経済的全損

交通事故

2021/9/16

経済的全損といわれた時の対応と、損害額をできるだけ多く請求する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 交通事故被害のうち、物損でよく争いとなるのが車両の修理費用です。 交通事故の被害者としては、「かかった修理費用をすべて賠償してほしい」と考えるのが当然ですが、これに対して、加害者側の保険会社から、「経済的全損」であり、交通事故当時の車両の時価額までしか賠償できないと通告を受けてしまうことがあります。 また、加害者側から修理費用が高すぎるのではないかという反論がなされることがあり、妥当な修理費用がどの程度の金額なのか、争いが激化し裁判となることもあります。そして、裁判では、 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所