ご相談予約をお待ちしております。

むちうちで他覚所見のない時でも慰謝料を請求する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之

他覚所見のないむちうち慰謝料

交通事故の被害者となってしまったとき、特によく生じる症状が「むちうち」です。

交通事故でむちうちになってしまったとき、後遺障害の認定を受けることができれば、後遺障害慰謝料を請求することができます。

しかし、むちうちは痛みやシビレなどの体の不調が残ったとしても、それが検査結果などには表れづらい性質があります。このように、「むちうちで痛いのに、検査結果に表れない」ということを「他覚所見がない」といいます。他覚所見のないむちうちでは、痛みが続くにもかかわらず後遺障害等級の認定を受けられず、納得のいかない結論となるおそれがあります。

今回の解説では、

  • 他覚所見のないむちうちとは
  • 他覚所見のないむちうちで慰謝料を獲得するために行うべき検査
  • 他覚所見のないむちうちでも慰謝料を請求する方法

といった交通事故被害に関する法律知識について、弁護士が解説します。

いざ、首や腰などに痛みやシビレなどの不調が残ってしまったときに後悔しないためにも、交通事故直後からの対応が重要です。

あわせて読みたい
交通事故の後遺症で、後遺障害慰謝料を請求するための全知識 交通事故でケガをすると後遺障害が残ることがあります。法律の専門用語では「後遺障害」と言いますが、一般的には「後遺症」ということもあります。 交通事故でケガを負...
目次(クリックで移動)

解説の執筆者

弁護士 浅野英之

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士。

弁護士(第一東京弁護士会所属、登録番号44844)。
東京大学法学部卒、東京大学法科大学院修了。

\相談ご予約受付中です/

他覚所見のないむちうちとは

他覚所見のないむちうち慰謝料

  • 交通事故でよく起こる「他覚所見のないむちうち」とはどのような意味か
  • また、どのような法律問題が生じてしまうのか

といった、むちうちに関する基礎的な法律知識について解説します。

むちうちとは

むちうちとは、交通事故によって首や腰に痛みが出る症状の通称です。むちうちは正式な医学用語ではなく、診断名としては、患部が首であれば「頸椎捻挫」、「頸椎挫傷」、患部が腰であれば「腰椎捻挫」、「腰椎挫傷」と診断されます。

交通事故の被害にあったとき、首や腰に不自然な力が加わり、事故の瞬間にムチのようにしなることが症状の原因となることから「むちうち」と呼ばれます。

むちうちは、交通事故被害によって生じる症状でもっとも多く、交通事故被害者の約半数がむちうちに悩まされていますが、むちうちは、交通事故被害の中でも軽視されがちです。

被害者側としては「詐病」と疑われたように感じ、「本当に痛いのになぜわかってもらえないのか」とお怒りになることでしょう。

他覚所見のないむちうちが、法的問題となる理由

被害者自身が痛みを感じることを自覚所見(自覚症状)というのに対し、検査結果にあらわれるなど医師が客観的に判断可能な症状のことを他覚所見といいます。

むちうちが、交通事故裁判などでよく争いとなる理由は、被害者が痛みやシビレなどの自覚症状を訴えているにもかかわらず、これを裏付けるレントゲンやMRIなど画像診断で特に症状を確認できないことが多いためです。

裁判所の審理では証拠が重要視されます。そのため、医学的証拠によって症状が証明できないと、裁判では症状を認めてもらえないおそれがあります。

同様に、保険会社からも軽視され、治療費を早めに打ち切りされてしまったり、ごく低額な慰謝料しか提示されなかったりして争いになるケースが多くあります。

他覚所見の有無により、法的にどのような違いがあるか

交通事故によるむちうちの法律問題を考えるときには、「他覚所見があるかどうか」によって、被害者側にとっては次のような大きな違いがあります。いずれの点も、被害者側にとって受けとれる賠償額を減額されてしまうなどのデメリットを意味します。

