露出したら逮捕?露出で逮捕される可能性、対処法を弁護士が解説!

露出行為は、刑法上の「公然わいせつ罪」にあたる可能性があります。「公然わいせつ罪」は、刑法に定められた犯罪の中では軽微な部類ですが、しかし、れっきとした犯罪です。

露出行為が趣味になってしまっていたり、病的に露出行為を繰り返してしまっている人の中には、次のような不安を抱え、弁護士に法律相談に来られる方がいます。

  • 酔っぱらって、人前で下半身を露出してしまったが、後日逮捕される可能性があるのでしょうか。
  • 下半身を露出して逮捕されてしまったが、報道されてしまうリスクがあるのでしょうか。
  • 家族が、人前で下半身を露出して逮捕されたと警察から連絡がきたが、いつ釈放されるのでしょうか。

軽い気持ちで露出行為を行ってしまったとしても、「公然わいせつ罪」という犯罪にあたる以上、露出で逮捕されたり、勾留されて身柄拘束が長引いたり、刑罰を受けて前科がついてしまうリスクがあります。

今回は、露出で逮捕されてしまう可能性を少しでも低くしたり、ご家族が露出されてしまったときのために、露出で逮捕される可能性と対処法について、刑事事件に強い弁護士が解説します。

1. 露出は公然わいせつ罪にあたる?

露出行為をしてしまったとき、犯罪にあたるのではないか、逮捕されてしまうのではないかと心配、不安に思うことでしょう。

露出は、「公然わいせつ罪」にあたる可能性があります。「公然わいせつ罪」とは、公衆の面前で、わいせつな行為をすることによって成立する犯罪です。刑法では次のように定められています。

 刑法174条 

公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

まずはじめに、行ってしまった露出行為が公然わいせつ罪にあたるのかどうか、逮捕、起訴されてしまう可能性があるのかどうかについて、弁護士が解説します。

1.1. 「公然」の意味とは?

露出が、刑法にいう「公然わいせつ罪」にあたる場合とは、「公然と」わいせつ行為をした場合ですので、「公然」の意味、定義が問題となります。

「公然」とは、不特定または多数の人が認識できる状態にあることをいいます。

実際に不特定または多数の人が認識できなくても、その可能性がある露出は、公然わいせつ罪にあたります。

例えば、周囲に誰もいなかったとしても、公園や路上、駅、駐車場、飲食店内など、見られる可能性のある場所で露出をすることは「公然」にあたります。

不特定「または」多数ですので、「特定多数」や「不特定少数」の場合も含みます。

「公然と」とは、不特定または多数の人が認識することのできる状態のことを言いますので、次の場合を含みます。

  • 実際には誰も認識していないが、認識できる状態にある場合
    例:夜中の公園にとめた自家用車の車内、誰もいない公園のベンチ
  • 特定の集団であっても、多数の人が認識している状態の場合
  • 人数は少数であるけれども、不特定の人が認識できる状態にある場合

1.2. 「わいせつ」の意味とは?

露出が、「公然わいせつ罪」となるためには、「わいせつ」な行為であると評価される必要がありますので、「わいせつ」の意味、定義が問題となります。

「わいせつ」とは、社会通念に照らして、性的秩序に反する状態のことをいいます。「わいせつ」の定義は、判例で次のとおりに示されています。

 最高裁昭和26年5月10日判決 

徒らに性慾を興奮又は刺戟せしめ且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの

そして、公衆の面前で、特に理由なく下半身、性器を露出する行為は、「わいせつ」であることに疑いありません。露出行為は、男性が犯すことが多いですが、女性であってもわいせつ行為にあたります。

1.3. 知らないうちに露出していたら?

露出行為は、公然わいせつ罪という犯罪になることはここまで解説したとおりですが、この公然わいせつ罪は、「故意」(罪を犯す意思)がある場合にのみ処罰される犯罪です。

つまり、うっかり知らないうちに下半身を露出していたとしても、露出行為に故意がなければ、公然わいせつ罪として処罰はされません。「過失」しかない場合、処罰はされないということです。

ただし、露出をしていることを気付いた後、その露出を止めなければ、やはり故意があると考えられ、それ以降の露出行為は、公然わいせつ罪として処罰されます。

1.4. 露出以外で「公然わいせつ罪」になるケース

露出をする行為だけでなく、次のような行為もまた、「公然わいせつ罪」にあたります。

  • 屋外でAV動画の撮影をした。
  • 自家用車の車内で、駐車中に自慰行為をした。
  • 全裸や、下半身を露出した状態で路上を歩いた。
  • 公園で、性行為、性交類似行為を行った。

2. 露出で逮捕されるその他の犯罪は?

