法定離婚原因

離婚・男女問題

2021/9/16

法定離婚原因とは丨相手が離婚を拒否しても裁判で離婚できる理由5つ

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 法定離婚原因とは、離婚裁判において、相手が離婚を拒否しても裁判所に離婚を認めてもらうことができる5つの理由のことです。 相手が離婚を拒否していたり、離婚条件について夫婦間に争いがあったりするとき、離婚に関する争いは、離婚協議・離婚調停・離婚訴訟の順で進みます。離婚協議・離婚調停が相手との合意を模索する手続きであり、合意が成立すればどのような理由でも離婚できるのに対し、離婚裁判で裁判所に離婚を認めてもらうためには、法定離婚原因(民法770条1項)が必要です。 民法に定められ ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所