で留学に行ったり資格を取得したりすることが認められている会社があります。会社が留学費用、資格取得費用、研修費用などを負担してくれて学びに専念できることは、メリットが大きい反面、デメリットもあります。 次のキャリアアップを目指そうとしたとき、会社からの費用援助を受けていると、退職をする際に返還を求められたり、強い圧力をかけられて退職をさせてもらえなかったりしてトラブルに発展することがあるからです。 長期間会社に貢献する場合には返済の必要がないものの、留学からの帰国や資格取得 ...

労働問題

2021/6/10

退職代行サービスは、労働問題に強い弁護士にお任せください!

昨今、退職代行サービスは、現代の世相を表すビジネスとして、新聞やテレビ、インターネットなどのニュースで話題になり、新たなビジネスとして注目を集めています。退職代行サービスを取り扱う業者は急増しています。 退職代行を実際に利用した人の体験談や口コミなどもインターネット上に多くあります。 しかし、労働問題を取り扱う弁護士にとって、退職代行は、最近になってはじめてでてきた問題ではありません。古くから、労働者の自由な退職を認めず、仕事を続けることを強要するブラック企業は多くあり、労働者はこのような卑怯な会社に悩ま ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所