露出行為のうち、公然とわいせつな行為を行った場合には、公然わいせつ罪にあたり逮捕される可能性があることについて解説しました。

しかし、露出行為が該当する可能性のある犯罪は、公然わいせつ罪だけではありません。公然わいせつ罪以外に、露出行為を行った被疑者が、逮捕されてしまう可能性のある犯罪について、弁護士が解説します。

2.1. 迷惑防止条例違反

迷惑防止条例は、公共の場での迷惑な行為を禁止することを目的とした、地方公共団体の条例です。迷惑防止条例違反となる行為の一例としては「痴漢行為」が有名ですが、露出行為もまた、迷惑防止条例違反となる場合があります。

例えば、東京都の迷惑防止条例違反には、次のように定められています。

 東京都迷惑防止条例5条1項 

何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行
為であつて、次に掲げるものをしてはならない。

(1) 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人
の身体に触れること。

(2) 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体
を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し
向け、若しくは設置すること。
イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいる
ような場所
ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用
し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)

(3) 前2号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言
動をすること。

2.2. 軽犯罪法違反

軽犯罪法にもまた、公共の場で露出行為をはたらいた者を処罰するための条文があります。

軽犯罪法違反は、公然わいせつ罪よりも軽い態様の露出を処罰しています。「拘留」とは、1日以上30日未満の間刑事施設に収容する刑罰、「過料」とは1000円以上1万円未満の金銭を強制的に徴収する刑罰で、刑罰の中では軽いものです。

 軽犯罪法1条20号(身体露出の罪) 

左の各号の一に該当する者は,これを拘留又は科料に処する。 

二十 公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でし
  り,ももその他身体の一部をみだりに露出した者

3. 露出で逮捕される?

露出をすることは、公然わいせつ罪にあたるため、逮捕され、身柄拘束されてしまうおそれがあります。

露出によって逮捕されるのは、逃亡したり、証拠を隠滅したりする可能性があるからです。公然と露出をしても、公然わいせつ罪の被疑者が、全員必ず逮捕されるわけではありません。

逮捕されない場合には、在宅のまま捜査が進む「在宅事件」として処理されます。

3.1. 露出で逮捕される2つのケース

露出で逮捕されるケースとは、主に次の2つです。つまり、その場で現行犯逮捕されるケースと、後日通常逮捕されるケースです。

現行犯逮捕、通常逮捕のいずれの場合であっても、露出で逮捕される場合とは、逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれがあると考えられる場合です。

例えば、夜中の公園で下半身を露出した被疑者がいたとき、目撃者の悲鳴に驚いて逃げようとすれば「逃亡の可能性」が、また、目撃者に対して接触したり説得したりしようとすれば「証拠隠滅の可能性」があると考えられるでしょう。

3.2. 露出で現行犯逮捕されるケース

露出して、現行犯逮捕されるケースとは、露出の現場で、犯罪を現認され、その場で逮捕されることをいいます。

現行犯逮捕は、犯罪が今まさに行われている最中の緊急のものであるため、警察だけでなく、露出を目撃した通行人などの一般人であっても行うことができます。

3.3. 露出で通常逮捕されるケース

露出して、通常逮捕されるケースとは、露出行為を行ったその場では犯罪が発覚しなかったり、犯罪が発覚したけれども逃げたために逮捕されなかったりしたけれど、後日逮捕される場合のことをいいます。

通常逮捕は、捜査機関が裁判所に対して逮捕令状の発付を求め、逮捕令状に基づいて行われます。

露出行為をした後日に、警察官が自宅を訪問して、任意同行による取調べを求めたり、その後に通常逮捕されたりといった流れが一般的です。

4. 露出で逮捕される期間と流れ

次に、露出で逮捕されたときの、身柄拘束される期間と、逮捕後の流れについて、弁護士が解説します。

露出で逮捕された後の大まかな流れは、「逮捕→勾留→起訴」という流れになります。まずは警察が捜査をし、検察に送検し、検察が、起訴するか不起訴とするかを決めます。

4.1. 逮捕:逮捕直後~72時間以内

逮捕されると、72時間の間、身柄を拘束され、その期間内に、検察が、勾留請求をするかどうかを決定します。

具体的には、逮捕から48時間は警察における捜査、取調べ、その後24時間は検察における捜査取調べが行われ、合計72時間の間捜査が行われます。

統計上、露出などの公然わいせつ罪で逮捕された場合、約80%が勾留されていますが、事実上の被害者との示談、身元引受人など、有利な情状をそろえ、早期釈放を目指します。

4.2. 勾留:原則10日~20日

検察が勾留請求をし、裁判所が勾留を決定すると、勾留請求の日から10日間勾留の手続によって身柄拘束されます。

また、勾留期間は、10日間経過後、さらに10日間を上限として延長することができ、合計で最長20日間となります。

勾留されると、社会人であれば会社に、学生であれば学校に、長期の欠席が理由となって刑事事件が発覚してしまうおそれが大きくなります。解雇、退学処分となるリスクが増加します。

