刑事事件の被害者側弁護

刑事事件

2021/6/10

少年犯罪事件の被害者が行うべき適切な対応【弁護士解説】

少年犯罪の被害にあってしまったとき、少年犯罪の被害者遺族となってしまったとき、被疑者が「少年」であるがゆえに手厚い保護を受けており、被害者である自分達が不当に害されているのではないかと感じることが多いのではないでしょうか。 「娘が、高校生の少年に無理矢理からだを触られ、肉体関係を強要された」「親が、少年の運転する自動車にはねられて死亡してしまった」といった少年犯罪の被害者側の法律相談をお聞きすることがあります。 確かに、少年審判は原則として非公開とされており、たとえ被害者やその遺族といえども、被疑者である ...

刑事事件

2021/6/10

刑事事件の被害者が利用できる「損害賠償命令制度」とは?

犯罪の被害者になってしまったとき、精神的、心理的に大きなダメージを負うことは当然ですが、何よりも納得いかないことは、金銭的な負担を負ってしまう点ではないでしょうか。 例えば、暴行事件の被害者となってしまったときに、「なぜ犯罪の被害者なのに治療費を自分で払わなければならないのだろうか」「加害者に請求をしたい」と考えるのは当然です。 犯罪の被害者が負う金銭的な損害は、治療費だけにとどまらず、通院交通費、破損した物の修理費、休業損害などのほか、精神的ダメージを負った場合には慰謝料も請求することができます。 そこ ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所