代表弁護士の浅野英之が、就活セクハラ問題について「労働問題に詳しい弁護士」として取材を受けました(NHK)

NHKニュースウォッチ9にて、「労働問題に詳しい弁護士」として、就活セクハラの事件報道について、セクハラが起こりやすい構造と、労使双方の対策を説明しました。
  
被害者に苦痛を与えるセクハラはあってはならないことで、労使いずれの立場からも、防止策の徹底が必要です。
   
セクハラ防止策にお悩みの会社様、セクハラ被害にお悩みの労働者の方、ぜひ一度弁護士にご相談ください。
  
【会社側解説】

「就活セクハラ」で慰謝料請求されるリスクと、会社がすべき対策


【労働者側解説】

就活セクハラの被害にあったら、対処法は?会社にも責任追及できる?