常習

刑事事件

2021/9/16

痴漢の常習にあたるケースの弁護活動と、示談して起訴を回避する方法

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 痴漢で逮捕されたり、起訴されて刑罰を受けたりしたのに、また懲りずに痴漢行為を繰り返したとき、「常習」として、より厳しく処罰されるおそれがあります。痴漢常習犯の場合、より厳しく処罰しなければ再犯を防げないと判断されてしまうからです。 痴漢は、程度にもよりますが軽度の迷惑防止条例違反のケースで、初犯であれば、不起訴もしくは罰金刑で終わることはよくあります。示談に成功すれば、初犯であれば不起訴となることが通常です。 しかし、せっかく示談を成立させて早期釈放・不起訴を勝ちとっても ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所