エアドロップ(Airdrop)詐欺の被害?弁護士が教える5つの注意点

エアドロップ(Airdrop)という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

「仮想通貨」、「ICO」などの言葉が有名になり、流行のワードを利用した「仮想通貨詐欺」、「ICO詐欺」が、多くの被害者を生んでいます。

新しいことを始めるとき、よく理解しないまま「儲かりそう」、「稼げそう」と思って手を出してしまった結果、詐欺被害にあい、大事なお金を失ってしまうかもしれません。

特に、エアドロップ(Airdrop)は、「無料で仮想通貨がもらえる」という、悪用すれば詐欺に使いやすいものであり、エアドロップ(Airdrop)詐欺の手口・パターンも豊富です。

エアドロップ(Airdrop)を始める前に、詐欺被害が横行していることをご理解ください。エアドロップ(Airdrop)詐欺のよくある流れと、「詐欺被害かも?」と思ったときの解決策、注意点を、弁護士が解説します。

1. エアドロップ(Airdrop)とは?

エアドロップ(Airdrop)とは、その名のとおり、「空中から降ってくる」かのように、「仮想通貨」を、無料で入手することができる方法のことをいいます。

エアドロップ(Airdrop)がなぜ行われるのでしょうか。「無料」であるからには、目的がもちろんあります。それは、まだ有名となっていない、いわゆる「草コイン」の認知度を拡大し、流通量を上げるためです。

「まだ有名になっていないけれど、これからたくさん流通するから協力してほしい」というわけです。流行の「仮想通貨」ですが、発行当初はなかなか出回らず、価値も上がりません。

流通量、認知度を拡大するためのエアドロップ(Airdrop)は、無償で行ったとしても、まだ価値の低い「草コイン」ですから、仮想通貨を発行する側にもデメリットはありません。

エアドロップ(Airdrop)には、流通量、認知度の拡大という目的があるため、「条件付き」での無料配布であるケースも少なくありません。

例えば、ツイッターのフォロー、リツイート、メールアドレスの登録、アンケートへの回答などが、エアドロップ(Airdrop)の要件となっていることがあります。期間制限、予算の制限があることもあります。

既に該当する仮想通貨(コイン)を所持している人にしかトークンが付与されないエアドロップ(Airdrop)もあります。

2. なぜエアドロップ(Airdrop)に詐欺被害が多いの?

ここまでお読みいただければ、仮想通貨の初心者でも「エアドロップ(Airdrop)とは何か?」という疑問が解消できたのではないでしょうか。

仮想通貨(コイン)が無償でもらえるエアドロップ(Airdrop)ですが、詐欺被害も多くご相談いただいています。

「無償配布であれば損はしないし・・・」と信頼してしまわないことです。無償でもらえる仮想通貨(コイン)の価値が上がるかどうかは、全く不明です。

エアドロップ(Airdrop)では、仮想通貨を無料で入手できるのに、詐欺被害が多いのは、まさに「無料」であるがゆえでしょう。「タダより高いものはない」というように、エアドロップ(Airdrop)への参加は注意が必要です。

3. エアドロップ(Airdrop)詐欺の5つの注意点

エアドロップ(Airdrop)の基礎知識とともに、エアドロップ(Airdrop)詐欺とはどのようなものかについて、弁護士がまとめました。

被害のご相談の多いエアドロップ(Airdrop)詐欺に引っかかってしまわないために、最低限注意しておいてほしいポイントを、解説していきます。

3.1. 秘密鍵(プライベートキー)を教えない

エアドロップ(Airdrop)を申し込むにあたって、秘密鍵(プライベートキー)は必要ありません。秘密鍵(プライベートキー)を教えてしまえば、資金を盗まれても自己責任といわざるをえません。

エアドロップ(Airdrop)を受けるためには、最低限、氏名とメールアドレス、仮想通貨を受け取るためのウォレットアドレスなどがあれば十分で、秘密鍵(プライベートキー)やパスワードは不要です。