治療費が早期に打ち切られてしまう

むちうちは、あなたにとっては大きな症状でも、第三者、特に加害者やその保険会社からは軽視され、ときには「詐病」と疑われてしまうこともあります。

交通事故で、加害者側の責任が明確なときは、加害者側の保険会社が被害者の治療費を立替払いしてくれることが通常です。

しかし、他覚所見のないむちうちだと、その症状が続いていることが客観的に明らかでないため、立替払いされる治療費が早期に打ち切られてしまうことが少なくありません。

入通院慰謝料が減額される

入通院慰謝料は、交通事故による傷害で入院・通院を要したことによる精神的苦痛に対して支払われる慰謝料です。「傷害慰謝料」と呼ぶこともあります。

入通院慰謝料の算定基準は、いわゆる「赤い本」(正式名称:「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」日弁連交通事故センター東京支部)に表で定められていますが、他の傷害による入通院では「別表Ⅰ」を用いるのに対し、他覚所見のないむちうちでは「別表Ⅱ」を用いて算出します。別表Ⅱは、別表Ⅱと比較して3分の2程度の金額となっているため、他覚所見のないむちうちでは、入通院慰謝料の目安が3分の2程度に抑えられてしまいます。

また、他覚所見のないむちうちでは、症状が客観的に明らかでないため、治療の必要性を証明しづらく、入通院期間が短くなったり、通院頻度が少なくなったりすることがあります。入通院慰謝料は、その期間によって決まるため、このこともまた他覚所見のないむちうちの入通院慰謝料を低める原因となります。

後遺障害慰謝料が減額される

他覚所見のないむちうちでは、後遺障害等級の認定が「局部に頑固な神経症状を残すもの」(12級13号)ではなく「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)しか認められないことが多いです。もしくは、等級認定が認められず、後遺障害とならないこともあります。

後遺障害等級が高いほど得られる慰謝料、逸失利益は増額されるため、低い等級しか認定されないと、後遺障害慰謝料、後遺障害の逸失利益が低額となってしまいます。

後遺障害逸失利益が減額される

後遺障害逸失利益とは、後遺症によって労働能力が喪失して、将来の収入が下がる可能性のある分の賠償請求です。後遺障害逸失利益もまた、前章で解説のとおり、認定される後遺障害等級が低いほど、低額となってしまいます。

このことに加え、他覚所見のないむちうちでは、時間の経過とともに症状に慣れると想定されていることから、労働能力が失われる期間の上限が5年程度に限定されるとするのが実務です。

そのため、他の症状と異なり、働ける期間分すべての逸失利益の賠償を求めることができず、得られる後遺障害逸失利益の金額が減額されてしまいます。

他覚所見のないむちうちで、十分な被害回復を得るためのポイント

最後に、他覚所見のないむちうちで、十分な被害回復を得るために行っておくべき準備や対処法について解説します。

他覚所見のないむちうちは、客観的に症状が明らかでないことを理由に軽視されがちですが、痛みやシビレなどの自覚症状にしたがって適切な治療を継続し、できるだけ高い後遺障害等級認定を得る努力をすることが、加害者に請求できる金額を増額するポイントです。

医師の意見に従い、適切な治療を継続する

第1のポイントは、適切な治療を継続することです。

むちうちの治療で重要なことは、医師の意見を聞き、医学的に治療の必要があることを明らかにしながら治療を継続することです。医師の指示する頻度で通院せず、途中でやめてしまったり多忙をいいわけに頻度を下げてしまったりすると、他覚所見がないだけに症状がないのかと疑われ、後遺障害等級の認定を得づらくなります。

仮に保険会社から治療費の立替払いを打ち切られても、医師が治療の必要性を認めるうちは治療を継続することが、将来獲得できる賠償額を上げることにつながります。立替払いされなかった治療費も、加害者の責任を裁判などで認めてもらえれば、すべて支払ってもらうことができます。

