示談

刑事事件

2021/9/16

痴漢における示談をうまく進める方法と、示談金の相場

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 痴漢をしてしまって被害届を出され、捜査を開始されたとき、そのまま放置しておくと逮捕されたり、起訴されて前科がついてしまったりといった不利益を受けることとなります。 痴漢をしてしまったことについて認め、反省しているとき、最優先で行うべき弁護活動が、被害者との示談交渉です。示談に成功すれば、有利な情状として考慮され、逮捕・勾留などの身柄拘束されているときには早期釈放となり、また、不起訴処分となって前科がつくことを回避できるといったメリットがあります。 一方、示談するためには、 ...

刑事事件

2021/9/16

少年犯罪の被害者が行うべき適切な対応(示談・損害賠償請求など)

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 少年犯罪の被害にあってしまったとき、犯人(被疑者・被告人)が「少年」であるがゆえに手厚い保護を受けており、「むしろ被害者であるはずの自分たちの権利が不当に害されているのではないか」と感じる方も多くおられます。 「娘が、高校生の少年にからだを触られ、肉体関係を強要された」 「親が、少年の運転する自動車にはねられて死亡した」 といった少年犯罪の被害者や、被害者遺族からの法律相談をお聞きすることがよくあります。 確かに、少年審判が原則非公開であるなど少年の保護が図られており、た ...

刑事事件

2021/9/16

起訴前に弁護士ができる起訴前弁護と、前科をつけないための注意点

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 起訴される前に弁護士が行う弁護活動が、「起訴前弁護」です。 刑事事件の流れは、逮捕・勾留といった身柄拘束のあと、起訴されて裁判になります。また、身柄拘束を受けなくても、在宅のまま起訴されて裁判となることもあります。 起訴前弁護の最大の目的は、次の2点です。 早期釈放 逮捕・勾留により身柄拘束が長引くと、会社をクビになったり、学校や家族にバレたりなどの社会的不利益を負います 起訴の回避 有罪率99.9%といわれるとおり、起訴後に無罪を勝ちとるのはとても厳しいです。前科をつけ ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所