団体交渉・労働組合対応

人事労務

2021/9/16

団体交渉への適切な対応は?「誠実団交義務」とは【弁護士解説】

解説の執筆者:弁護士 浅野 英之 労働組合からの団体交渉の要求に対して、適切な対応を行わなければ、その内容となる労働問題にかかわらず、交渉が不誠実であるとして会社側の責任を追及されるおそれがあります。 これは、労働組合の団結権、団体交渉権、団体行動権(争議権)という、いわゆる「労働三権」が憲法上の基本的人権として保障されており、会社側はこれに配慮しなければならないからです。 特に昨今では、企業内労働組合の数は著しく減り、企業外にあって労働者1名からでも加入できることを謳う、いわゆる「合同労組」「ユニオン」 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所