残業代

浅野総合法律事務所のアドバイス

残業代請求は、労使双方にとって非常に重要な労働問題の1つです。労働審判や訴訟など、労働紛争の中でも、残業代請求がよく問題になります。

労働者側にとって、労働をした時間に対する対価である残業代(割増賃金)を請求することは、正当な権利であり、正確な計算により確実に請求しておくべきです。使用者側にとっても、平常時から残業代に関する基本的な知識を理解し、未払とならないよう労務管理を徹底しておかなければ、常に大きな紛争リスクを抱えることとなります。

「残業代請求」弁護士解説まとめ

労働問題

「法定時間内残業」と「法定時間外残業」の違いと、残業代の計算方法

残業代を正しく計算するためには、残業代についての専門的な用語を理解する必要があります。 「時間外割増賃金」という残業代が発生するのは、原則として「1日8時間、1週40時間」という法定労働時間を超えて働 ...

労働問題

アルバイト・契約社員・派遣社員でも残業代請求は可能です!

会社に雇用される社員の中には、様々な雇用形態があります。雇用形態でもっとも多いのが「正社員」ですが、アルバイト、契約社員、派遣社員など、正社員以外の雇用形態を「非正規」ということがあります。 会社の中 ...

労働問題

付加金と遅延損害金を請求することで、残業代請求を増額できますか?

残業代請求をする際に、労働審判や訴訟などの法的手続きにまで移行して、長期間苦労を重ねると、「未払残業代だけ支払ってもらっても、得した気がしない」と思う労働者側のお気持ちは十分に理解できます。 長期間一 ...

労働問題

事業場外労働みなし制とは?有効性判断と残業代請求のポイント

事業場外労働みなし制は、事業場外で労働し、労働時間の把握が困難な場合に、実労働時間にかかわらず、あらかじめ定められた一定の時間だけ労働したものとみなす労働基準法上の制度のことをいいます。 事業場外労働 ...

労働問題

歩合給制でも、できる限り高額の残業代を請求する方法

歩合給は、営業職やタクシードライバーなど、稼働した時間よりも、売上や利益に比例して評価を行うことに適した職種においてよく導入される給与体系です。 歩合給の場合には、稼働した時間よりも、売上や利益に比例 ...

人事労務

固定残業代制は違法?有効になる場合、無効になる場合とは?

「固定残業代制」は、割増賃金(残業代)の支払方法の1つとしてよく利用される方法ですが、悪質な使われ方をすることが多く、「ブラック企業」の代名詞ともなっています。 本来、労働基準法では、「1日8時間、1 ...

労働問題

残業代(割増賃金)の正しい計算方法について、弁護士が解説!

2020/9/24    ,

残業代請求をするとき、残業代を正しい計算方法に基づいて正確に算出しなければ、本来支払ってもらうべき残業代を取り逃がしてしまうおそれがあります。残業代は、専門用語で「割増賃金」ともいいます。 そのため、 ...

人事労務

残業許可制により残業代を削減しようとする企業が注意すべきポイント

残業が長時間となると、残業代が企業の人件費を圧迫していることも多く、様々な工夫を駆使して、残業代を少しでも減らしたいと考える企業も少なくありません。 その中でも、よく利用される方法が、残業を許可制とし ...

労働問題

労働時間かどうかの判断基準と、ケース別の残業代請求のポイント

残業代(割増賃金)を請求するとき、どのような時間が「労働時間」となるのかを正しく判断しなければ、残業代の正確な計算はできません。 言い換えると、会社が労働者に対して残業代を支払わなければいけない時間と ...

労働問題

管理職でも残業代請求できる!「名ばかり管理職」とは?

労働基準法に定められた「法定労働時間」を超えて労働を命じられたときには、その時間外労働に対して残業代(割増賃金)を請求することができます。このことは、全ての労働者に共通するルールです。 しかし、「管理 ...

労働問題

仮眠時間は労働時間にあたる?残業代請求できる?【弁護士解説】

労働基準法上の「労働時間」とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいいます。労働時間に対しては賃金が支払われ、時間外労働・休日労働・深夜労働に対しては残業代が支払われます。また、労働時間が ...

労働問題

セブンイレブン残業代未払!責任・原因は?残業代請求できる?

2020/6/30    

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所