詐欺罪

刑事事件

2021/9/16

持続化給付金の不正受給とは?詐欺罪になる理由とよくある手口

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 持続化給付金の不正受給は、新型コロナ禍によって売上が減少した事業者を救うための給付金を、嘘をついて不正に受給する悪質な行為です。そのため、刑法上の詐欺罪(刑法246条)にあたり、「10年以下の懲役」という刑事罰を科せられるおそれがあります。 緊急事態のため審査が緩くならざるをえず、形式的な要件を見たせば支給を受けられる状況であったことを逆手にとり、不正受給の方法を教える指南役が暗躍し、さらに被害が拡大しました。 今回の解説では、 持続化給付金の不正受給が詐欺罪にあたる理由 ...

刑事事件

2021/9/16

持続化給付金詐欺で自首すべき理由と、弁護士による自首同行サポート

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 新型コロナ禍による法人・個人事業主の業績悪化を救うために創設された持続化給付金制度を悪用する「持続化給付金詐欺」が横行し、社会問題化しています。 切迫した事態のために行政のチェックが緩かったこともあいまって、持続化給付金詐欺・持続化給付金の不正受給は急増しましたが、一方で厳しい取り締まりがはじまり、実際に逮捕されるケースも多く報道されています。 「友人に勧められた」、「みんなやってるから大丈夫」といった軽い気持ちで犯罪に加担してしまったとき、放置すれば逮捕されるリスクがあ ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所