なお、医療の専門的な判断や治療は、医師(整形外科など)の専門領域とされており、症状の緩和を目的とした整骨院とは区別する必要があります。

他覚所見のないむちうちで、整骨院に通うことがありますが、「継続的に治療していた」と主張するためにも整形外科の治療を中止してはなりません。

参考解説

事故直後から連続性のある症状を主張し続ける

第2のポイントは、事故直後から一貫して、連続性のある症状を主張し続けることです。

覚所見のないむちうちでは、あなたの主張する自覚症状もまた、後遺障害等級認定などの判断の参考になります。このとき、痛みやシビレが続いているという自覚症状を信用してもらうためには、治療が継続して行われ、その間、症状が矛盾なく連続していることが大切です。

このことは、治療や検査の記録を、正確に医療記録に残して証拠化ため、医師に対して、正確に症状を伝えなければなりません。「一旦消えた痛みがぶり返した」、「事故態様からして不自然な箇所に痛みが生じている」といった主張は信用されず、後遺障害が認められないおそれがあります。

むちうちに適した検査手法を活用する

第3のポイントは、むちうちに適した検査手法を活用することです。

むちうちでよく利用される検査手法は、レントゲン、MRI、CTです。これらの手法は画像診断といってレントゲンやCTでは主に骨の異常、MRIでは軟部組織(靭帯・脊髄・神経根など)の異常を画像により検知することができます。

しかし、他覚所見のないむちうちでは、画像では特に異常がなくても痛みやシビレが消えないことも少なくありません。このようなとき、画像診断のみにこだわることなく、他の検査手法を組み合わせて活用することで、被害を客観的に明らかにすることができます。

むちうちに適した、画像診断以外の検査手法には次のものがあります。

  • スパーリングテスト・ジャクソンテスト
    医師の指示に従って患部を動かすことで、痛みやシビレが生じているかを確認する検査手法。
    被害者の主観を完全に排除できないが、他の証拠と組み合わせ、一定の証明力が認められる。
  • 筋萎縮テスト
    患部周辺の筋萎縮の程度から、むちうちの症状の有無を調べる検査手法。
    痛みやシビレを回避するために不自然な動きをし、周辺の筋肉が萎縮することがあるため、自覚症状のある箇所とその他の箇所の筋萎縮を比較することで、症状の有無を検査できる。被害者の主観が入りづらいため、裁判所でも一定の証明力が認められる。

事故態様の程度が大きいことを証明する

第4のポイントは、事故態様の程度が大きいことを証拠により証明することです。

事故態様の程度が大きいほど、むちうちをはじめとした人身傷害を負っても当然だといえます。逆に、軽微な事故だと、むちうちの被害を負うのは不自然ではないかと疑われてしまう場合もあります。

他覚所見のないむちうちのときには、事故態様と症状が整合していなければ、後遺障害等級の認定を得ることはできません。そのため、むちうちになっても当然な程度の事故態様であり、かつ、損傷の部位や程度と整合のとれた事故であることを証明する客観的証拠を残しておくことが重要です。

交通事故被害は浅野総合法律事務所にお任せください!

他覚所見のないむちうち慰謝料

今回は、交通事故被害の中でも特に紛争化しやすい「他覚所見のないむちうち」の問題で、できるだけ高額な慰謝料を勝ちとるために知っておいてほしいポイントを弁護士が解説しました。

他覚所見のないむちうちで後遺障害等級認定を受け、後遺障害慰謝料を請求するためには、交通事故直後からの継続的な努力が必要となります。そのため、交通事故被害を有利に解決するためには、交通事故直後の対応が重要なポイントです。

できるだけ多くの慰謝料を請求するためのポイントは、事故態様、事故状況、被害の程度や症状などによってもケースバイケースです。

交通事故被害にお悩みの方は、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

あわせて読みたい
交通事故の後遺症で、後遺障害慰謝料を請求するための全知識 交通事故でケガをすると後遺障害が残ることがあります。法律の専門用語では「後遺障害」と言いますが、一般的には「後遺症」ということもあります。 交通事故でケガを負...
目次(クリックで移動)
閉じる