新型コロナウイルス

本解説は、新型コロナウイルス禍の影響を受け、「法律面」において企業や個人がどのようなリスクを負うか、また、どのように事前のリスク回避、事後対処をしたらよいかについて、「法律」の専門家である弁護士の立場から解説したものです。

そのため、医療情報を提供するものではなく、新型コロナウイルスに関する医学的な側面の知識を提供するものではありません。

新型コロナウイルスに関する「法律面」以外の情報については、内閣官房ホームページの最新情報などをご参照ください。

浅野総合法律事務所のアドバイス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が社会問題化しています。企業として、適切な対応が必要なことは言うまでもありません。

危機的事態に対して、適切な準備、対処を怠ると、従業員の健康安全を危機にさらしたり、取引先を失ってしまったり、企業の名誉、信用を毀損してしまったりといった重大なリスクにつながるおそれがあります。

「新型コロナウイルスに関する法律問題」弁護士解説まとめ

INFORMATION

新型コロナウイルス対策についての当事務所の基本方針【2021年1月時点】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が社会問題化しています。 2021年1月8日より、1都3県を対象として再度の緊急事態宣言が発出されました。感染は第一波、第二波を終え、第三波を迎えており、ま ...

離婚・男女問題

オンラインで面会交流する方法・注意点と、弁護士に依頼するメリット

面会交流とは、離婚前に別居している親や、離婚後の親が、同居していない子どもと会って交流を深めることです。 夫婦の関係が破綻してしまったり離婚に至ってしまったりしたとしても、親子関係はなくなりませんから ...

刑事事件

持続化給付金詐欺で自首すべき理由と、弁護士による自首同行サポート

新型コロナウイルス禍による経済の悪化にともなって、その回復策の一環として持続化給付金の制度が創設されました。新型コロナを理由として業績が悪化した法人や個人事業主に対して給付(法人の場合には200万円、 ...

消費者被害

新型コロナきっかけの消費者問題と、被害救済策【弁護士解説】

新型コロナウイルスの感染拡大とともに、消費者問題・消費者被害についての法律相談が増加しています。 消費者問題・消費者被害とは、商品・サービスを提供する「事業者」よりも相対的に弱い立場にある「消費者」が ...

労働問題

新型コロナを理由とする労働問題と、法的な解決策【弁護士解説】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、現在もなお、日本で生活する人達の生活に大きな影響を与えています。 なかでも、人はその人生のうち多くの時間を仕事に費やしており、多くの人は労働によって賃金 ...

企業法務

新型コロナウイルスを理由とするテナントの賃料減額交渉

新型コロナウイルス禍において、感染拡大防止を目的として、緊急事態宣言の発令、営業の自粛要請などが行われました。そのため、飲食店などの店舗型ビジネスでは大幅な減収が避けられない状況となっています。 テナ ...

人事労務

新型コロナ禍での企業側の安全配慮義務違反への対策と、慰謝料の相場

新型コロナウイルスは収束する気配がありませんが、2020年8月現在、全国的な緊急事態宣言は解除されました。 そのため、引き続き第二波、第三波や市中感染を警戒すべき状況でありながら、一方で、事業継続を行 ...

人事労務

業務中に新型コロナウイルスにり患した従業員は、労災の適用が可能?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、世界保健機構(WHO)によるパンデミック(世界的な大流行)宣言、日本における改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言など、戦後 ...

人事労務

雇用調整助成金の新型コロナウイルスに関する特例措置の拡充まとめ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大にともない、経済が停滞し、休業に至る会社が多く出てきています。このような緊急事態にともない、雇用調整助成金について特例措置による拡充が行われていま ...

企業法務

新型コロナウイルス対策・対応まとめ(企業側)【弁護士解説】

新型コロナウイルスが国内外で猛威を振るっており、パンデミック(世界的流行)に近い脅威とされています。 「自分の身は自分で守る」方式の個々人の対応も当然ですが、労働者を雇用する企業側(会社側)の集団的対 ...

法律相談のご予約は、
 24時間お受付しております。 

03-6274-8370

お問い合わせ

© 2021 弁護士法人浅野総合法律事務所