慰謝料請求

労働問題

パワハラで精神疾患を発症した被害者が、会社に慰謝料請求する方法

上司の部下に対するパワハラなど、業務上の行為によって被害者がうつ病、適応障害などの精神疾患(メンタルヘルス)にかかってしまったとき、業務起因性が認められる場合には会社への責任追及をすることとなります。 ...

労働問題

セクハラの被害者が慰謝料請求をする方法と、慰謝料額の相場

セクハラの被害者になってしまったとき、慰謝料請求をすることができます。意に反する性的行為の強要や性的言動は、違法行為となるからです。 しかし、セクハラがセンシティブで性的プライバシーにかかわる問題であ ...

交通事故

被害者請求だと、交通事故の慰謝料は増額可能?一括請求との違いは?

交通事故の被害にあってしまったとき、はじめに考えることは、自賠責保険への損害賠償請求の手続きです。自賠責保険は、すべての車両保有者が加入すべき義務のある保険で、被害者保護のための最低限の補償です。 交 ...

離婚・男女問題

「交際相手が既婚者だった!」慰謝料請求に成功する4つの方法

既婚者でありながら、「結婚したい」という独身女性を騙し、肉体関係(性交渉)をもつ不届きな男性がいます。「結婚しようとして長く交際していたが、既婚者であることが判明した」という方から、「慰謝料請求したい ...

離婚・男女問題

不倫相手だけに慰謝料請求する3つの注意点(離婚しないケース)

不倫、浮気が発覚しても、子どもや生活のことを考えるとすぐには離婚できない夫婦も多くいます。 しかし、夫婦関係を継続するとしても、不倫、浮気について全く責任追及をしないとなると、「ケジメ」がつきませんし ...

離婚・男女問題

離婚・不倫の裁判費用は誰の負担?相手に請求できる?

離婚問題が夫婦間でこじれてしまったとき、話し合い(交渉)では解決できない場合には、調停を経て裁判となります。 また、不倫(不貞)問題が発覚し、配偶者や不倫相手に慰謝料を請求するときにも、協議で解決でき ...

離婚・男女問題

婚約破棄をしても慰謝料が発生しない「正当な理由」とは?

婚約破棄は、慰謝料請求の対象となる可能性があります。結婚して夫婦に至り離婚した場合に慰謝料が生じることは有名ですが、結婚までいかない「婚約」の段階でも、慰謝料請求の対象となることがあります。 しかし、 ...

離婚・男女問題

婚約者が浮気したとき、浮気相手にも慰謝料請求できますか?

婚約関係を継続し、幸せな結婚を夢見ていたけれども、実は婚約者が、隠れて浮気をしていたことが発覚したとき、大変なショックを受けることでしょう。 婚約関係が、婚約者の浮気・不倫によって破談になってしまった ...

離婚・男女問題

婚約者が浮気したら、慰謝料請求できる?相場はいくら?

婚約者が浮気をしたとき、とても大きな精神的苦痛を受けることとなるでしょう。婚約者の浮気で受ける悲しみは、はかり知れません。 円満に婚約が成立し、もうすぐ結婚、と浮かれていたタイミングであったり、もう妊 ...

離婚・男女問題

不倫の慰謝料は分割払いできる?途中で減額できる?払わないとどうなる?

配偶者(夫もしくは妻)が、浮気・不倫をしたとき、話し合い(協議)、もしくは、裁判などの方法で、慰謝料を支払う義務を定めることがよくあります。 しかし、慰謝料を支払う側からすると、浮気・不倫をしてしまっ ...

離婚・男女問題

妻のホスト通いは不倫・浮気?慰謝料は発生する?【弁護士解説】

既婚の男性(夫側)が、風俗やキャバクラに通うと、妻側から、「キャバクラは浮気だ!」、「風俗で肉体関係をもったので慰謝料を払え」と言われることがあります。 しかし、「男女平等」が叫ばれる世の中で、男性( ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2020 弁護士法人浅野総合法律事務所