後遺障害

交通事故

2021/6/10

後遺障害逸失利益の定期金賠償を認めた最高裁判例(最判令和2年7月9日)について

2020年(令和2年)7月9日の最高裁判決において、交通事故の被害者が後遺障害逸失利益について定期金賠償を求めていたケースについて、最高裁が初めて、逸失利益が定期金賠償の対象となることを認めました。 定期金賠償とは、損害賠償額について定期的に支払いを受ける形式のことをいいます。交通事故のケースにおいて、後遺障害逸失利益について定期金賠償が認められたのは、この最高裁判例が初となります。 今回は、この最高裁判例の事案と判断、そして、交通事故の被害に遭ってしまったときに、定期金賠償を求めるメリット、デメリットな ...

交通事故

2021/6/10

後遺障害の等級認定が不服なとき、異議申立てをする方法とポイント

交通事故の被害にあってしまって、懸命に治療に通ったけれども完全には治りきらなかったとき、その後に残る障害について補償するのが「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」です。 しかし、後遺障害慰謝料と逸失利益はいずれも、後遺障害の認定手続きにおいて等級認定を受けることができなかったり、低い等級しか認定されなかったりした場合には、満足のいく金額を認めてもらうことは困難です。 そして、被害者の方の感覚としては「まだ痛みが残っている」「後遺症によって生活に支障が出てしまっている」「元通りの生活ができていない」というお気持ち ...

交通事故

2021/6/10

将来介護費は、交通事故の損害賠償請求が認められる?

将来介護費とは、示談成立時や裁判の口頭弁論終結時にはまだかかってはいないけれども、将来かかる可能性がある介護費用のことです。 交通事故の被害にあってしまったとき、現実には支払ってはいないものの、将来には介護費用の支出を余儀なくされることが容易に予想される状況となることがあります。交通事故によって負ったケガの症状が固定した後も介護が必要となる可能性が非常に高いようなケースです。 このようなとき、将来支出を余儀なくされるであろう介護費用について、そのときにあらためて再度請求をするのではなく、現在において損害賠 ...

交通事故

2021/6/12

交通事故被害者が医療記録を入手する方法【弁護士解説】

交通事故被害にあってしまったとき、被害者側として準備しておきたいのが、医療記録の取り寄せです。具体的には、診断書・カルテなどが重要ですが、その他、入手可能なあらゆる医療記録を入手しておくべきです。 交通事故被害のうち、人身被害が生じてしまっているケースは、特に被害者の損害が大きく、請求すべき慰謝料額、損害賠償額も多額になりがちです。適切な証拠を早めに入手しておくことで、回復できる被害額を増やすことができます。 しかし、被害者が死亡していたり意識不明となっていたり、加害者側が事故態様を争っていて非協力的であ ...

交通事故

2021/6/12

保険会社から「治療費を打切る」といわれても、通院を継続する方法

交通事故の被害者になってしまったとき、首や腰などに痛み、シビレが残り、入院・通院を継続しなければならないことがあります。 しかし一方で、加害者側の保険会社からは、約3か月程度で、「治療費の支払いを打切るので、通院継続をストップするように」と伝えられることがあります。まだ痛みやシビレが残っているとき、加害者側からこのような要請を受けると、従わなければならないのか、ご不安なことでしょう。 本来、医学的な判断は医師がおこなうものであり、保険会社がおこなうものではありません。治療を継続することは可能ですが、それに ...

交通事故

2021/6/10

むちうちで他覚所見のないときでも、慰謝料を増額するためのポイント

交通事故の被害者となってしまったとき、特によく生じる症状が「むちうち」です。 むちうちは、後遺障害の認定を受ければ後遺障害慰謝料を請求することができます。しかし、むちうちは痛みやシビレなどの体の不調が残ったとしても、それが検査結果などには表れづらい性質があるので、「痛いのに、後遺障害だと認めてもらえない」というトラブルが発生することが多くあります。 そこで今回は、このような他覚所見がむちうちに悩まされている交通事故被害者に向けて、他覚所見がないむちうちで慰謝料を増額するためのポイントについて弁護士が解説し ...

交通事故

2021/6/10

後遺障害のある交通事故で、高額な慰謝料を獲得する3つの方法

交通事故でケガをすると後遺障害が残る場合があります。法律の専門用語では「後遺障害」と言いますが、一般的には「後遺症」ということもあります。 交通事故で負ったケガが、十分な治療をおこなったにもかかわらず治らず、変形したままであったり、痛みが残ってしまったりするとき、後遺障害となる可能性があります。このようなとき、自賠責保険で定められた第1級から第14級の等級に認定されると、「後遺障害」となり、慰謝料を請求できるようになります。 後遺障害について請求できる慰謝料額は、一定の相場が定められており、弁護士もこれに ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所