離婚協議書

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書の書き方と、必ず記載すべき重要項目、作成方法【書式付】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 離婚協議書は、離婚の話し合いが終わり、いざ離婚に進むとき必ず作成するようにしてください。離婚協議書は、子どもやお金など、生活に密接にかかわる重要な離婚条件について、2人の約束を明記し、将来のトラブルを避けることができる重要な書面だからです。 口頭の約束でも、離婚届さえ出せば、離婚すること自体は可能ですが、離婚協議書を作成しておかないと、あとから、約束が履行されないおそれがあります。特に、財産分与や養育費など、あてにしていたお金がもらえないと、将来頭を悩ませることとなります ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書で決めた条件を、離婚後に変更することができますか?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦間の離婚の話し合いで、合意し、離婚協議書を作成した後でも、一度決めた条件を変更したいと考えることがあります。 十分に時間をとって話し合ったつもりでも、将来のさまざまなケースについて考えきれていなかったり、予想外の事情が発生してしまったりして、離婚協議書どおりに進めていくことが困難なことがあります。 しかし、一度離婚の合意に至ったとき、その合意した内容の変更は原則として不可能です。あとでいくらでもやり直せるのでは、離婚問題を一回的に解決できず、離婚協議書の意味がなくなっ ...

離婚・男女問題

2021/9/16

離婚協議書を公正証書にする方法と注意点【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 夫婦の話し合いで決まる離婚のことを「協議離婚」といい、このとき作成する書面が「離婚協議書」です。 離婚協議書は、離婚するときの条件、離婚時の子どもやお金のルールなど、重要な取り決めが書かれています。そのため、公正証書の形式にすることで、より効力を強くしておくことがおすすめです。公正証書にしておくことで、相手が離婚協議書に違反したとき、強制執行(財産の差押え)をすることができます。 ただし、裁判によらずに強制執行できるというメリットがある反面、公正証書にすることには費用がか ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所