秘密鍵(プライベートキー)やパスワードを教えてしまえば、不正アクセスをされ、せっかく貯めた資金を不正送金されてしまいます。

秘密鍵(プライベートキー)を知れば、ウォレット内の資産(仮想通貨)を、自由に移動することができるからです。

3.2. アドレス・パスワードを使い回さない

秘密鍵(プライベートキー)やパスワードを教えなくても、アドレスやパスワードを使いまわしていれば、簡単に推測され、不正アクセスを招きかねません。

エアドロップ(Airdrop)を受ける際に、外部に教えることとなる情報は、最低限のものであり、かつ、使いまわさないことに注意して、エアドロップ(Airdrop)詐欺の被害を受けないようにしましょう。

アドレスを使いまわすことで、多くの情報が氾濫し、エアドロップ(Airdrop)詐欺の勧誘も多くなることが予想されます。

3.3. 寄付しない

エアドロップ(Airdrop)を受ける仮想通貨・トークンに将来性があるかどうかは、誰にもわかりません。

現在は価値が高くないからこそ、認知度拡大、流通量増大のためにエアドロップ(Airdrop)を行うのです。きちんと注意事項を守り、詐欺にひっかからなければ、無償のエアドロップ(Airdrop)自体に損はありません。

しかし、エアドロップ(Airdrop)の中に、寄付を求めるものもあります。寄付など出費をともなうエアドロップ(Airdrop)では、その価値ある仮想通貨をエアドロップ(Airdrop)できるか、「無料」の場合と異なり検討が必要です。

3.4. ウィルス・フィッシング詐欺に注意

トークンの無償配布を受けるために、ホームページにアクセスし、登録をするよう誘導するエアドロップ(Airdrop)があります。

しかし、指示されたホームページにアクセスすと、コンピュータウィルスに感染してしまったり、フィッシング詐欺にひっかかったりして、秘密鍵(プライベートキー)を盗まれるエアドロップ(Airdrop)詐欺が横行しています。

ホームページのアドレスが、不正なものではないかどうか、注意してください。最新のセキュリティソフトも必須です。

フィッシング詐欺は、「仮想通貨」、「ICO」、「エアドロップ(Airdrop)」などよりもずっと昔からある、古典的な詐欺の手口です。

偽物のホームページにアクセスさせ、フォームにパスワードを入力させることで、パスワードを不正に入手する方法のことをいいます。

昔からよくあるフィッシング詐欺としては、銀行の公式ホームページに酷似したサイトにアクセスさせ、銀行のパスワードを入力させ、銀行口座に不正アクセスするハッキング手口です。

3.5. フォロワー数で信頼しない

エアドロップ(Airdrop)詐欺をする人が、信頼性を高めるために、ツイッターのフォロワーが多いことを信頼が高いことの理由にしようとする場合があります。

ツイッターのフォロワーが多いと、「流通量が増加しているのではないか。」、「今後価値が上がるコインではないか。」と信頼してしまいがちです。

しかし、エアドロップ(Airdrop)を受ける条件としてツイッターをフォローするよう指示する場合、ツイッターのフォロワーを増やすことは容易であり、必ずしも、「エアドロップ(Airdrop)詐欺ではない」証拠にはなりません。

4. まとめ

今回は、最近「仮想通貨」に関してよく耳にする「エアドロップ(Airdrop)」を利用した、いわゆる「エアドロップ(Airdrop)詐欺」について、注意点を弁護士がまとめました。

「仮想通貨」、「ICO」、「エアドロップ(Airdrop)」など、流行のワードを利用したとしても、詐欺の実態は変わりません。

秘密鍵(プライベートキー)、パスワードなどを知られ、資産を奪われないよう、エアドロップ(Airdrop)への参加の際には、慎重な注意が必要となります。

 お問い合わせはこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須都道府県
必須お電話番号
必須お問い合わせ内容