解雇

人事労務

私生活上の非行を理由に懲戒解雇することはできる?不当解雇?

労働者を雇用しているとき、会社にいない時間、すなわち、私生活(プライベート)で問題行為を起こしてしまった社員に対して、どのような取扱いをしたらよいか悩むことがあります。 会社と労働者との間の雇用関係は ...

労働問題

不当解雇を争うため理解すべき「解雇権濫用法理」の基本【弁護士解説】

就業規則の懲戒解雇理由にあたると、懲戒解雇処分が下されることがあります。 また、再就職の可能性などに配慮して懲戒解雇処分にまではならなかったとしても、勤怠不良、業務遂行能力の欠如など、労働者側の問題点 ...

人事労務

業績悪化による整理解雇は違法?認められる要件と整理解雇の方法

業績悪化により、会社が労働者に対して、一方的な意思表示で雇用契約の解約を行うことを「整理解雇」といいます。いわゆる「リストラ」のことです。本来、日本では解雇は厳しく制限されており、会社の勝手な都合で解 ...

労働問題

内定取り消しは違法?不当な内定取り消しの慰謝料を請求するポイント

採用選考に合格をすると、「採用内定」を受けることができます。通常は、会社から採用内定通知書が交付され、これを受けて労働者側が入社承諾書、誓約書などの所定の書式を差し入れることによって内定が成立します。 ...

労働問題

試用期間中や試用期間満了時の解雇・本採用拒否は違法?

終身雇用の慣習が長く続いた日本では、長期雇用を想定する正社員の雇入れにあたっては、採用選考の過程では知ることのできない従業員としての適格性を判断するために、試みに使用する期間、すなわち、「試用期間」を ...

人事労務

会社側の「採用の自由」はどれくらい認められる?採用拒否は違法?

会社側で労働者を雇用するとき、採用面接などの採用選考を行います。採用選考の結果、採用基準に満たない応募者がいたときに会社側が採用を拒否することは、相当程度広めに認められています。 会社には、労働契約締 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所