定期金賠償

交通事故

2021/9/16

後遺障害逸失利益の定期金賠償を認めた最高裁判例【最高裁令和2年7月9日判決】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 2020年(令和2年)7月9日の最高裁判決において、交通事故の被害者が後遺障害逸失利益について定期金賠償を求めていたケースについて、最高裁が初めて、逸失利益が定期金賠償の対象となることを認めました。 定期金賠償とは、損害賠償額について定期的に支払いを受ける形式のことをいいます。交通事故のケースにおいて、後遺障害逸失利益の定期金賠償が認められたのは、この最高裁判例が初となります。 最高裁が認めたことで、今後、後遺障害逸失利益について定期金賠償を求めるケースが増えることが予想 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所