労働政策総合推進法

人事労務

2021/9/16

中途採用比率の公表義務化と、企業側の対応【2021年4月施行】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 政府の雇用制度改革の一環として、労働政策総合推進法(正式名称「労働政策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」)が改正され、2021年4月1日から正社員に占める中途採用の比率を公表することが義務付けられました。 これが、中途採用比率の公表義務化です。現在のところ、義務の対象は従業員数301人以上の大企業です。 中途採用比率の公表が義務化されたことで、中途採用比率を高めようとする企業が増加し、企業間で優秀な人材を確保するための競争が、より激化 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所