不当解雇

労働問題

不当解雇の慰謝料を請求する方法と、慰謝料額の相場

会社からの一方的な解雇を通告されたとき、解雇の撤回要求、地位確認請求や未払賃金請求とともに、違法な解雇によって受けた精神的苦痛について、慰謝料を請求することがあります。 突然、理不尽な解雇を言い渡され ...

労働問題

勤務先が倒産したら、解雇されても仕方ない?偽装倒産への対応

勤務先の会社が、経営状況の悪化によって解散したり、倒産したりしたとき、社員として働いていた労働者は労働契約を解消されることとなります。つまり、解雇されるということです。 このように、会社の都合を理由と ...

労働問題

解雇の種類は3つ!それぞれの手続の流れ、解雇の要件、解雇の制限

解雇とは、会社側の一方的な意思表示による労働契約を解消することです。 解雇をまったくの自由に行うことができるとすると、使用者よりも弱い立場にある労働者にとって保護が十分ではないことから、判例法理で「解 ...

労働問題

新型コロナを理由とする労働問題と、法的な解決策【弁護士解説】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、現在もなお、日本で生活する人達の生活に大きな影響を与えています。 なかでも、人はその人生のうち多くの時間を仕事に費やしており、多くの人は労働によって賃金 ...

人事労務

私生活上の非行を理由に懲戒解雇することはできる?不当解雇?

労働者を雇用しているとき、会社にいない時間、すなわち、私生活(プライベート)で問題行為を起こしてしまった社員に対して、どのような取扱いをしたらよいか悩むことがあります。 会社と労働者との間の雇用関係は ...

労働問題

不当解雇を争うため理解すべき「解雇権濫用法理」の基本【弁護士解説】

就業規則の懲戒解雇理由にあたると、懲戒解雇処分が下されることがあります。 また、再就職の可能性などに配慮して懲戒解雇処分にまではならなかったとしても、勤怠不良、業務遂行能力の欠如など、労働者側の問題点 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所