配転

労働問題

2021/9/16

賃金の引き下げをともなう異動・配転の命令は違法・無効?

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 正社員として会社に雇用されると、異動、配置転換などの命令を受けることがあります。人員の有効活用、多様な経験の蓄積など、異動、配置転換にはメリットもあるため、異動、配置転換が雇用契約(労働契約)の内容となっているときには、その命令に従う必要があります。 しかし、異動、配置転換の命令にともなって賃金を大幅に切り下げられてしまうとき、つまり「減給をともなう異動、配置転換の命令」のとき、労働者側の不利益はとても大きく、直ちに応じることができないのは当然です。 異動、配置転換の命令 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所