同一労働同一賃金

人事労務

2021/9/16

非正規社員の正社員転換措置の義務化と、運用時のポイント【2020年4月施行】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 非正規社員の正社員転換措置の義務化は、パートタイム・有期雇用労働法に定められた、非正規社員について正社員に転換することを推進する措置を設けるという企業側の義務です。 昨今、同一労働同一賃金の議論が進み、契約社員やアルバイト、パートなどの非正規社員と、正社員との格差是正が企業の課題となっています。 特に、2020年10月13日及び15日に、同一労働同一賃金に関する重要な最高裁判決(大阪医科薬科大学事件、メトロコマース事件、日本郵便・佐賀事件、日本郵便・東京事件、日本郵便・大 ...

人事労務

2021/9/16

手当を廃止・見直しするときの会社側の注意点と、同一労働同一賃金

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 同一労働同一賃金の観点から、従来の手当を廃止したり、見直したりする会社が増えています。 長らく経営を続けている企業だと、支給実績がなかったり、支給の理由が薄れていたり、全員一律に支払われ基本給の底上げにすぎなかったりといった、廃止や見直しが必要な手当が存在しています。家族手当のように、時代の変化にともなって徐々に必要性を失いつつある手当もあります。 会社側の立場で、このような形骸化した手当を残し続けることは、同一労働同一賃金の観点から問題となるだけでなく、残業代のトラブル ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所