虐待

離婚・男女問題

2021/9/16

暴力夫の虐待、DVから子どもを守るため、妻が知るべき離婚の注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 子どもを虐待することは、どのような理由があっても許されません。家庭内暴力(DV)問題は、深刻な社会問題となっていますが、暴力をふるう夫の中には、妻だけでなく、子どもに手をあげ、虐待する人もいます。 特に、「しつけ」を口実にして叩いたり殴ったり、蹴ったりする虐待夫から子どもを守るためには、妻側が行動を起こさなければなりません。体罰を許容するわけではありませんが、子どもの悪事に対して厳しいしつけが必要なことはあります。しかし、日常的に暴行を加えるような状態となると、しつけの範 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

児童虐待から子どもを守る「親権制限制度」とは?メリットと注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 児童虐待は、子どもの健全な発育を阻害し、将来に深刻な影響を残す一方で、家庭内という密室で行われるため防止が難しいという問題点があります。 児童虐待の主な原因は、親が子どもに対する親権を正しく行使しないことにあります。そのため、親権者が行う児童虐待を防ぐために、親権者を児童から引き離す必要があり、そのために設けられた法的な制度が、「親権制限制度」です。 民法に定められた親権制限制度には、親権喪失、親権停止、管理権喪失の3つがあります。親権制限制度の利用は年々増加していますが ...

離婚・男女問題

2021/9/16

親権停止の審判とは?審判までの流れと、親権停止された時の対応

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 親権停止の審判は、家庭裁判所の審判によって、2年以内の期間に限って、親権者の親権行使を停止するという手続きです。 親権停止の制度ができるまで、児童虐待やネグレクト、DVなど問題のある親の親権を制限する方法には親権喪失しかありませんでした。しかし、親権喪失は、審判の要件が厳格で、かつ、親権を喪失させるという強い効果を生むものであったため、利用しづらいとされ敬遠されていきました。 親権停止は、親権喪失の程度には至らないような虐待事例や一定期間の経過によって回復が見込まれる事例 ...

離婚・男女問題

2021/9/16

親権喪失の審判とは?子の親権を全面的に失わせる審判手続きと注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 親権喪失の審判は、児童虐待から子どもを守るために用意された親権制限制度の中でも、子どもの親権を全面的に失わせる制度です。 親権者が、子どもに対して身体的虐待を加えたり、ネグレクトをして面倒を見なかったりといった兆候がみられるとき、親権喪失の審判を申し立てることを検討します。 一方で、親権喪失は、親権者の親権を完全に失くしてしまうという強い効果を持つことから、子どもの意向に十分配慮して、慎重に進めていく必要があります。 今回の解説では、親権喪失の審判を申し立てることを検討す ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所