弁護士法人浅野総合法律事務所

アバター

弁護士法人浅野総合法律事務所は、代表弁護士浅野英之が開設した東京都中央区銀座に所在する法律事務所です(日本弁護士連合会・第一東京弁護士会所属)。個人・法人のお客様に、最高品質の戦略的なリーガルサービスを提供します。

相続・遺言

墓じまいとは?手続の流れ、かかる費用、法的トラブル【弁護士解説】

2020/10/1    

「墓じまい」という言葉をご存知でしょうか。墓じまいは、大切な先祖の眠る墓から遺骨を取り出して、現在の生活に最適な場所へ、お墓を引越しすることです。 「日本の将来推計人口」(国立社会保障・人口問題研究所 ...

企業法務

まとめサイト(キュレーションメディア)の法律問題(著作権法など)

インターネット上の情報を収集し、編集、分類し、わかりやすく解説したり整理したりして、ユーザーに情報を提供する「まとめサイト」が増加しています。まとめサイトは、最近では「キュレーションメディア」と呼ばれ ...

企業法務

ポイントの有効期限、ポイントサービスの廃止・終了時の法律問題

顧客の購買意欲の促進、ユーザー囲い込みといった効果を狙ってポイントサービスを始めたものの期待したほどの効果が出なかったり、プレゼントキャンペーンなどの一時的な目標を達成したりといった場合に、ポイントサ ...

企業法務

ポイントサービスに関する景品表示法の規制と、ポイント付与の上限

ウェブサービス、アプリに自社独自のポイントサービスを導入しようとするとき、法律問題にも注意をしておかなければなりません。というのも、ポイントサービスには、顧客の購買意欲を向上させ、継続的な利用を促すと ...

企業法務

類似サービスの利用規約をコピーして使うことは違法?リスクあり?

ウェブサービスやアプリなどをローンチする際に必要不可欠といえる書類が「利用規約」です。利用規約は、ユーザーに向けてサービス利用の際のルールを示すとともに、事業者側の責任を定め、リスクを限定する効果があ ...

企業法務

自社のポイントサービスを導入する時の資金決済法上の注意点

ウェブサービス、アプリサービスを開始、運営するにあたり、そのサービス内で利用することができるポイントを付与することが増えています。 ウェブサービス、アプリサービス内で利用できるポイントサービスは、現金 ...

労働問題

「法定時間内残業」と「法定時間外残業」の違いと、残業代の計算方法

残業代を正しく計算するためには、残業代についての専門的な用語を理解する必要があります。 「時間外割増賃金」という残業代が発生するのは、原則として「1日8時間、1週40時間」という法定労働時間を超えて働 ...

労働問題

アルバイト・契約社員・派遣社員でも残業代請求は可能です!

会社に雇用される社員の中には、様々な雇用形態があります。雇用形態でもっとも多いのが「正社員」ですが、アルバイト、契約社員、派遣社員など、正社員以外の雇用形態を「非正規」ということがあります。 会社の中 ...

労働問題

付加金と遅延損害金を請求することで、残業代請求を増額できますか?

残業代請求をする際に、労働審判や訴訟などの法的手続きにまで移行して、長期間苦労を重ねると、「未払残業代だけ支払ってもらっても、得した気がしない」と思う労働者側のお気持ちは十分に理解できます。 長期間一 ...

労働問題

事業場外労働みなし制とは?有効性判断と残業代請求のポイント

事業場外労働みなし制は、事業場外で労働し、労働時間の把握が困難な場合に、実労働時間にかかわらず、あらかじめ定められた一定の時間だけ労働したものとみなす労働基準法上の制度のことをいいます。 事業場外労働 ...

企業法務

新型コロナウイルスを理由とするテナントの賃料減額交渉

新型コロナウイルス禍において、感染拡大防止を目的として、緊急事態宣言の発令、営業の自粛要請などが行われました。そのため、飲食店などの店舗型ビジネスでは大幅な減収が避けられない状況となっています。 テナ ...

労働問題

歩合給制でも、できる限り高額の残業代を請求する方法

歩合給は、営業職やタクシードライバーなど、稼働した時間よりも、売上や利益に比例して評価を行うことに適した職種においてよく導入される給与体系です。 歩合給の場合には、稼働した時間よりも、売上や利益に比例 ...

人事労務

固定残業代制は違法?有効になる場合、無効になる場合とは?

「固定残業代制」は、割増賃金(残業代)の支払方法の1つとしてよく利用される方法ですが、悪質な使われ方をすることが多く、「ブラック企業」の代名詞ともなっています。 本来、労働基準法では、「1日8時間、1 ...

人事労務

「中途採用比率の公表義務化」(2021年4月施行)と企業側の対応

2020/8/28  

政府の雇用制度改革の一環として、「労働政策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(労働施策総合推進法)が改正され、2021年4月1日から従業員301人以上の大企業を対 ...

労働問題

ブラック企業の14つの特徴と、間違って入社した労働者の対処法

2020/8/22    

「ブラック企業」が社会問題化して久しく経ちます。ブラック企業の大きな原因は、企業の利益重視の体質や経営者のワンマンにありますが、そのような評判が立った会社は信用を失い、業績悪化や売上低下、株価下落、採 ...

労働問題

残業代(割増賃金)の正しい計算方法について、弁護士が解説!

2020/9/24    ,

残業代請求をするとき、残業代を正しい計算方法に基づいて正確に算出しなければ、本来支払ってもらうべき残業代を取り逃がしてしまうおそれがあります。残業代は、専門用語で「割増賃金」ともいいます。 そのため、 ...

人事労務

残業許可制により残業代を削減しようとする企業が注意すべきポイント

残業が長時間となると、残業代が企業の人件費を圧迫していることも多く、様々な工夫を駆使して、残業代を少しでも減らしたいと考える企業も少なくありません。 その中でも、よく利用される方法が、残業を許可制とし ...

労働問題

労働時間かどうかの判断基準と、ケース別の残業代請求のポイント

残業代(割増賃金)を請求するとき、どのような時間が「労働時間」となるのかを正しく判断しなければ、残業代の正確な計算はできません。 言い換えると、会社が労働者に対して残業代を支払わなければいけない時間と ...

人事労務

新型コロナ禍での企業側の安全配慮義務違反への対策と、慰謝料の相場

新型コロナウイルスは収束する気配がありませんが、2020年8月現在、全国的な緊急事態宣言は解除されました。 そのため、引き続き第二波、第三波や市中感染を警戒すべき状況でありながら、一方で、事業継続を行 ...

INFORMATION

新型コロナウイルス対策についての当事務所の基本方針

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が社会問題化しています。 2020年8月13日現在、東京都内の緊急事態宣言は解除されています。しかし、いまなお第二波が懸念されるなど、予断を許さない状況です ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所