露出行為が繰り返し行われているなど事件が重大な場合、この時点でニュースで実名報道されたり、インターネットニュースに実名が記載されたりするおそれがあります。

4.3. 露出で起訴された場合の流れ

露出行為で逮捕され、起訴された場合、公然わいせつ罪など、該当する犯罪名と刑罰で、懲役刑などを求刑され、裁判所が有罪・無罪を決めます。

起訴された場合には、引き続き、「起訴後勾留」といって身柄を拘束され続けます。

起訴後勾留では、警察署にそのまま拘束される場合もありますが、拘置所に移送されることもあります。拘置所は、東京ですと小菅にある東京拘置所が有名です。

2016年の犯罪白書によれば、公然わいせつ罪のときの刑事処分は、次の通りです。

総数 公判請求 略式命令 不起訴 家庭裁判所送致
1804 221 751 723 109

こちらの表を見て頂ければわかるとおり、弁護活動を尽くし、有利な情状をそろえれば、公然わいせつ罪の場合、不起訴となったり、略式命令によって罰金刑となったりするケースが多くなっています。

不起訴を勝ち取り、前科をつけないためには、弁護活動に使える時間も限られていますので、逮捕直後からの迅速な弁護活動が重要です。

4.4. 露出で不起訴となった場合の流れ

露出行為によって逮捕、勾留された後、不起訴が決まった場合には、その時点で釈放してもらうことができます。

略式命令の場合にも、身柄拘束は解かれます。略式命令とは、正式起訴ではなく簡略な略式起訴の結果下される裁判所の命令で、原則として罰金刑となります。

略式命令による罰金刑の場合、懲役に服することはないため拘束はされませんが、罰金刑もまた前科ですので、まずは不起訴を目指して弁護活動を行います。

5. 露出で処罰される刑罰は?

露出行為が公然わいせつ罪にあたるとき、どのような刑罰が科されるのかについて、弁護士が解説します。

公然わいせつ罪の罰則は、「6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料」です。刑法に次の通り定められています。

 刑法174条 

公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

6. 露出で逮捕されてしまったときの対応方法

露出行為をしている最中に現行犯逮捕されてしまったり、露出をしたことが発覚して後日通常逮捕されてしまったときの対応方法について、弁護士が解説します。

露出行為で逮捕されたときは、逮捕・勾留という身柄拘束に、時間制限があることから、早期釈放、不起訴を勝ち取るための弁護活動に使える時間は、それほど多くありません。

「夫が露出で逮捕されてしまった」、「息子が露出で逮捕されてしまった」というご家族の方も、早期に弁護士へ法律相談ください。

6.1. 事実上の被害者と示談する

露出行為は、暴行罪のように直接身体に傷つけることはなく、窃盗罪のように財産を侵害することもありません。そのため、法律的には被害者はいないこととなります。

しかし、見たくないものを見せつけられたことによる精神的被害が大きいことも多く、目撃者が、事実上の被害者と扱われることがあります。

事実上の被害者となる目撃者、居合わせた人、通行人などがいるとき、事実上の被害者に謝罪し、示談をすることが、有利な情状として考慮されます。

早期釈放、不起訴を望むのであれば、事実上の被害者がいる露出事件では、示談が必要となります。

6.2. 身元引受人を準備する

露出行為で逮捕をされる場合の1つは、逃亡をする可能性がある場合です。

例えば、露出行為をした後に逃げたり、その後に逮捕しておかなければ逃げる可能性があると思われたりしたら、逮捕される可能性が高まります。

身元引受人を準備することで、逮捕される可能性を下げることができます。身元引受人は、両親や妻など、同居の親族が適切です。

6.3. 弁護士に依頼するメリット

露出行為を起こしてしまった被疑者が、自ら、事実上の被害者との示談を進めることはできません。

事実上の被害者は、下半身、全裸などを見せつけられた精神的ショックから、露出行為をした人とは二度と会いたくないと考えるのが通常です。

もし仮に、事実上の被害者が、露出行為以前からの知り合いであったり、近所の人だったりして連絡先、居場所を知っていたとしても、直接示談行為を行おうとすることは危険です。

刑事事件を得意として扱う弁護士は、被害者と示談をする経験とノウハウを豊富に有しており、露出行為の事実上の被害者とも円滑に示談を進めることができます。

7. まとめ

今回は、露出で逮捕される場合がどのような場合か、そして、露出で逮捕されたときの対処法について、刑事事件に強い弁護士が解説しました。

露出行為は、身体的、財産的な被害を他人に負わせるものではないため軽く考えてしまいがちですが、その場で逃げたとしても後日逮捕される可能性があります。

露出行為が癖になって辞められないという方は、病気(露出依存症)として、専門のクリニックで治療してもらうことも、弁護活動の一環です。

軽い気持ちで行った露出で、会社を退職せねばならなくなったり、名誉、地位を失う前科をつけてしまわないよう、早期釈放、示談を進めるようにしてください。

 お問い合わせはこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須お電話番号
必須お問い合わせ内容